修正このデバイスはTrusted Platform Moduleを使用できませんBitlockerをオンにしてください

fix this device can t use trusted platform module turn bitlocker



BitLockerは、Windows Vista以降の一部のエディションに含まれているフルディスク暗号化機能です。ボリューム全体を暗号化してデータを保護するように設計されています。 Microsoft WindowsのProfessional、Ultimate、およびEnterpriseエディションに含まれるビットロッカー機能。ドライブを右クリックして[BitLockerをオンにする]を選択すると、Windows 10でボリュームを暗号化できます。 このデバイスはTrusted Platform Moduleを使用できません。そして、BitLocker暗号化を開始できません。完全なメッセージは次のようになります。

このデバイスはTrusted Platform Moduleを使用できません。管理者は、OSボリュームの「起動時に追加の認証を要求する」ポリシーで「互換性のあるTPMなしでBitLockerを許可する」オプションを選択する必要があります。



投稿内容:-

このデバイスはTrusted Platform Moduleエラーを使用できません

あなたもこのエラーで苦しんでいる場合予期しないエラー このデバイスはTrusted Platform Moduleを使用できません ビットロッカーを有効にし、この問題を解決するソリューションを探しています。ここでは、互換性のあるTPMなしでBitlockerを修正および許可するためのヒントをいくつか示します。

トラブルシューティングに移る前に、まずエラーを正確に理解してください。 Trusted Platform Module(TPM)とは何で、管理者ポリシーとは何ですか。

Trusted Platform Module(TPM)とは

これは基本的に、追加のセキュリティ機能を備えた新しいプロセッサに搭載されているチップです。 BitLockerがTPMを使用する場合、暗号化キーはチップ自体に格納されます。 TPMをサポートするチップがない場合でも、BitLockerを使用できますが、暗号化キーをUSBスティックに保存する必要があります。

管理者ポリシー

では、OSボリュームのXおよびYポリシーの選択についてはどうでしょうか。基本的には、BitLockerがTPMの要件なしで機能できるようにするには、グループポリシー設定を変更する必要があります。また、グループポリシーを使用して、互換性のあるTPMなしでBitLockerを許可し(USBフラッシュドライブにパスワードまたはスタートアップキーが必要)、TPMチップなしでBitlockerを有効にすることができます。グループポリシーでこれを行う方法を見てみましょう。

注:このBitlockerはWindows Proエディションでのみ使用できるため、同じもののグループポリシーもProエディションでのみ使用できます。 Group poicy機能は、Windows Homeおよびスターターエディターでは使用できません。

TPMチップなしでWindows 10でBitLockerを有効にする

次に、最初にグループポリシーを開いて、TPMなしでBitlockerを許可する必要があります。このプレス勝利+ R実行タイプ gpedit.msc Enterキーを押します。

オープングループポリシー

オープングループポリシー

グループポリシーエディターで、コンピューターの構成/管理用テンプレート/ Windowsコンポーネント/ BitLockerドライブ暗号化/オペレーティングシステムドライブに移動します。

互換性のあるTPMグループポリシーなしでBitLockerを許可する

互換性のあるTPMグループポリシーなしでBitLockerを許可する

ここで、メインウィンドウの[起動時に追加の認証が必要]をダブルクリックします。 (Windows Server)にも同様のエントリがあるため、適切なオプションを選択するように注意してください。左上の[有効]を選択し、互換性のあるTPMなしでBitLockerを許可する(USBフラッシュドライブのパスワードまたはスタートアップキーが必要)チェックボックスを下にアクティブにします。

互換性のあるTPMグループポリシーなしでBitLockerを許可する02

互換性のあるTPMグループポリシーなしでBitLockerを許可する02

以上で[適用]、[OK]の順にクリックし、グループポリシーエディターを終了します。また、グループポリシーを更新して、変更をすぐに有効にします。これを行うには、実行時にWin + Rを押します。「gpupdate / force」と入力し、Enterキーを押します。

コマンドプロンプトが開き、ポリシーが更新されます。 update closeコマンドが正常に完了したら、Bitlocker Drive Encryptionをオンにするに進みます。今回は、問題やエラーに直面することはありませんでした。

このステップを実行した後、あなたの問題を願っています このデバイスはTrusted Platform Moduleエラーを使用できません ビットロッカーをオンにすると、ベットは修正されます。