Skip Aheadレーンに登録して、初期のWindows 10(20H2)機能をお楽しみください

enroll skip ahead lane enjoy early windows 10 features



マイクロソフトは「先にスキップ」オプションを使用すると、Windows Insider Programの参加者は、Windows 10の次のバージョンの次の開発をさらに早く開始できます。 Windows 10 Skip Aheadリング 今月初め、マイクロソフトは、「先にスキッププログラムのブランチ。現在知られている 20H2 Windows 10の次の機能更新を更新します。

投稿内容:-



Windows 10(20H2)のスキップアワードリングに参加する方法

過去のように スキップ先 登録、ブランチ内のスペースが限られているので、パイクの下にあるものを早期に見たいと思っている場合は、Windows 10デバイスをすばやく登録する必要があります。まだ登録していない場合は、ここでスキップアヘッドレーンに登録して初期のWindows 10(20H2)機能を楽しむ方法をご覧ください。

注意: 以前にスキップアヘッドリングを使用していた場合、会社はプログラムをリセットしたため、再登録する必要があります。プログラムへの参加が許可されているInsiderの数には限りがあり、制限に達するとプログラムは閉鎖されます。

  • Windows 10 Skip Aheadリング(20H2)に参加するには
  • 設定を開く(Windows + I)
  • クリック アップデートとセキュリティ
  • 左側のパネルで、 Windows Insiderプログラム
  • 「どのようなコンテンツを受け取りますか?」の下のドロップダウンをクリックします。
  • 次に「スキップして次のWindowsリリースに進む」オプションを以下に示します。

Windows 10を登録してスキップ先リング

手順を完了すると、デバイスは次のバージョンのRS_PRERELEASEブランチにすぐに移動します Windows 10(20H2)。そして、デバイスはWindows 10(20H2)プレビュービルドの受信を開始します。

免責事項: このプログラムは、MicrosoftからWindows 10にロールアウトされる最新の新機能を体験したいテスターや愛好家向けです。新しい機能を事前に試してテストできますが、新しい問題の原因となるバグが含まれています。常に新しい問題が発生するため、メインの本番システムにインサイダービルドを配置しないことをお勧めします。新しい機能やバグをいじりたい場合は、 Windows 10プレビュービルド 2番目のマシンまたはVMで。

Skip Aheadリングを閉じた後でもWindows 10(20H2)プレビュービルドを取得する

Skip Aheadレーンでデバイスに参加する機会を逃した場合は、Skip Aheadオプションが利用できなくなった後でも、レジストリを微調整してシステムを登録できます。

Windows 10のレジストリ調整のスキップ

Windows + Rを押し、「regedit」と入力して「ok」と入力し、Windowsレジストリエディターを開きます。

まず第一に レジストリデータベースのバックアップ、次のキーに移動します

HKEY_LOCAL_MACHINE  SOFTWARE  Microsoft  WindowsSelfHost  UI  Selection
Windows 10のレジストリ調整のスキップ

Windows 10のレジストリ調整のスキップ

をダブルクリックします UIContentType 文字列にして、その値を スキップ そしてOKをダブルクリックします UIRing 文字列にして、その値を WIF OKをクリックします。次に移動します

HKEY_LOCAL_MACHINE  SOFTWARE  Microsoft  WindowsSelfHost  Applicability

ダブルクリック ContentType 文字列にして、その値を スキップ。 「Ring」という文字列を探し、その値をSkipに設定します。

以上でレジストリエディタが終了し、Windows Updateの設定を開いて更新を確認すると、最新のSkip Aheadビルドのダウンロードが開始されます。

また読む