Windows 10のデバイス間でクリップボード同期を有効にする方法!

Windows 10バージョン1809 マイクロソフトは、 クリップボード体験 クラウドを利用して、デバイス間でコンテンツをコピーして貼り付けます。新しいクラウド対応のクリップボードにより、Windows 10ユーザーはアプリからコンテンツをコピーし、iPhoneやAndroidハンドセットなどのモバイルデバイスに貼り付けることができます。 (Windowsキー+ V)ショートカットで新しいクリップボードを開くことができます。これにより、新しいクリップボードインターフェイスが開き、履歴から何かを貼り付けたり、定期的に使用するコンテンツを固定したりすることもできます。

マイクロソフトはその活用 Swiftkeyキーボード これを有効にする クリップボード 機能性。新しいタブがキーボードに表示され、Windows 10 PCからコピーされたコンテンツのリストが表示されます。これは、MacからコンテンツをコピーしてiPhoneのアプリに貼り付けたり、その逆を行うことができるApple独自のユニバーサルクリップボードとよく似ています。 Appleのユニバーサルクリップボードは独自のエコシステムに限定されていますが、MicrosoftのクラウドクリップボードはWindows、iOS、Androidで動作するように設計されています。



クラウド駆動のクリップボード



ただし、デバイス間でコンテンツを同期する機能は、デフォルトでは有効になっていません。デバイス間でクリップボード履歴にアクセスする場合は、新しいクリップボード設定ページでオプションを手動で有効にする必要があります。

ここでは、この機能(デバイス間でクリップボード履歴を同期)を有効にして、デバイス間でコンテンツを同期する方法について説明します。



  • Windows + Iを押して、Windows 10デバイスで[設定]を開きます。
  • [設定]で、[システム]に移動します。
  • システム設定で、クリップボードオプションを選択します
  • 右側の[デバイス間で同期]セクションで、Microsoftアカウントにログインし、[開始]をクリックするように求められる場合があります。

Windows 10でCloud Clipboard機能を有効にする

  • 同じセクションで、「デバイス間で同期」を有効にするためのトグルボタンが提供されます。それをオンにします。
  • デバイス間で同期する方法を選択できるようになりました。自動的かどうか。

コピーしたテキストを自動的に同期する –これは、クリップボードにコピーしたすべてのものがすべてのデバイス間で自動的に同期されることを意味します。

コピーしたテキストを自動的に同期しない –これを選択した場合は、WIN + vショートカットを使用してクリップボードインターフェイスを自動的に開き、すべてのデバイス間で同期するコンテンツを選択する必要があります。



クリップボード同期オプション

上記の手順を完了すると、クリップボード機能を使用して、選択した設定に応じてクリップボードからコンテンツを同期できるようになります。同じ手順に従ってボタンをオフに切り替えることで、後でこの機能をオフにすることができます。

また読む