Windows 10でWindowsがIPアドレスの競合を検出したことを修正する

fix windows has detected an ip address conflict windows 10



ネットワークとインターネットから切断されたWindows 10 IPアドレスの競合 エラー–「このネットワーク上の別のコンピューターは、このコンピューターと同じIPアドレスを持っています。」このエラーは、同じLANネットワーク上の2台のコンピューターが同じIPアドレスになることを意味します。これが発生すると、両方のコンピュータがネットワークリソースに接続したり、他のネットワーク操作を実行したりできなくなります。このエラーにも苦労している場合は、IPアドレスの競合ウィンドウを修正するための効果的な解決策を以下に示します10。

投稿内容:-



IPアドレスとは

IPアドレスは、コンピュータがネットワークに接続したときに取得する一意のアドレスです。それは、他のすべてのコンピューターおよびネットワークデバイス間でそれを識別するために使用されるコンピューターのアドレスとIDです。例:コンピューター、スマートフォン、またはその他のデバイスをローカルネットワーク/ Wifiネットワークに接続すると、すべてのデバイスに一意のIPアドレスが割り当てられます。これの主な目的は、ネットワークとその要素に重要なアドレス指定技術を提供することです。多くの場合、同じネットワーク上の各デバイスを区別したり、相互に通信したりするために使用されます。

しかし、なんらかの理由または設定ミスが原因で、ネットワーク上の2つの通信エンドポイントに同じIPアドレスが割り当てられている場合、これは結果となります WindowsがIPアドレスの競合を検出しました。ここで、エンドポイントはPC、モバイルデバイス、または個々のネットワークアダプタです。

IPアドレスの競合ウィンドウを修正する10

一時的な不具合により、ルーターが適切なIPアドレスをコンピューターに割り当てられないことがあります。そして、それはエラー「WindowsがIPアドレスの競合を検出しましたこのような場合は、ルーターモデムを再起動すると問題が解決します。

ネットワークアダプターの構成

  • Windows + Rを押して、 ncpa.cpl そして大丈夫
  • これにより、ネットワーク接続ウィンドウが開きます。
  • ここでアクティブなネットワークアダプターを右クリックし、プロパティを選択します。
  • [インターネットプロトコルバージョン4(TCP / IPv4)]を選択し、[プロパティ]をクリックします。
  • 次に、[IPアドレスを自動的に取得する]および[DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する]ラジオボタンを選択します。
  • [OK]をクリックして変更を保存して適用します。ウィンドウを再起動して、IPアドレスの競合エラーがなくなったことを確認します。

IPアドレスを自動的に取得する

TCP / IP構成のリセット

ここで別の効果的な解決策は、 TCP / IP構成をリセットする IPアドレスを解放して更新し、DNSキャッシュをフラッシュすると、ほとんどすべてのネットワークおよびインターネット接続の問題が解決する可能性があります。

コマンドプロンプトを検索し、右クリックして[管理者として実行]を選択します。

以下のコマンドを実行して、PCのTCP / IP構成を完全にリセットします。

  • netsh Winsockリセット
  • netsh int IPリセットc: restlog.txt

次のコマンドを実行して、ネットワーク構成をリセットします。

  • ipconfig / release
  • ipconfig / renew
  • ipconfig / flushdns

TCP / IP構成のリセット

その後、Windowsコンピューターを再起動し、エラーがまだ発生するか、なくなったかをもう一度確認します。

ネットワークアダプターのトラブルシューティングツールを実行する

また、ビルトインネットワークアダプターのトラブルシューティングツールを実行して、問題を自動的に検出して修正し、PCがネットワークとインターネットに接続できないようにします。

  • Windows + Iを押して設定アプリを開き、
  • [更新とセキュリティ]をクリックして、トラブルシューティングします。
  • 右側で、ネットワークアダプターを探して選択します。
  • [トラブルシューティングを実行]をクリックします。
  • プロセスが完了したら、Windowsを再起動します。
  • これが役立つかどうかを確認します。

IPv6を無効にする

また、一部のWindowsユーザーは、IPV6を無効にすると、IP競合エラーが解決されると報告されています。 PCでIPv6を無効にするには、以下の手順に従ってください。

  • Windows + Rを押して、 ncpa.cpl そして大丈夫
  • アクティブなネットワークアダプターを右クリックし、プロパティを選択します。
  • インターネットプロトコルバージョン6(TCP / IPv6)を探してオフにします。
  • [OK]をクリックして変更を保存します

Windowsを再起動し、Windows PCで解決されたIPアドレスの競合エラーを検出したことを確認します。

IPv6を無効にする

ネットワークアダプタードライバーの更新

上記の解決策のいずれもうまくいかない場合は、ネットワークアダプタードライバーを確認して更新してください。ネットワークアダプターのドライバーが破損しているか、現在のWindowsバージョンと互換性がない場合、これは正常に動作しないか、ネットワークアダプターが正しく機能しません。

  • Windows + Xを押して[デバイスマネージャ]を選択します。
  • ネットワークアダプターを展開し、
  • インストールされているネットワークアダプターのドライバーを右クリックし、ドライバーの更新を選択します。
  • 「更新されたドライバソフトウェアを自動的に検索する」オプションを選択します
  • これにより、ネットワークアダプターの最新のドライバーが利用可能であれば、チェックされてインストールされます。
  • プロセスの完了後にWindowsを再起動し、これを確認して、IPアドレスの競合ウィンドウを修正します10。

これらのソリューションは、WindowsがIPアドレスの競合を検出したのを修正するのに役立ちましたか?以下のコメントについてお知らせください。