Windows 10でエラー0x800F0906または0x800f081f install net framework 3.5を修正

fix error 0x800f0906



探している Windows 10にネットフレームワーク3.5をインストールする?または、Windows 10のインストールでネットフレームワーク3.5をダウンロードしてインストールしているときに、さまざまなエラーで失敗することがある0x800F0906または0x800f081f?ここで心配する必要はありません。Windows 10にネットフレームワーク3.5をインストールする エラーなし。

投稿内容:-



.Net Frameworkとは何ですか?

.NET Frameworkは、Windowsプラットフォームで実行されている多くのアプリケーションの重要な部分です。この機能は、これらのアプリを正常に実行するために必要な機能を提供します。論理的には、これらのアプリをインストールする前に、コンピューターで.NET Frameworkを有効にする必要があります。開発者にとって、.NET Frameworkは、アプリケーションを構築するための一貫したプログラミングモデルを提供します。 Windowsオペレーティングシステムを使用している場合は、.NET Frameworkがコンピューターに既にインストールされている可能性があります。具体的には、.NET Framework 4.5.1はWindows 8.1に含まれ、.NET Framework 4.6はWindows 10に含まれています。

Windows 10には.NET Framework 4.5がプリインストールされていますが、VistaおよびWindows 7で開発された多くのアプリには、4.5とともに.NET Framework v3.5がインストールされている必要があります。これらのアプリは、必要なバージョン(.net 3.5)をインストールしない限り、Windows 10および8.1では実行できません。このようなアプリを実行しようとすると、Windows 10はインターネットから.NET Framework 3.5をダウンロードしてインストールするように求めます。しかし時々 Windows 10にネットフレームワーク3.5をインストールする、インストールはエラー0x800F0906および0x800F081Fで失敗します。また、コントロールパネルから.NET 3.5機能を追加しようとしても、

Windowsは要求された変更を完了できませんでした。
Windowsはインターネットに接続できず、必要なファイルをダウンロードできませんでした。インターネットに接続していることを確認し、[再試行]をクリックして再試行してください。 エラーコード:0x800f081f または0x800F0906。

Windows 10またはWindows 8.1への.NET Framework 3.5のインストールにも問題が発生している場合は、ここに修正する最良かつ簡単な方法があります Windows 10ネットフレームワーク3.5エラー0x800F081F、ネットフレームワーク3.5インストールエラー0x800f0906が永続的に発生します。

Windows 10に.Net Framework 3.5をインストールする方法

Windows 10には.NET Framework 4.5がプリインストールされていますが、VistaおよびWindows 7時代に開発された多くのアプリには、4.5とともに.NET Framework v3.5がインストールされている必要があります。これらのアプリは、必要なバージョンをインストールしない限り実行されません。このようなアプリを実行しようとすると、Windows 10はインターネットから.NET Framework 3.5をダウンロードしてインストールするように求めます。

アプリケーションのインストール中に.NET Framework 3.5をオンデマンドで有効にする

アプリが.NET Framework 3.5を必要とするが、コンピューターでそのバージョンが有効になっていない場合、インストール中または初めてアプリを実行したときに次のメッセージボックスが表示されます。メッセージボックスで、この機能をインストールして.NET Framework 3.5を有効にすることを選択します。

オンデマンドでNET Framework 3.5をインストール

このオプションにはインターネット接続が必要ですが、Windows 10コンピューターで.net Framework 3.5を有効にすると、Windowsがリクエストの変更を完了できなかったなど、さまざまなエラーコードが表示されずに失敗することがあります。エラー0x800F0906 エラーは 0x800F081F

コントロールパネルで.NET Framework 3.5を有効にする

また、Windowsプログラムと機能を使用してこれを有効にすることもできます。 Windowsで.net Framework 3.5の機能を有効にするには、[コントロールパネル]-> [プログラムと機能]-> [Windowsの機能を有効または無効にする]オプションに移動します。ここで.NET Framework 3.5を選択します(2.0および3.0を含みます)

ネットフレームワーク機能Windowsプログラム機能を有効にする

[OK]をクリックすると、Net Framework 3.5機能がインストールまたは有効になります。ただし、機能を有効にしているときに、次のエラーメッセージが表示されることがあります。Windowsがインターネットに接続できず、必要なファイルをダウンロードできませんでした。インターネットに接続していることを確認し、[再試行]をクリックして再試行してください。エラーコード0x800F0906、0x800f0907、または0x800f081f。

ネットフレームワーク3.5インストールエラー0x800f0906

このエラーにも悩まされており、Windows 10コンピューターに.net Framework 3.5をインストールできない場合。ここに、この問題を解決するシンプルで100%機能するヒントがあります。

Windows 10 .net Framework 3.5エラー0x800f081fおよび0x800F0906を修正

エラーなしで簡単にタスクを実行するには、Windowsコマンドプロンプトが最適です。コマンドラインを使用して、Windows 10で同じ.net Framework 3.5を有効にすることもできます。ただし、最初にコマンドラインを実行する前に、ネットフレームワーク3.5パッケージをダウンロードする必要があります。以下のダウンロードリンクからダウンロードしてください。

注:これはzipファイルです。ダウンロードが完了したら、ダウンロードzipファイルをコピーして、Windowsインストールドライブ(Cドライブ)に配置してください。

microsoft-windows-netfx3-ondemand-package.cabをダウンロード

管理者特権のコマンドプロンプトを開く。管理者のコマンドプロンプトが開いたら、次のコマンドをそのまま入力します。 Enterキーを押してコマンドを実行します。

Dism.exe / online / enable-feature / featurename:NetFX3 / source:C: / LimitAccess

注:ここでCは、Microsoft Windows netfx3 ondemand package.cabをコピーするWindowsインストールドライブです。インストールドライブが異なる場合は、Cをインストールドライブ名に置き換えます。

コマンドの説明

  • /オンライン: (オフラインのWindowsイメージではなく)実行中のオペレーティングシステムをターゲットにします。
  • / Enable-Feature / FeatureName:NetFx3は、.NET Framework 3.5を有効にすることを指定します。
  • /すべて:.NET Framework 3.5のすべての親機能を有効にします。
  • / LimitAccess:DISMがWindows Updateにアクセスできないようにします。

操作が100%完了するまで待つと、操作が完了したというメッセージが表示されます。これにより、エラーが発生しても.net Framework 3.5機能が有効になります。次に、メッセージを受信しなかったソフトウェアをインストールします。 お使いのPCには次のWindows機能が必要です:.Net Framework 3.5 (.NET 2.0および3.0を含む)

インストールメディアを通じてネットフレームワークを有効にする

インストールメディアを使用して同じプロセスを実行することもできます。 Microsoft-windows-netfx3-ondemand-package.cabをダウンロードする必要はありません。ここでは、最初にドットでインストールメディアを挿入するか、Windows 10バージョンのISOをマウントし、ドライブ文字を書き留める方法(ISOイメージファイルがある場合は、それを右クリックしてマウントオプションを選択します)

管理者特権のコマンドプロンプトを開きます(管理者として実行)。ここで以下のコマンドを入力し、Enterキーを押してコマンドラインを実行します。

DISM /オンライン/ Enable-Feature / FeatureName:NetFx3 / All / LimitAccess / Source:x: sources sxs

(「X」をインストーラーのソースの適切なドライブ文字に置き換えます)

この実行プロセスは、100%完了するまで待機して進行する必要があります。今、その後、Windows 10を再起動します。

再起動すると、コンピュータで.NET Framework 3.5(.NET 2.0および3.0を含む)が使用できるようになります。 [Windowsの機能の有効化または無効化]ダイアログを表示すると、上部にあることがわかります。 NET Framework 3.5オプションがオンになりました。

これは最良で簡単な方法です Windows 10にネットフレームワーク3.5をインストールする。また、0x800F0906、0x800f0907、0x800f081fなどのさまざまなエラー Windows 10に.new framework 3.5をインストールする

Windows 10 .net Framework 3.5がインストールされない、Windows 10 .net Framework 3.5エラー0x800f081fを修正、 ウィンドウズ10ネットフレームワーク3.5 インストールエラー0x800F0906、0x800f0907、または0x800f081f。 Windows 10で.net Framework 3.5を有効にするためのクエリ、提案、または新しい方法があれば、自由に共有してください。