中小企業が知っておくべき重要なサイバーセキュリティのヒント

essential cyber security tips every small business should know



大規模な多国籍企業であろうと、小規模な独立した店舗であろうと、すべての企業がデータ侵害、ハッキング、およびウイルスのリスクにさらされる可能性があります。大企業は包括的なサイバーセキュリティシステムを導入している可能性が高くなりますが、侵入が困難になることはほとんどありません。しかしながら、 中小企業 予算を少なくするか、自分自身を保護する方法について専門知識を持っていると、この種の攻撃に対して非常に脆弱なままになる可能性があります。

始めたばかりなら、おそらく 中小企業のための無料のウェブサイトメーカー サイトを設定します。これは、ほとんどの中小企業がコストを抑えるために行うことです。実際、すぐに使用できる優れたWebサイトテンプレートが数多く提供されています。ただし、必要なサイバーセキュリティ対策がすべて講じられていることを確認することで、壊滅的な攻撃のリスクを軽減できます。



投稿内容:-

企業のためのサイバーセキュリティのヒント

では、企業は自分自身を保護するために何を考慮すべきですか?役立つヒントをいくつか紹介します。

サイバーセキュリティのヒント

強力なパスワードを作成する

現在、ほとんどのシステムは、パスワードが弱いか簡単に推測できるかどうかを通知しています。ただし、スモールビジネスにとって、ハッカーを遠ざけるためにさまざまな種類の文字を使用する、スマートで長く複雑なパスワードを自然に思いつくことは依然として賢明です。

8文字以上のパスワードを作成してください。文字、数字、記号の任意の組み合わせを使用できます(ASCII標準文字のみ)。そして、あなたは使用して強力なパスワードを作成することができます 安全なパスワードジェネレータ。

安全なパスワードジェネレータ

モバイルデバイスにロックを作成する

ビジネスの携帯電話とラップトップ、およびその他のポータブルデバイスはすべて、パスコードを使用してセットアップする必要があります。したがって、それらが誤って紛失したり盗まれたりした場合、トラブルメーカーは重要なビジネス情報やドキュメントに簡単にアクセスできなくなります。機密データの暗号化も賢明な方法です。この情報が悪質な手に渡った場合でも、一定レベルの保護が確実に行われます。組み込みの追跡機能(AndroidおよびiOSに標準で付属)は、盗難または紛失したデバイスをリモートでロックまたはワイプして、最悪の事態が発生した場合でも安心できるようにします。

必要なときに常にソフトウェアを更新する

すべてのオペレーティングシステムが最新バージョンであることを確認すると、脅威を最小限に抑えることができます。アプリケーション、プラグイン、ファームウェア、マルウェア対策の更新についても同様です。これは、システムに侵入した悪意のあるソフトウェアを検出するのに役立ちます。多くのデバイスは、更新の期限になるとユーザーにプロンプ​​トを表示します。ただし、常に更新を手動で確認して、ビジネスがこれに留まるようにすることも常に最善です。

必要なものだけをダウンロードする

小規模なチームを運営している場合、特にソースが定義されていない場合は、ソフトウェアとプラグインをデバイスにダウンロードしてインストールすることの危険性についてすべてのスタッフに説明することをお勧めします。ソフトウェアの一部が信頼できるソースからのものであると考えるのは簡単すぎることです。しかし、これについて完全に確信が持てない限り、一歩引いて再考する価値があります。一部の無料ダウンロードは無害ですが、多くの場合、システムに損傷を与えたり、活動をスパイしたりする可能性のある危険なプログラムが付属しています。しっかりとしたセキュリティポリシーを設定すると、すべての従業員がシステム管理者によって承認されたソフトウェアのみをインストールできるようになります。これにより、セキュリティ違反やハッカー攻撃の被害を受けるリスクが軽減されます。

ランサムウェアから身を守る

ランサムウェアはファイルを暗号化するウイルスであり、ファイルを解放することを拒否し、あなたが身代金を支払うまで本質的に「人質を保持」します。中小企業は、重要なドキュメントを複製して2つの異なるストレージデバイスに保存することで、このような攻撃から身を守ることができます。つまり、変更を加えるたびに、それぞれを手動でバックアップする必要があります。ただし、これは、ビジネスの継続的な成功に不可欠なドキュメントへのアクセスが拒否されるよりはましです。

メールを賢くする

不明なソースからのメール、特に添付ファイルやハイパーリンクが含まれている場合は、慎重に扱う必要があります。ほとんどの電子メールクライアントには、疑わしいアイテムをジャンクフォルダーに自動的に移動するセキュリティツールがありますが、すべての脅威を防ぐことはできません。有害な添付ファイルを開いたり、危険なリンクをたどったりすると、意図せずに悪意のあるスクリプトがデバイスにダウンロードされる可能性があります。同様に、メールを送信する場合、ドキュメントを添付するよりも共有する方が適切です。後者の場合、コントロールを失うことになります。

VPNに投資する

仮想プライベートネットワーク (VPN)により、従業員は、特にリモートで作業している場合に、会社のファイル、プリンター、およびアプリケーションに安全にアクセスできます。これは、暗号化された接続を介して達成されます。 パブリックWiFi

VPN

購入するVPN:

中小企業は、重要なデータの継続的な保護を確実にするための堅牢なサイバーセキュリティシステムを設定および維持するためのガイドとして上記を使用する必要があります。これらのヒントに従うと、ビジネスに多大なコストがかかる可能性のある、潜在的に損害を与える攻撃を受けるリスクを軽減できます。

また読む: