エラー0xa00f4244ウェブカメラがWindows 10 1909を機能しない

fix error 0xa00f4244 webcam not working windows 10 1909



Windows 10 1909のアップグレード後にラップトップのウェブカメラが機能しないエラーコード0xA00F4244または0x200F4244で「カメラが見つからないか、起動できません」というメッセージが表示される場合があります。この問題は、不良なドライバまたはドライバの競合が原因である可能性があります。ここでも、アンチウイルスがカメラをブロックしている、またはプライバシー設定がカメラへのアクセスを許可しないように設定されている可能性があります。その結果 カメラが見つかりません」エラー0xa00f4244。

投稿内容:-



Windows 10 Webカメラが機能しない

お使いのカメラがWindows 10で動作しない場合、問題を解決するために適用できるいくつかの効果的なソリューションを次に示します。

一時的に無効にする アンチウイルス ソフトウェア(インストールされている場合)Webカメラをオンにすると、カメラへのアクセスをブロックするウイルス対策設定またはWebカメラの使用を許可する場合に問題が解決することがあります。

プライバシー設定を確認する

最近Windows 10 1809を更新した場合は、アプリにカメラの使用を許可する必要がある場合があります。これは、Windows 10の新しいバージョンでは、一部のアプリがカメラにデフォルトでアクセスできないためです。

拒否されたウェブカメラエラーの権限を修正

  • キーボードショートカットWindows + Iを使用してWindows設定を開く
  • 次に、プライバシーとカメラを選択します。
  • 次に、アプリにカメラへのアクセスを許可するをオンにします。
  • この切り替えがグレー表示されている場合は、[このデバイスのカメラへのアクセスを許可]を有効にします。
  • このオプションが表示されない場合は、デバイスの管理者にこの設定を有効にするよう依頼する必要があります。
  • カメラへのアクセスを許可した後、カメラにアクセスできるアプリの選択で、アクセスできるアプリを選択できます。

アプリにカメラへのアクセスを許可する

古いWebカメラドライバーを確認する

別の原因として、古いWebカメラドライバーが考えられます。デバイスマネージャーでカメラを表示できる場合は、以下の手順に従って、問題が解決するかどうかを確認してください。

ウェブカメラドライバを更新する

  1. Windows + Rを押し、devmgmt.mscと入力してokと入力し、デバイスマネージャーを開きます。
  2. イメージングデバイスまたはサウンド、ビデオ、およびゲームのコントローラーでWebカメラを見つけます。
  3. Webカメラの名前を押し続けて(または右クリックして)、[プロパティ]を選択します。
  4. (ドライバー)タブを選択し、(ドライバーの詳細)ボタンを選択して、次を含むファイル名を探します stream.sys。搭載されている場合、お使いのウェブカメラはWindows 7より前に設計されたものであり、新しいウェブカメラに交換する必要があります。
  5. 次を含むファイル名が見つからない場合 stream.sys、ウェブカメラドライバをロールバックしてみてください。

同じように更新するには、カメラドライバーを右クリックして、[ドライバーソフトウェアの更新]を選択します。オプションの選択を求めるメッセージが表示されたら、[ドライバーをどのように検索しますか?]をクリックし、[自動的に検索]をクリックして、更新されたドライバーソフトウェアを探します。 PCで利用可能なドライバーがある場合は、[コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します]を選択し、適切な場所を選択してください。これが完了したら、コンピューターを再起動して、修正された問題を確認します。

カメラドライバーの更新

ウェブカメラドライバーをロールバックする

  1. デバイスマネージャ、ウェブカメラを長押し(または右クリック)してから、 プロパティ
  2. を選択 運転者 タブ、選択 ドライバーのロールバック、次に選択 はい。一部のドライバはロールバックオプションを提供しないことに注意してください。
  3. ロールバックが完了したら、コンピューターを再起動し、カメラアプリをもう一度開いてみます。
  4. ロールバックが機能しないか、利用できない場合は、ウェブカメラドライバをアンインストールして、ハードウェアの変更をスキャンします。

ウェブカメラドライバーをアンインストールし、ハードウェアの変更をスキャンします

  1. デバイスマネージャ、ウェブカメラを長押し(または右クリック)してから、 プロパティ
  2. を選択 運転者 タブ、選択 アンインストール > このデバイスのドライバーソフトウェアを削除する、次に選択 OK
  3. デバイスマネージャアクション メニュー、選択 ハードウェアの変更をスキャンする。更新されたドライバーをスキャンして再インストールし、PCを再起動してから、カメラアプリをもう一度開いてみてください。
  4. それでもウェブカメラが機能しない場合は、ウェブカメラ会社のウェブサイトでヘルプを探してください。

ハードウェア変更のスキャン

デバイスマネージャーにカメラが見つからない

カメラがデバイスマネージャーに見つからない場合は、まずデバイスの別のポートでカメラを使用してみてください。それでもうまくいかない場合は、次の手順を試してください。

  1. デバイスマネージャアクションメニュー、選択 ハードウェアの変更をスキャンする。更新されたドライバーをスキャンして再インストールし、コンピューターを再起動してから、カメラアプリをもう一度開いてみてください。
  2. それでもWebカメラが機能しない場合は、Webカメラの製造元のWebサイトにアクセスしてください。

互換モードでWebcamドライバーをインストールする

それでも問題が解決しない場合は、互換モードでドライバーをインストールしてみてください。互換モードでは、以前のバージョンのWindowsの設定を使用してプログラムが実行されます。

  1. 製造元のWebサイトからWebcamドライバーをダウンロードします。
  2. ドライバーセットアップファイルを右クリックして、 'プロパティ'
  3. クリックしてください 「互換性」タブをクリックしてチェックボックスをオンにします 「このプログラムを互換モードで実行する」ドロップダウンメニューからWindows 8 / 8.1または7オペレーティングシステムを選択し、インストールを続行します。これが完了したら、コンピューターを再起動し、問題が解決するかどうかを確認します。

Windowsレジストリ設定の微調整

上記の方法のすべてがこの問題の修正に失敗した場合、Windowsレジストリにいくつかの変更を加えると、これを修正できます。これが役に立ったと思った多くのユーザーがいます。

  • Windows + Rを押して、 再編集 [OK]をクリックして、Windowsレジストリエディターを開きます。
  • レジストリデータベースをバックアップし、次のキーに移動します
  • HKEY_LOCAL_MACHINE>ソフトウェア> Microsoft> Windows Media Foundation>プラットフォーム
  • ここでプラットフォームを右クリックし、[新規]> [DWORD]に移動します。
  • 新しいDWORDファイルを作成し、値を0にします。
  • コンピューターを再起動し、Windowsカメラエラー0xA00F4244が修正されていることを確認します。

ウェブカメラが破損している

時々、あなたのウェブカメラは完全にまたは部分的に損傷しているかもしれません、それはあなたのカメラアプリまたは他のプログラムに問題を引き起こすかもしれません。カメラが物理的に破損していないことを確認してください。このビデオの手順を手動で実行して、ウェブカメラが動作しないWindows 10ラップトップを修正することを確認してください。カメラエラー0xA00F4244が見つからないことを修正してください。

これらのソリューションは、「ラップトップ統合型ウェブカメラがWindows 10で機能しない」の修正に役立ちましたか?以下のコメントでお知らせください。