Outlook 2016/2013/2010/2007の.ostファイルと.pstファイルの違い

difference between ost



Microsoft Outlook、または単に 見通しは、からの個人情報マネージャーです マイクロソフトの一部として利用可能 マイクロソフト オフィススイート。主に、メール、添付ファイル、タスクなど、あらゆる種類のデータをOSTおよびPSTファイル形式で保存するメールクライアントアプリケーションです。ここでは、この投稿には、MS Outlook OSTとPSTファイルのギ酸について簡単な情報があります。 OSTとPSTの違い ファイル形式。

投稿内容:-



MS OutlookのPSTファイル形式とは何ですか?

PSTファイル。ローカルストレージドライブにメールとデータを永続的に保存するPersonal Storage Tableとも呼ばれます。 Outlookによって削除されることはなく、アップグレードまたは単に新しいマシンに移動するときに、Outlookの他のインストールにコピーできます。

MS OutlookのOSTファイル形式とは何ですか?

OSTファイル(.ost)は、Microsoft Outlookのオフラインフォルダーファイルです。オフラインフォルダを使用すると、ユーザーはオフラインで作業し、次に接続したときにExchangeサーバーと変更を同期できます。オフラインで作業する機能は、接続が制限されているか信頼性が低い環境で役立ちます。

Outlookのpstファイルとostファイルの場所

Outlook 2013またはOutlook 2016を使用して作成されたOutlookデータファイル(.pst)は、通常、コンピューターの Documents Outlookファイル フォルダ。 Microsoft Office Outlook 2007以前で作成されたデータファイルが既にあるコンピューターでOutlookにアップグレードした場合、これらのファイルはドライブ: Users user AppData Local Microsoft の隠しフォルダーの別の場所に保存されます。見通し。
Outlookデータファイル(.pstおよび.ost)が保存されているフォルダーを開くには、次の操作を行います。

  1. Outlookで、[ファイル]タブをクリックします。
  2. 右側のウィンドウで、[アカウント設定]をクリックし、[アカウント設定]をクリックします。
  3. [データファイル]タブでエントリをクリックし、[フォルダの場所を開く]をクリックします。

メールクライアント、Exchangeサーバー、Gmail、Outlookデータファイル、ms Outlookのファイル形式、OSTの略、PSTの略、PSTファイルとは、OSTファイルとは

オフラインのOutlookデータファイル(.ost)は、ドライブ: Users user AppData Local Microsoft Outlookにも保存されます。ほとんどのデータはサーバーに残ります。ただし、ローカルに保存されているアイテムはすべてバックアップする必要があります。たとえば、カレンダー、連絡先、タスク、およびマークされたフォルダ ローカルのみ

.ostファイルと.pstファイルの違い

OSTとPSTの基本的な違いは、OSTファイルを使用すると、アカウントデータをサーバーに同期し、オフラインで作業できるようになります。 PSTファイルはデータベースファイルであり、Outlookアカウントデータをローカルに保存します。つまり、.ostファイル形式では、オフラインモードでも電子メールの読み取り、再生、または作成が可能ですが、.pstファイル形式にはこの機能または機能があります

MS Outlookが構成されているときに作成されたOSTファイル Exchange ServerまたはIMAPアカウントtype最新バージョンのOutlook。 PSTファイルは、以前のエディションのIMAPおよびPOPアカウントで作成され、 POPアカウント Outlook 2013および最新バージョン。

POP3、IMAP、およびWebベースのメールアカウントを管理するためにMicrosoft Outlookで使用されるOSTファイルと個人用ストレージテーブル(.pst)ファイルの両方。ただし、PSTファイルとは異なり、OSTファイルはメールアカウント構成に関連付けられており、個別に開いたりバックアップしたりすることはできません。 。

OSTとPSTファイルのサイズ: Outlook 2002のような古いバージョンのように、Microsoft OutlookはOutlookのバージョンによって異なりますが、ファイルサイズの制限はANSIエンコードで約2 GBですが、MicrosoftはOutlook 2010および&後で、このファイルストレージ容量は約50 GBです。

マイクロソフトが提供する ScanPST.exe そして ScanOST.exe PSTとOSTファイルの破損の問題をそれぞれ修復する。 ScanOST.exeはMicrosoft Office 2010以降は利用できなくなりました。Outlook2013、2016、2019で利用可能なScanPST.exe(受信トレイ修復ツール)は、PSTファイルとOSTファイルの両方を修正できます。

これは役に立ちましたか?以下のコメントで私たちに知らせてください、また読んでください: