WindowsのHome EditionとStarter Editionでグループポリシーエディターを有効にする

enable group policy editor home



Microsoft管理コンソール(MMC)スナップイン、ローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)により、管理者はローカルのすべての設定を管理できます。 グループポリシー 単一のユーザーインターフェイス内のオブジェクト。この機能は、Windows 10 ProfessionalおよびEnterpriseに限定されています。グループポリシーエディターは、Windows XP、Windows 7、Windows 8.1、またはWindows 10のHomeまたはStarterエディションでは使用できないことを意味します。この記事では、 どうやって 10ホームでグループポリシーエディターを有効にする方法。 (この方法は、Windows 7およびWindows 8 / 8.1でも機能します。)

グループポリシーを有効にするWindows 10 Home

グループポリシーエディターはデフォルトではWindows 10に含まれていないため。最初にグループポリシーエディターをダウンロードする必要があります。これには、グループポリシーエディターに必要なすべてのライブラリとファイルが含まれます。まず、インストーラーをダウンロードします。以下のリンクから無料でダウンロードできます。



グループポリシーエディターインストーラーのダウンロード

インストーラーをダウンロードしたら、次の手順に従ってください。Windows10のホームエディションとスターターエディションでグループポリシー機能を有効にしてください。

これはZIPファイルです。WinRARまたは7-Zipを使用して抽出してから、抽出されたsetup.exeファイルを実行します。

[次へ]をクリックして[インストール]をクリックすると、インストールが完了するまで数秒かかります。ファイルがインストールされ、[実行]または[スタート]メニューの検索ボックスからgpedit.mscコマンドにアクセスできるようになります

注:Windows 7 64ビット(x64)ユーザーの場合

「C:Windows」フォルダにある「SysWOW64」フォルダに移動し、そこから「GroupPolicy」、「GroupPolicyUsers」フォルダ、およびgpedit.mscファイルをコピーして、「C: Windows System32」フォルダに貼り付ける必要があります。

注:gpedit.mscの実行中に「MMCがスナップインを作成できませんでした」というエラーメッセージが表示された場合。問題を解決するには、次の手順を確認してください。基本的に、Windowsのユーザー名に複数の単語が含まれている場合に発生します。

インストーラーを実行し、最後のステップのままにしておきます(「完了」ボタンをクリックしないでください)。

C: Windows Temp gpeditフォルダーに移動します。

ここでWindows 7の32ビット(x86)エディションを実行している場合は、x86.batファイルを右クリックし、[プログラムから開く]-> [メモ帳]オプションを選択します。 Windows 7の64ビット(x64)エディションを実行している場合は、x64.batファイルを右クリックして、[プログラムから開く->メモ帳]オプションを選択します。

ファイルに次の文字列を含む合計6行が見つかります。
%username%:f
5.これらの行を編集して、%username%:fを「%username%」:fに置き換えます

例えば:

オリジナル:icacls%WinDir%SysWOW64gpedit.dll / grant:r%username%:f
新規:icacls%WinDir%SysWOW64gpedit.dll / grant:r“%username%”:f

ファイルを保存して実行します(右クリック-> [管理者として実行])。

それでおしまい。 gpedit.mscが機能します。