Windows 10でワイヤレス機能がオフになるエラーを修正する

fix wireless capability is turned off error windows 10



最近のWindows 10 Fall作成者がバージョン1709を更新した後、Windowsユーザーがレポートする突然WiFi接続が切断される。接続できるデバイスがありません。トラブルシューティングを試行すると、エラーが発生します:」 ワイヤレス機能がオフにされます '(ラジオはオフです)。これは、ネットワーク関連の問題です。ほとんどの場合、ワイヤレスデバイスが無効になっているために発生します。通常は有効になっていますが、いくつかの問題により無効になっています。また、互換性のない/古いネットワークアダプタードライバー、またはワイヤレスネットワークアダプターの誤った電源管理設定が原因の場合もあります。 ワイヤレス機能がオフにされます エラー。

投稿内容:-



ワイヤレス機能がオフになっているのを修正

これも取得している場合 ワイヤレス機能がオフにされます Windows 10ラップトップのエラー、またはネットワーク接続が切断されますか?ここでこれを取り除くためのいくつかの適用可能な解決策。

注:Windows 10、8.1、および7コンピューターでワイヤレス機能がオフになっているエラーを修正するためのベローソリューションも適用可能です。

WiFi ONの切り替え

最初にWiFiがオンになっていることを確認します。物理ボタンを誤って押して、 WiFiをオフにする または、一部のプログラムが無効にした可能性があります。これにより、このワイヤレス機能がオフになっているエラーが発生することがあります。 ほとんどのラップトップには、ワイヤレスのオン/オフを切り替えるラップトップの側面(または前面)に小さなスイッチがあります。 スイッチがオンになっていることを確認してください。もう一度WiFiファンクションキーのキーボードを確認し、それを押してWiFiを再度有効にします。ほとんどの場合、Fn(ファンクションキー)+ F2、またはF5およびF12

wifiファンクションキーワイヤレス機能をオンにします

wifiファンクションキーワイヤレス機能をオンにします

また、Windows 10ユーザーの場合は、次のように入力します。 Wi-Fi スタートメニューの検索ボックス。次にクリック Wi-Fi設定を変更する 結果から、Wi-Fiステータスが オン

Wi-Fiステータスはオンです

Windows 7およびWindows 8 /8.1ユーザーの場合、Win + Rを押し、次のように入力します。 ncpa.cplそしてエンターキーを押してください。ここでワイヤレスアダプタを探し、有効になっていることを確認します。そうでない場合は、右クリックして[有効にする]を選択します。

ワイヤレスネットワークアダプターの電源管理設定を微調整する

Win + Rを押して、 devmgmt.msc Enterキーを押します。これにより、デバイスマネージャーが開き、インストールされているすべてのドライバーの一覧が表示されます。ここでネットワークアダプタを使い、インストールされているネットワークアダプタドライバをダブルクリックします。新しいポップアップウィンドウが開きます。ここで電源管理タブに移動し、 チェックを外す オプション コンピュータがこのデバイスをオフにして電力を節約できるようにします。

コンピュータがこのデバイスの電源をオフにして電力を節約できるようにするオプションのチェックを外します

WiFiアダプタードライバーの更新

また、破損している古いネットワークアダプタードライバーは別のネットワークおよびインターネット関連の問題を引き起こします。ネットワークアダプタードライバーを更新/再インストールして、古い破損したネットワークアダプタードライバーが問題の原因となっていないことを確認してください。

最初に他のコンピューターで可能な場合問題のあるラップトップ/デバイスの製造元のWebサイトにアクセスし、利用可能な最新のネットワークアダプタードライバーをダウンロードして保存します。 Win + Rキーを押してデバイスマネージャーを開き、次のように入力します。 devmgmt.msc Enterキーを押します。次に、[ネットワークアダプター]を展開し、右クリックして[ドライバーの更新]を選択し、オプションを選択して、更新されたドライバーソフトウェアを自動的に検索し、画面の指示に従って、最新のドライバーバージョンを更新してインストールします。

WiFiアダプタードライバーを再インストールします

また、デバイスマネージャーでネットワークアダプタードライバーを再インストールするだけで、ネットワークアダプターを展開し、インストールされているWiFiアダプタードライバーを右クリックして、アンインストールを選択します。次に、次の起動時にウィンドウを再起動します。Windowsがインストールされていない場合は、基本的なWiFiドライバーをインストールしてから、[アクション]をクリックし、ハードウェアの変更をスキャンして同じものをインストールします。

インストールしたドライバーをもう一度右クリックして、更新ドライバーを選択し、次の画面で[コンピューターを参照してドライバーを検索する]を選択します。次に、デバイスの製造元のWebサイトからダウンロードしたドライバーパスを選択し、画面の指示に従って最新のドライバーをインストールします。その後、ウィンドウを再起動して変更を有効にします。

Wifiアダプタードライバーを再インストールします

Windowsネットワーク診断のトラブルシューティングツールを実行する

上記の手順を実行した後、ネットワーク診断トラブルシューティングツールを実行します。そして、WindowsにWiFi接続を妨げる可能性のある他の問題を修正させます原因 ワイヤレス機能がオフにされます エラー。

これを行うには、[設定]> [ネットワークとインターネット]> [ステータス]を開き、[ネットワークトラブルシューティング]リンクをクリックします。

ネットワークトラブルシューティングツールを実行する

これにより、ネットワークのトラブルシューティングツールが開きます。 Windowsネットワーク診断ツール。ネットワーク/インターネット接続を妨げる可能性のある問題を確認します。問題が見つかった場合は、同じ問題を解決しようとします。 Windows 10でワイヤレス機能がオフになるエラーを修正することもできます。

これらは、Windows 10ラップトップでワイヤレス機能がオフになっているエラーを修正するための最も適切なソリューションです。上記の手順を適用して、ワイヤレス機能がオフになっているというエラーが解決されることを願っています。まだ質問、提案、または困難に直面しています。以下のコメントでお気軽にご相談ください。

また読む