ロック画面でWindows 10 Hey Cortana機能を有効または無効にする

enable disable windows 10 hey cortana feature your lock screen



Microsoftの「Hey Cortana」は、パーソナルアシスタントがあなたの声を認識できるようにするWindows 10の機能です。そして、その名前を呼び出すだけで目を覚ます コルタナさん Windows 10の場合。この機能は、Androidの「OK Google」やiOSの「Hey Siri」と同様に機能します。 Microsoftのバージョンでは、これと同じ種類のハンズフリーモードを有効にして、「Hey Cortana」と言うだけでWindows 10 PCを応答させることができます。 Cortanaの機能であるWindows 10について詳しく知りたい場合は、この機能を有効にする方法とその機能について、この投稿を読んでください。

投稿内容:-



窓をオンにする方法10ちょっとCortana

まず、Windows 10で「コルタナさん」機能を有効にするには、[スタート]ボタンの右側にある検索ボックスをクリックします。 Cortanaダイアログボックスが表示されます。次に、Cortanaのウィンドウの右上隅にあるメニューアイコンをクリックします。3つのストライプがあります。次に、[ノートブック]をクリックします。
enable-hey-cortana-feature-on-windows-10

次に、[設定の選択]をクリックします。次に、cortana設定で「hey cortana」を探します。トグルをオンにします。「コルタナに「コルタナさん」に応答させましょう。」
どのように有効にする-hey-cortana-feature-on-windows-10

次にマイクに向かって「コルタナさん」と発声したら、「天気はどうですか?」などのコマンドでフォローできます。そしていくつかの結果を得る。 「コルタナさん」とだけ言うと、アシスタントは私に何をしてほしいか尋ねます。

ロック画面でHey Cortanaを有効にする

マイクロソフトは、ロック画面上でもCortanaを操作できる新しい機能を追加します。この機能はまだ有効になっていませんが、ビルド14316で手動で有効にすることができます。Windows10ビルド14316のロック画面で「Hey Cortana」を有効にする2つの方法があります。

Windows 10のロック画面でCortanaを有効にするために、サードパーティのソフトウェアをインストールする必要はありません。代わりに、レジストリエディターを使用して、Windows 10のロック画面でHey Cortanaを有効にすることができます。

まず、レジストリエディターを開きます。これを行うには、Win + Rを押して、次のように入力します 再編集 Enterキーを押します。レジストリエディターの左側のペインで、次のパスに移動します。

HKEY_CURRENT_USER SOFTWARE Microsoft Speech_OneCore Preferences

右側で、新しいDWORD 32ビット値を作成する必要があります。そのために、空の場所を右クリックし、[新規] >> [DWORD(32ビット)値]を選択します。

次に、VoiceActivationEnableAboveLockscreenという名前を付けます。その後、値をダブルクリックして値を1に設定します。

それでおしまい!これで、Windows 10のロック画面でCortanaを入手できます。

ロック画面でWindows 10 Hey Cortanaを無効にする

レジストリエディターを開いて無効にします。これを行うには、Win + Rを押し、regeditと入力してEnterキーを押します。ここで、HKEY_CURRENT_USER SOFTWARE Microsoft Speech_OneCore Preferencesを無効にします。VoiceActivationEnableAboveLockscreenDWORDをダブルクリックし、ロック画面で値0を無効にして、「Hey Cortana」を無効にします。