Windows 10でSSD(ソリッドステートドライブ)のパフォーマンスを最適化する方法

how optimize ssd performance windows 10



なので SSDはHDDより速い ほとんどのWindows 10ユーザーは、比較的新しいPCを入手した場合でも、自分でアップグレードした場合でも、SATAハードドライブからSSDに切り替えています。また、Microsoftは、私たちのほとんどがSSDを使用しているという前提の下で、OSの最適化に多大な努力を注いでいます。まだ改善の余地があります。 SSDを搭載したWindows 10、8.1、または8のシステムベースのコンピューターを使用している場合、またはSSDを計画している場合は、以下の推奨される方法を使用してください。 SSD(ソリッドステートドライブ)Windows 10向けの最適化 ベースのコンピュータシステム。

投稿内容:-



TRIMが有効であることを確認する

TRIMコマンドを使用すると、SSDに、使用されなくなったブロックからデータを消去するよう通知できます。これらのブロックを消去すると、書き込み速度が低下し、寿命を通じて最適なパフォーマンスが維持されます。

デフォルトでは、TRIM機能はWindows 7、8、8.1、および10で有効にする必要がありますが、場合によっては有効にならないことがあります。 TRIMが正しく構成されていることを確認する方法は次のとおりです。

  1. スタートメニューの検索でcmdと入力し、コマンドプロンプトを右クリックして、管理者として実行を選択します。
  2. 次のコマンドを入力してEnterキーを押します

微妙な動作クエリDisableDeleteNotify

トリムが有効になっていることを確認してください

コマンドを実行すると、次の結果が得られるはずです ゼロ(0)、 これは、TRIMが有効であることを意味します。あなたが結果を得るなら 1つの場合、TRIMが無効になっていることを意味します。

システムでTRIMが無効になっている場合、次のことを行う必要があります。

管理者としてコマンドプロンプトを開き、次のように入力します

微妙な動作クエリDisableDeleteNotify 0

TRIMが有効になり、 DisableDeleteNotify = 0

SATAコントローラーをAHCIモードに設定する

SSDは、AHCI(Advanced Host Controller Interface)モードでより適切に動作します。最新のマザーボードのSATAコントローラーのほとんどは、デフォルトでAHCIに設定されています。 デバイスマネージャ >> IDE ATA / ATPIコントローラー

IDEにSATAコントローラーモードが表示された場合は、次の手順でIDEからAHCIに変更します。

  1. オープンSシステム構成、使用 ウィンドウズ+ R ショートカットキーと入力 msconfig
  2. ブート タブ、選択 安全な起動 そして押す 申し込む
  3. これにより、Windowsがセーフモードで起動します。
  4. 今開く 走る を押してメニュー Windowsキー + R
  5. 入力する Regedit Enterキーを押して、Windowsレジストリエディターを開きます。
  6. Windowsレジストリデータベースをバックアップしてから、 HKEY_LOCAL_MACHINE System CurrentControlSet services iaStorV REG_DWORDを変更します 開始 右クリックして変更を押すと、3から0になります。
  7. 次に移動します HKEY_LOCAL_MACHINE System CurrentControlSet services msahci を変更する同じ手順に従います 開始 値を0にします。
  8. Regeditにこれらの2つの変更を加えたら、PCを再起動してBIOSに入り、IDEからAHCIモードに切り替える必要があります。これで完了です!

SATAコントローラーをAHCIモードに設定する

SSDファームウェアを更新する

SSDが正常に動作していることを確認するには、SSDのファームウェアアップデートを常に把握しておくことをお勧めします。残念ながら、これらは自動化されていません。このプロセスは不可逆的であり、たとえばソフトウェアの更新よりも少し複雑です。

SSDの製造元ごとにSSDファームウェアをアップグレードする独自の方法があるため、SSD製造元の公式Webサイトにアクセスし、そこからガイドに従ってください。

SSDファームウェアを更新する

SSD速度の大部分は、Windows検索用のファイルのインデックス作成に消費されます。これは、SSDにすべてのものを保存する場合に役立ちますが、ドライブに新しいデータを追加するたびに発生する定期的なインデックス作成プロセスが原因で速度が低下する場合は、煩わしい場合があります。このような環境では、インデックス作成プロセスによる速度の向上は不必要であるため、SSDを使用しないほうがよいでしょう。

  1. [スタート]メニューをクリックし、[コンピュータ]をクリックします。
  2. SSDを右クリックして、[プロパティ]をクリックします。
  3. [ファイルのプロパティに加えてコンテンツにインデックスを付けることをファイルに許可する]チェックボックスをオフにして、[OK]をクリックします。

これを行うと、オペレーティングシステムはこれをドライブ上のすべてのファイルとフォルダーに適用します。インデックスからファイルを削除できなかったことを示すダイアログが表示された場合は、[すべて無視]をクリックします。これにより、プロセスが合理化され、エラーは無視されます。

Windowsは、現在使用していないが頻繁に使用するプログラムに属する物理メモリと仮想メモリに情報を配置することがあります。これは「プリフェッチ」および「スーパーフェッチ」として知られています。 SSDの仮想メモリに対処する必要がある場合は、これら2つの機能を廃止することをお勧めします。

これらは、レジストリエディタの次の場所にあります。

HKLM SYSTEM CurrentControlSet Control Session Manager Memory Management PrefetchParameters

「EnablePrefetcher」と「EnableSuperfetch」の2つの値として。両方の値をゼロに設定して、それで完了です!

プリフェッチとスーパーフェッチを無効にする

ページファイルの管理

セカンダリドライブがある場合は、SSDではなくそのドライブにページファイルを配置することをお勧めします。セカンダリドライブがない場合は、ページファイルのサイズを小さくすることができます。

  1. Windowsキーを押したままPause(Break)を押すと、両方がリリースされ、まるで魔法のようにシステムプロパティウィンドウが表示されます。
  2. システムウィンドウで、[システムの詳細設定]をクリックします。
  3. [システムのプロパティ]ウィンドウと[詳細設定]タブ。 [パフォーマンス]ボックス内の[設定]をクリックします。
  4. [パフォーマンスオプション]ウィンドウ。 [詳細]タブをクリックし、[変更]をクリックします。
  5. [仮想メモリ]ウィンドウ。すべてのドライブのページングファイルサイズを自動的に管理するのチェックを外します。
    ページングファイルなし

  6. 2番目のドライブにページングファイルを移動するか、カスタムサイズを使用してページングファイルのサイズを変更する場合は、SSDを選択して[ページングファイルなし]に設定します。
  7. 2台目のドライブに移動する場合。 2番目のドライブを選択し、[システムサイズの管理]をクリックするか、[カスタムサイズ]で設定して、ウォンのページングファイルサイズを設定します。

Windowsは、不要になったことをすばやく実装できます。 SSDはフラッシュメモリ上で動作するため、ディスク上の内容を簡単に上書きできます。したがって、コンピュータのシャットダウン中にページファイルを消去する必要はありません。これにより、Windowsのシャットダウンプロセスがはるかに高速になります。一方、LargeSystemCacheは主にWindowsのサーバーバージョンに存在し、ドライブ上のページに大きなキャッシュを使用する必要があるかどうかをコンピューターに通知します。

これらのオプションは両方とも、レジストリエディタの以下にあります。

  • Windows + Rを押して、 再編集 Windowsのレジストリエディターを開いてもかまいません。
  • 次に、次のパスに移動します
  • コンピューター HKEY_LOCAL_MACHINE Current ControlSet Control Session Manager Memory Management
  • メモリ管理をダブルクリックし、その値を0に設定します

Windowsを再起動すると、違いが感じられ、コンピューターがよりスムーズに実行されます。また、これらを適用します Windows 10の最適化の微調整 ラップトップ/デスクトップPCの高速化に役立ちます。