Windows 10 April 2018 Update Version 1803で削除された機能

features removed windows 10 april 2018 update version 1803



から始まる Windows 10 April 2018 Update (バージョン1803)マイクロソフトは、次のような多くの大きな新機能を導入しています。 タイムライン、フォーカスアシスト、ニアシェア、 ディクテーション機能、エッジブラウザーの改善 さらに、2018年4月10日の更新バージョンのウィンドウを確認できます 1803の機能 ここに。ただし、新しいリリースの間に、会社が役に立たなくなった、廃止された、またはより良いものと交換する必要がある機能を評価、削除、または非推奨にする時期でもあります。以下は、Windows 10 April 2018 Update、バージョン1803で削除または廃止されたすべての機能です。

Windows 10バージョン1803で削除された機能

マイクロソフトは、2018年4月のアップデート以降、廃止および非推奨(将来のリリースで削除される予定)オプションを含む機能のリストを公開しました。この記事では、利用できなくなった機能、またはまだ利用可能な機能のリストを詳しく見ていきますが、積極的に開発されておらず、Windows 10の将来のリリースで削除される可能性があります。



削除された機能:

(次の機能はWindows 10バージョン1803から完全に削除されました)

Grooveミュージックパス– Microsoft Storeを介したGrooveのストリーミングサービスと音楽販売の追跡は2017年に終了し、Grooveアプリはこの変更を反映するように更新されました。 Groove Musicを使用してPCで曲を再生したり、OneDriveに保存したりすることはできますが、音楽をストリーミングする場合は別のサービスを使用する必要があります。

人々の提案 -Peopleアプリには、Microsoft以外のアカウントの未保存の連絡先は含まれなくなります。メールの送信先または取得先の連絡先の詳細を手動で保存する必要があります。

コントロールパネルの言語設定– ユーザーは設定アプリを使用して 言語を変える 設定。

ホームグループ –ホームグループは削除されましたが、プリンター、ファイル、およびフォルダーを共有する機能はありません。

提案されたオープンホットスポットに接続する – Wi-Fi設定のこのオプションは以前は無効でしたが、現在はページから削除されています。タスクバーまたはコントロールパネルから、ネットワークとインターネットの設定を介して無料のワイヤレスホットスポットに手動で接続できます。

Peopleアプリでの会話 –このオプションでは、オンラインのOffice 365メールアカウントが必要になりました。オフラインでは機能せず、他のメールアカウントをサポートしていません。

XPSビューア – Windows 10 1803を最初からインストールする場合(クリーンインストール)、アプリはデフォルトでインストールされなくなりました。 [設定]-[アプリ]-[アプリと機能]を​​使用して手動でインストールできます。

廃止された機能

(バージョン1803では、Windows 10は次の機能を開発していません)

グループポリシーのソフトウェア制限ポリシー —グループポリシーを通じてソフトウェア制限ポリシーを使用する代わりに、AppLockerまたはWindows Defender Application Controlを使用して、ユーザーがアクセスできるアプリとカーネルで実行できるコードを制御できます。

オフラインシンボルパッケージ —シンボルパッケージは、ダウンロード可能なMSIとして利用できなくなりました。代わりに、Microsoft Symbol ServerはAzureベースのシンボルストアに移行します。

Windowsヘルプビューアー(WinHlp32.exe) —すべてのWindowsヘルプ情報はオンラインで入手できます。 Windowsヘルプビューアは、Windows 10ではサポートされなくなりました。

連絡先機能とWindows連絡先API —連絡先機能と対応するWindows連絡先APIは現在機能していないため、連絡帳を維持するために連絡帳アプリを使用することをお勧めします。

電話コンパニオン —設定アプリの電話ページを使用します。

IPv4 / 6移行テクノロジー — 6to4はWindows 10バージョン1607(記念日の更新)以降デフォルトで無効になり、ISATAPはWindows 10バージョン1703(作成者の更新)以降デフォルトで無効になり、ダイレクトトンネルは常にデフォルトで無効になりました。代わりに、ネイティブIPv6サポートを使用することをお勧めします。

いつでもこれを確認できます Microsoftサポートサイト 削除された機能、またはこのバージョンのWindows 10で置き換えられる予定の機能の詳細については、