2020年8月Windows 8.1および7 SP1用の累積的な更新プログラム

august 2020 cumulative updates available



の束とともに累積的な更新 Windows 10デバイス用のKB4566782、KB4565351、KB4565349 Microsoft Todayは、以前のリリース用のアップデートKB4571703、KB4571723もいくつかリリースしています。覚えているかもしれませんが MicrosoftはWindows 7のサポートを終了しました 2020年1月14日なので、これらのアップデートはWindows 8.1およびWindows Server 2012 R2のみを対象としています。同社はまた、Windows 7およびKB 20085539向けにKB4565524、KB4565539をリリースしました。 拡張セキュリティ更新 (ESU)。

いつものように、2つの異なる更新があります。月次のロールアップと、セキュリティ修正のみを含むセキュリティのみの更新です。月例のロールアップはWindows Updateから取得できますが、セキュリティのみの更新プログラムは手動でインストールする必要があります。



投稿内容:-

Windows 8.1アップデート

ウィンドウズ8.1 KB4571703 (月次ロールアップ)および KB4571723(セキュリティのみの更新)更新により、Windowsアプリプラットフォームとフレームワーク、Windowsカーネル、Microsoftグラフィックコンポーネント、Windows入力と構成、Windows Media、Windowsシェル、Windowsクラウドインフラストラクチャ、Windows基礎、Windowsファイルサーバーとクラスタリング、Windowsハイブリッドにセキュリティ更新がもたらされますストレージサービス、Microsoft Scripting Engine、およびMicrosoft JETデータベースエンジン。

さらに、Windows 8.1 KB4571703(マンスリーロールアップ)は、一部の.msiアプリのインストールを妨げる可能性がある問題を解決します。

  • アプリにエンタープライズ認証機能がない場合にシングルサインオン認証を許可するユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)アプリの問題に対処します。
  • SharePointサイトから複数のドキュメントを開くときに問題が発生するMicrosoft Edge IEモードの問題に対処する
  • アンカーリンクを使用して参照するときに発生するMicrosoft Edge IEモードの問題に対処します。
  • Microsoft Edge IEモードでのブラウザヘルパーオブジェクトのロードに関する問題に対処します。
  • JScriptスクリプトエンジンに依存する特定のアプリケーションが、負荷がかかると応答しなくなる問題に対処します。

既知の問題:

クラスターの共有ボリューム(CSV)にあるファイルまたはフォルダーの名前を変更すると、「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」というエラーで失敗する場合があります

この更新プログラムKB4561666、KB4561673もWindows Updateを介して自動的にインストールされます。または、次の場所から更新プログラムを手動で確認できます。

  • コントロールパネル、次にシステムとセキュリティ。
  • 緑色のヘッダーをクリックして、Windows Updateを開きます。
  • リストの中央から「Windows Update」を選択します。
  • アップデートを確認する。メイン画面の[更新の確認]ボタンをクリックします。

また、Microsoft Updateカタログから、この更新プログラムのスタンドアロンパッケージをダウンロードできます。 ウェブサイト

Windows 7 SP1

Windows 7 Service Pack 1のKB4571729月例のロールアップとKB4571719のセキュリティのみの更新には、Windows 8.1と同様の変更が含まれています

Internet Explorer、Microsoft Scripting Engine、Windowsアプリプラットフォームとフレームワーク、Windowsアプリ、Windows入力と構成、Windowsカーネル、インターネットインフォメーションサービス、Windowsネットワークセキュリティとコンテナ、Windows Active Directory、Microsoft JETデータベースエンジン、およびWindowsストレージとファイルシステム。

さらに、KB4571729月例のロールアップ:

  • 一部の.msiアプリをインストールできない問題に対処します。これは、AppDataフォルダーをネットワークフォルダーにリダイレクトするグループポリシーによってデバイスが管理されている場合に発生します。
  • SharePointサイトから複数のドキュメントを開くときのMicrosoft Edge IEモードの問題に対処します。
  • アンカーリンクを使用して参照するときに発生するMicrosoft Edge IEモードの問題に対処します。
  • Microsoft Edge IEモードでのブラウザヘルパーオブジェクトの読み込みに関する問題に対処します。
  • JScriptスクリプトエンジンに依存する特定のアプリケーションが、負荷がかかると応答しなくなる問題に対処します。

既知の問題

クラスター共有ボリューム(CSV)上のファイルまたはフォルダーの名前を変更すると、「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」というエラーで失敗する場合があります

このアップデートをインストールしてデバイスを再起動すると、「Windowsアップデートの設定に失敗しました。変更を元に戻します。コンピュータの電源を切らないでください。」失敗更新履歴

同社は、この問題は次の状況で予想されると述べています。

  • ESUでサポートされていないエディションを実行しているデバイスにこの更新をインストールする場合。サポートされているエディションの完全なリストについては、以下を参照してください。KB4497181
  • ESU MAKアドオンキーがインストールおよびアクティブ化されていない場合。

ESUキーを購入し、この問題が発生した場合は、すべての前提条件を適用し、キーがアクティブ化されていることを確認してください。

重要な注意:Windows 7はサポート終了になりました

更新(KB4534310、KB4534314)により、Windows 7のサポートは終了しました。つまり、Windows 7を実行しているデバイスは、Microsoftからセキュリティアップデートとパッチを受信しなくなります。そして会社はお勧めします Windows 10をアップグレードする 最新のセキュリティ機能と悪意のあるソフトウェアに対する保護

マイクロソフト言う Windows 7の特定のサポート終了日は2020年1月14日です。この製品では、PCの保護に役立つWindows Updateからの技術支援とソフトウェアアップデートを利用できなくなります。

Windows 7アップグレード警告

Windows 7の累積的な更新プログラムをダウンロードする

KB4537820 KB4537813更新プログラムをインストールする前に、マイクロソフトは次の前提条件をお勧めします。

下記のアップデートをインストールする必要があります。デバイスを再起動します最新のロールアップをインストールする前に。これらの更新をインストールすると、更新プロセスの信頼性が向上し、ロールアップをインストールしてMicrosoftセキュリティ修正を適用する際の潜在的な問題が軽減されます。

  1. 2019年3月12日、サービススタックの更新(SSU)(KB4490628)。このSSUのスタンドアロンパッケージを入手するには、Microsoft Updateカタログ。この更新は、SHA-2署名のみの更新をインストールするために必要です。
  2. 最新のSHA-2アップデート(KB4474419)2019年9月10日リリース。WindowsUpdateを使用している場合、最新のSHA-2アップデートが自動的に提供されます。この更新は、SHA-2署名のみの更新をインストールするために必要です。 SHA-2更新の詳細については、次を参照してください。WindowsおよびWSUSの2019 SHA-2コード署名サポート要件
  3. 2020年1月14日SSU(KB4536952)以降。このSSUのスタンドアロンパッケージを入手するには、Microsoft Updateカタログ
  4. Extended Security Updates(ESU)ライセンス準備パッケージ(KB4538483)2020年2月11日リリース。ESUライセンス準備パッケージはWSUSから提供されます。 ESUライセンス準備パッケージのスタンドアロンパッケージを入手するには、Microsoft Updateカタログ

上記のアイテムをインストールした後、最新のSSUをインストールすることを強くお勧めします(KB4537829)。 Windows Updateを使用している場合、ESUのお客様であれば、最新のSSUが自動的に提供されます。

経由 Microsoftサポート

このアップデートは、Windows 7 SP1、Windows Server 2008 SP1を実行し、Microsoftサーバーに接続されているすべての互換性のあるデバイスに、Windows Updateを介して自動的にダウンロードおよびインストールされます。アップデートを手動で確認してインストールするには

Windows 7で更新を確認する

  1. スタートを開きます。メニュー。 …
  2. コントロールパネルを開きます。 [スタート]の右側の列にあるコントロールパネルをクリックします。
  3. 「システムとセキュリティ」に移動します。緑色のヘッダーをクリックします。
  4. 開いたWindows Update。 「Windows Update」リストの真ん中から。
  5. アップデートを確認する。クリックアップデートを確認するメイン画面のボタン。

また、このアップデートのスタンドアロンパッケージを入手するには、Microsoft Updateカタログウェブサイト。

また読む: