アンチウイルスとVPNの両方、これらの両方の保護サービスが本当に必要ですか?

antivirus vs vpn do you really need both these protection service



今日、細心の注意を払っていなければ、ウェブが非常に危険な場所であることは間違いありません。ウイルスからハッカーまで、Webの隅々に潜むさまざまな脅威がたくさんあります。これらのWebの脅威は、中小企業組織から多国籍企業の家まで、今日のすべての人にとって危険です。今日、仮想の土地で作業しているすべての人またはビジネス組織には、次の形式のセキュリティシールドが必要です。 アンチウイルス プログラムまたは VPN サーバー。これら2つのサービスは、オンラインプレゼンスを保護するための最も信頼できる安全な方法です。ただし、ウイルス対策とVPNのどちらが優れているかを判断するのは困難です。

したがって、ウイルス対策ソフトウェアを使用してデータをハッカーの攻撃から保護するか、仮想プライベートネットワークを使用してオンラインIDを保護するかどうかにかかわらず、同じジレンマを経験している場合は、私たちに解決策があります。どちらも非常に便利で、さまざまな機能がありますが、最良のものを見つけるには、セキュリティ機能を個別に読んでください。



投稿内容:-

ウイルス対策ソフト

アンチウイルス

デバイスで新しいWebページ、電子メール、またはその他のものを開くたびに、システムに新しいコードが導入されます。そのコードはマルウェアに感染する可能性があり、システム全体に徐々に害を及ぼす可能性があります。ただし、ここでコンピューターでウイルス対策プログラムを使用している場合は、ウイルス対策が壁を保護するため、感染を心配する必要はありません。

ウイルス対策ソフト は常にシステムをスキャンし続け、コンピュータ上で危険なプログラムを開くとすぐに警告します。プログラムを実行して、コンピューターにアクセスしたマルウェアの種類を確認します。すべてのアクティビティを綿密に調査して、デバイスに異常が発生しないようにします。ウイルス対策プログラムが疑わしいコードを見つけると、自動的に隔離して削除します。

今日、ウイルスとマルウェアプログラムは、より洗練され、アンチウイルスプログラムのセキュリティを超えるように訓練されています。そのため、あらゆる種類のウイルスと戦うことができる、高機能で安全なウイルス対策プログラムを使用する必要があります。

ウイルス対策ソフトウェアは、危険の兆候がないかデバイスを継続的にスキャンします。実行中のプログラムと既知のタイプのマルウェアを比較し、コンピューティングアクティビティを評価して、異常がないことを確認します。アンチウイルスが疑わしいコードを見つけると、それを隔離し、脅威を自動的に削除します。

また読む: Windows 10向けの最高の無料アンチウイルス

仮想プライベートネットワーク

VPN

ウイルス対策ソフトウェアがウイルスの攻撃からユーザーを保護する場合、VPNはハッカーから情報を保護します。優れたVPNサーバーでは、デバイスを安全なプライベートネットワークに接続し、IPアドレスIDを保護することで、完全な匿名性でWebサーフィンを行うことができます。つまり、以前に制限またはジオブロックされたWebサイトにアクセスできます。誰もあなたを見守っていないので安心して閲覧できます。

呼ばれるプロセス トンネリング データをカプセル化して暗号化するVPNによって使用されます。カプセル化プロセスはデータを隠し、暗号化はそれを読み取り可能にします。 VPNの品質は、オンラインセキュリティと同等です。ただし、VPNサーバーは、サーバーが切断された場合、マルウェアがシステムに簡単に感染する可能性があるため、ネットワークに接続されるまでセキュリティを提供できます。

優れたVPNを使用すると、デバイスを安全なプライベートサーバーに接続し、実際のIPアドレスを隠すことで、匿名でWebサーフィンを行うことができます。つまり、IDやデータが安全であることを知って安心して、政府が禁止するサイト、制限されたサービス、ジオブロックされたテレビコンテンツにアクセスできるようになります。

ベストVPN割引クーポンコード2020、急いでベストディールを手に入れよう!

ウイルス対策とVPNどちらが良いですか?

これら2つのセキュリティシステム(ウイルス対策とVPNのどちらが最適か)について知りたい場合、その明確な説明はありません。これは、VPNと比較して、一部のセキュリティフロントがウイルス対策プログラムによって適切に処理されるためです。したがって、決定は最終的に両方によって提供されるセキュリティ機能に依存します。次の例は、すべてをクリアします。

VPNはデータフローをオンラインで暗号化しますが、アンチウイルスは、デバイスにすでに挿入されている可能性があるマルウェアからユーザーを保護します。


ウイルス対策プログラムのセキュリティの例

  1. ウイルス、アドウェア、その他の種類のマルウェアによる侵入からコンピュータシステムを保護する場合は、ウイルス対策ソフトウェアが最適なソリューションを提供します。
  2. システムがすでにウイルスに感染している場合、システムを完全にクリーンアップするには、優れたウイルス対策プログラムの支援が必要です。
  3. フィッシングメールの危険性は、この種のメールを識別することにより、ウイルス対策プログラムによって制御できます。

VPNのセキュリティ例

  1. インターネットセッションデータの記録を完全に削除したい場合は、VPNだけが役立ちます。
  2. 一部の外国のWebサイトから制限または禁止されたコンテンツを表示するには、仮想プライベートネットワークのみを使用する必要があります。
  3. Webサーフィンの匿名性を維持したい場合は、VPNサーバーのシールドのみが必要です。
  4. VPNは、オンライントラッキングを防止するのに役立ちます。これにより、誰もあなたの許可なしにあなたのオンライン活動やデータにアクセスできなくなります。

真実は、アンチウイルスソフトウェアがオンラインの脅威からの保護に優れているのに対し、VPNは他からの保護に優れているということです。それらは、互いに競合するのではなく、一緒に動作するように設計されています。

ウイルス対策とVPN
ウイルス対策は、ウイルスやトロイの木馬、ワームランサムウェアなどの他の攻撃からPCを保護します。 VPNは匿名化し、あなたとVPNサーバーによって作成されたトンネルを出るまでインターネットトラフィックを保護します。
アンチウイルスプログラムは、主にマルウェアからデバイスを保護することに重点を置いています。 VPNはプライバシーと機密性を扱います。
アンチウイルスは、デバイスにすでに挿入されている可能性があるマルウェアからユーザーを保護します。 VPNはデータフローをオンラインで暗号化します
アンチウイルスはシステムをウイルスから保護するだけです VPNはIPアドレスを変更して、Webサイトをブロックし、ハッカーから保護することができます。
アンチウイルスは、あなたのコンピュータがそれらに感染したかもしれない他の人々によって作り出されたマルウェアからあなたを守ります。 VPNを盗聴からネットワークトラフィックを暗号化することで保護

最終決定

これは、ウイルス対策ソフトウェアとVPNサーバーのどちらも今日のあなたにとって不可欠であるため、選択できないという上記の例から完全に明らかです。ただし、一流のウイルス対策プログラムと高品質のVPNを組み合わせることで、あらゆるオンラインの脅威から100%保護することができます。

VPNで最高のウイルス対策

高品質のVPNとウイルス対策セキュリティを同時に提供できる、さまざまなツールが市場に出回っています。 NordVPNExpressVPNCyber​​GhostVPN、など

また、VPNを含む一部のウイルス対策プログラムには、利用可能な最良のパッケージを見つけることができます。といった

ノートンは、その一流のアンチウイルスプログラムと、安全なVPNおよび「トラッカーブロッカー」とを組み合わせました。ノートンセキュアVPNすべてのデバイスを保護します。

AviraはPrimeパッケージを使用して、Phantom VPN Proと、Speedup ProプログラムとPassword Manager Proと呼ばれる強力なアンチウイルスの両方を組み合わせています。

サイバーセキュリティのトップ企業であるアバストは、軍用レベルのSecureLine VPNとハイエンドのウイルス対策製品をパッケージ化しています。

信頼できるサイバーセキュリティサービス AVGがプレミアムVPNを提供 トップのウイルス対策プログラム。 AVGセキュアVPNをインターネットセキュリティパッケージにバンドルすることにより、 完全なオンラインセキュリティ