Windows 10バージョン2004でスニップ&スケッチを使用してスクリーンスニップを取得する方法

how take screen snip with snip sketch windows 10 version 2004



2018年10月のアップデートバージョン1809以降、Windows 10には新しいスクリーンショットユーティリティ(切り取りとスケッチ)注釈ツールを使用すると、画面のセクション、単一のウィンドウ、または画面全体のスクリーンショットを簡単に撮ることができます。スクリーンショットを撮ると、新しい 切り取りとスケッチツール そこに描画して、矢印やハイライトなどの注釈を追加できます。また、新しいSnip&Sketchツールは、スクリーンショットを自動的にクリップボードに追加するので、スクリーンショット共有プロセスを合理化できます。

それは古いものに取って代わるかなりシンプルなツールです スニッピングツール、Windows 10デバイスでスクリーンショットを撮って編集できます。新しい切り取りとスケッチツールを開く方法と、それを使用してスクリーンショットを撮る方法を見てみましょう。



Snip&Sketchでスクリーンショットを撮る方法

スクリーンショットを撮るには、Snip&Sketchツールを使用して、まず[スタート]メニューからショートカットをクリックしてユーティリティを開きます。

切り取りとスケッチを開く

また、ユーザーは次のキーコンボを使用できます。 Windowsキー+ Shift + S リージョンショットを直接開始します。または、Print Screenキーを押してアクティブにすることもできますが、このオプションはキーボード設定からアクティブにする必要があります。

  • 設定を開きます。
  • Ease of Accessをクリックします。
  • キーボードをクリックします。
  • [Print Screen shortcut]で、[Use PrtScn]ボタンを使用して画面を切り取る切り替えスイッチをオンにします。

PrtScnボタンを使用して画面の切り取りを開きます

「新規」をクリックすると、「今すぐ切り取る」という3つのオプションと、3秒と10秒の遅延のある2つのオプションがあります。

新しい切り取り

切り取りをクリックすると、画面が灰色になり(Snipping Toolと同じように)、上部にいくつかのオプションが表示され、どの種類のスクリーンショットを撮るかを選択できます。

  • 長方形クリップ –これを使用して、画面上でマウスカーソルをドラッグし、長方形の形状を形成することにより、画面の部分的なスクリーンショットを撮ることができます。
  • フリーフォームクリップ –このオプションを使用すると、自由な形とサイズで画面のスクリーンショットをフリーフォームで撮ることができます。
  • フルスクリーンクリップ –このオプションは、画面全体のスクリーンショットを即座に取得します。

デフォルトでは、最初のオプション– 長方形クリップ –有効なものです。マウスカーソルを画面上でドラッグすると、長方形のスクリーンショットが撮られます。

形状を描画して画面の切り取りを作成する

スクリーンショットを撮ると、 切り取りとスケッチ アプリが開き、新しく作成したスクリーンショットに、注釈を付けるいくつかのオプションが表示されます。これで、アプリを使用してスクリーンショットを編集できます。ルーラー、さまざまなインクの色、トリミングなど、スクリーンスケッチツールバーにはさまざまなオプションがあります。

切り取りとスケッチで編集

編集が完了したら、アプリの右上隅にある共有アイコンをクリックすると、ファイルを共有できるアプリ、ユーザー、デバイスのリストが表示されます。エクスペリエンスは、Windows 10の他の共有機能と同様です。 近くの共有

新しい 切り取りとスケッチ アプリは以前よりもWindows 10と統合されています スニッピングツール 使いやすいはずです。この新しいことについてどう思いますか 切り取りとスケッチ アプリ、それはスニッピングツールのより良い置き換えですか?以下のコメントであなたの経験を共有してください。

また読む