Windows 10でWindows Updateコンポーネントをリセットする方法(更新)

マイクロソフトは定期的にプッシュ セキュリティ更新 新機能、セキュリティの改善、バグの修正により、サードパーティのアプリによって作成されたセキュリティホールにパッチを適用します。また、Windows 10では、マシンがMicrosoftサーバーに接続するたびに、最新のWindowsアップデートを自動的にダウンロードしてインストールすることが義務付けられています。これはPCを保護するための良いアイデアですが、一部のTimesユーザーは、Windowsで更新をダウンロードしてインストールしようとしたときに、多くの一般的な問題に遭遇します。がある これらの問題を解決する多くの解決策 しかし、Windowsの専門家は Windows更新コンポーネントをリセットする 多くのアップデート関連の問題を修正するための最も実用的なソリューションです。

説明したように、Windows Updateに関連するさまざまな問題のトラブルシューティングにはいくつかの方法がありますが、これが頻繁に発生する場合は、Windows Updateコンポーネントをデフォルトにリセットすることをお勧めします。これは、Windows Updateがインストールに失敗した場合、更新のダウンロード中に更新がスタックした場合、別のエラーコードで別の更新のインストールが失敗した場合に役立ちます。



投稿内容:-



Windows Updateコンポーネントをリセットする

Windows 10コンピューターで別の更新インストールエラーが発生した場合、別の解決策を試しても問題は解決しません。ここでは、各Windows Updateコンポーネントを個別にWindows 10のデフォルトにリセットする方法を示します。ソフトウェア配布フォルダーを変更して、Windows Updateコンポーネントを手動でリセットすることもできます。とCartoot2フォルダー。または、事前に作成された.batファイルを使用してWindows Updateコンポーネントを自動的にリセットできます。まず、Windows Updateコンポーネントを手動でリセットします。

注意: Windows更新コンポーネントをリセットするアクションを実行する前に、システムの復元ポイントを作成することをお勧めします。これにより、更新やソフトウェアのインストールなどの重要な操作の前に、特定のファイルと情報のスナップショットが作成され、変更が行われます。したがって、変更を行った後に何か問題が発生した場合は、 システムの復元の実行



Windows Updateコンポーネントを手動でリセットする

更新コンポーネントを手動でリセットするにはまず、管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。これを行うには、[スタート]メニューの検索をクリックし、cmdと入力し、検索結果からコマンドプロンプトを右クリックして、[管理者として実行]を選択します。

次に、いくつかのWindows Update関連サービスを停止する必要があります。次のコマンドを1つずつ入力するか、Win + Rキーを押してWindowsサービスを開くか、 Services.msc Enterキーを押します。ここで次のサービスを探します。右クリックして、これらの更新関連サービスを停止します。

コマンドプロンプトでこれらのコマンドを入力し、Enterキーを押してコマンドを実行します。



ネットストップビット (バックグラウンドインテリジェント転送を停止するには サービス

net stop wuauserv (Windows Updateサービスを停止するには)

ネットストップappidsvc (Application Identityサービスを停止するには)



ネットストップcryptsvc (カタログデータベースサービスを停止するには)

これらのコマンドは、BITS、Windows Update、および暗号化サービスを停止します。



今これらのサービスを停止した後、私たちはする必要があります qmgr * .datファイルを削除する。 (Windows Updateコンポーネントをリセットするには、ファイルを削除する必要があります。)そして、以下のコマンドを使用して同じものを削除します。

Del「%ALLUSERSPROFILE% Application Data Microsoft Network Downloader qmgr * .dat」



コマンドをそのままコピーし、コマンドを通過したら、Enterキーを押してコマンドを実行します。

ソフトウェア配布フォルダをリセット

次に、すべての更新ファイルが保存されているソフトウェア配布フォルダーをリセットします。コマンドを入力することができます



Ren%systemroot% SoftwareDistribution SoftwareDistribution.bak

Enterキーを押して、現在のソフトウェア配布フォルダの名前を変更します softwaredistribution.bak。または、C: Windows SoftwareDistributionから手動でフォルダーの名前を変更し、SoftwareDistribution.bakに名前を変更することもできます。

SoftwareDistributionフォルダーの名前を変更する

Catroot2フォルダをリセット

ここでも、Catroot2フォルダーの名前を変更する必要があります。コマンドRen%systemroot% system32 catroot2 catroot2.bakを入力し、Enterキーを押してコマンドを実行します。または、C: Windows System32を開いて、CatrootとCatroot2フォルダーを探して名前を変更します。 .bak付き。

バックグラウンドインテリジェント転送および更新サービスのリセット

今、私たちはする必要があります BITSサービスとWindows Updateサービスを既定のセキュリティ記述子にリセットする。これを行うには、もう一度コマンドベローを1つずつ入力し、Enterキーを押してコマンドを実行します。

sc.exe sdsetビットD:(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; SY)(A ;; CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO ;;; BA)(A ;; CCLCSWLOCRRC ;;; AU)(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;;;

BITSサービスをリセットするコマンド

以下のネストタイプコマンド:

sc.exe sdset wuauserv D:(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; SY(A ;; CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO ;;; BA)(A ;; CCLCSWLOCRRC ;;; AU(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;;;

そのタイプの後 cd / d%windir% system32 コマンドはEnterキーを押します。次に、BITSファイルとWindows Update関連のdllファイルを再登録します。このため、次のコマンドを1つずつ実行する必要があります。

Windows Update関連のdllファイルを再登録する

  • regsvr32.exe atl.dll
  • regsvr32.exe urlmon.dll
  • regsvr32.exe mshtml.dll
  • regsvr32.exe shdocvw.dll
  • regsvr32.exe browseui.dll
  • regsvr32.exe jscript.dll
  • regsvr32.exe vbscript.dll
  • regsvr32.exe scrrun.dll
  • regsvr32.exe msxml.dll
  • regsvr32.exe msxml3.dll
  • regsvr32.exe msxml6.dll
  • regsvr32.exe actxprxy.dll
  • regsvr32.exe softpub.dll
  • regsvr32.exe wintrust.dll
  • regsvr32.exe dssenh.dll
  • regsvr32.exe rsaenh.dll
  • regsvr32.exe gpkcsp.dll
  • regsvr32.exe sccbase.dll
  • regsvr32.exe slbcsp.dll
  • regsvr32.exe cryptdlg.dll
  • regsvr32.exe oleaut32.dll
  • regsvr32.exe ole32.dll
  • regsvr32.exe shell32.dll
  • regsvr32.exe initpki.dll
  • regsvr32.exe wuapi.dll
  • regsvr32.exe wuaueng.dll
  • regsvr32.exe wuaueng1.dll
  • regsvr32.exe wucltui.dll
  • regsvr32.exe wups.dll
  • regsvr32.exe wups2.dll
  • regsvr32.exe wuweb.dll
  • regsvr32.exe qmgr.dll
  • regsvr32.exe qmgrprxy.dll
  • regsvr32.exe wucltux.dll
  • regsvr32.exe muweb.dll
  • regsvr32.exe wuwebv.dll

Winsockをリセットする

ウィンソック Windowsネットワークソフトウェアがネットワークサービス、特にTCP / IPにアクセスする方法を定義します。 Windows OSには、ダイナミックリンクライブラリ(DLL)ファイルが付属しています。 winsock.dll APIを実装し、WindowsプログラムとTCP / IP接続を調整します。何らかの理由でWinsockが破損した場合。インターネットへの接続を確立するのが難しい場合があります。したがって、Winsockをリセットすることは良い解決策です。そして、あなたは簡単なコマンドラインでこれを行うことができます。

  • Windowsキー+ Rを押して実行を開き、
  • タイプ netsh winsockリセット [OK]をクリックしてコマンドを実行します。

Winsockリセット

更新関連サービスを開始する

最後に、上記のことを行った後、最初に停止した更新サービスを開始する必要があります。これを再度行うには、管理者としてコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを入力してEnterキーを押し、コマンドを実行します。

まずはタイプ ネットスタートビット バックグラウンドインテリジェント転送を開始するには サービス。

次に入力します net start wuauserv Windows Updateサービスを開始します。

次のタイプ ネットスタート appidsvc アプリケーションIDを開始するには サービス。

最後に、ネットスタート cryptsvc カタログデータベースサービスを開始するには

これですべてです Windows更新コンポーネントをリセットする。ただし、これらの変更を有効にするには、ウィンドウを再起動する必要があります。次に、最新のWindowsアップデートを確認します。

更新コンポーネントを自動的にリセットする

これらの手順を手動で実行したくない場合は、次のスクリプトを使用して同じものをメモ帳にコピーし、任意の名前.batで保存します。次に、batファイルスクリプトを実行した後、上記の手順が自動的に実行されます。そして、ウィンドウの更新コンポーネントを自動的にリセットします。

まず、以下をコピーしてメモ帳に貼り付けます。次に、ファイル->名前を付けて保存->すべてのファイルを選択-> exという名前を付けます> updatereset.bat(.batは必須です)をクリックして保存します。次に、updatereset.batを右クリックして、管理者として実行します。これはあなたのためのものです。数秒待ってからウィンドウを再起動し、アップデートを確認します。今回は、アップデートのダウンロードとインストール中にエラーが発生しなかったと思います。

更新リセットbatファイルを作成する

@ECHO OFFエコーWindowsエコーをリセット/クリアするシンプルスクリプト。エコーを一時停止します。 attrib -h -r -s%windir% system32  catroot2 attrib -h -r -s%windir% system32  catroot2  *。* net stop wuauserv net stop CryptSvc net stop BITS ren%windir% system32  catroot2 catroot2 .old ren%windir% SoftwareDistribution sold.old ren '%ALLUSERSPROFILE% application data  Microsoft  Network  downloader' downloader.old net Start BITS net start CryptSvc net start wuauserv echo。 echoタスクは正常に完了しました...エコー。一時停止

Windows Updateコンポーネントのリセットにより、Windows Updateに関連するすべての問題(更新のインストールが滞る、Windowsの更新エラー、更新のダウンロード以外)などが解決されることを願っています。まだクエリの提案がありますこの投稿については、以下にコメントしてください。

また読む: