Windows Server 2012デスクトップエクスペリエンス機能のインストールと構成

install configure windows server 2012 desktop experience feature



Windows Server 2012デスクトップエクスペリエンスとして、機能はユーザーインターフェイスの下に移動されています。そして多くの人々がそれがもはやそこにないと信じているかもしれないインフラストラクチャ。ここでこの投稿をインストールする方法について説明します デスクトップエクスペリエンスの構成 Windows Server 2012 r2の機能。

Windows Server 2012デスクトップエクスペリエンス機能は、次のコンポーネントをインストールします



1. Windows Media Player
2.デスクトップテーマ
3. Windows用ビデオ(AVIサポート)
4. Windows SideShow
5. Windows Defender
6.ディスクのクリーンアップ
7.同期センター
8.サウンドレコーダー
9.文字マップ
10.切り抜きツール

Windows Server 2012デスクトップエクスペリエンス機能をインストールしても、インストールする機能は自動的にはオンになりません。インストール後、構成の変更が必要な機能を手動で有効にする必要があります。たとえば、デスクトップテーマを使用するには、Microsoft管理コンソールのサービススナップインを使用して、テーマサービスを有効にして開始します。次に、テーマを選択します。

Windows Server 2012デスクトップエクスペリエンス機能のインストール

Windows Server 2012のデスクトップエクスペリエンス機能は、ユーザーインターフェイスとインフラストラクチャ機能の下にあります。 Windows Server 2012デスクトップエクスペリエンス機能をインストールするには、次の手順を実行します。

サーバーマネージャー> [管理]> [役割と機能の追加]を開きます。
Add-Role-and-features

[次へ]をクリックするだけで、[開始する前に]ページをスキップできます。インストールタイプのページで、デフォルトの役割ベースまたは機能ベースのインストールを維持して、[次へ]をクリックします。

サーバーの選択ページで、現在のサーバーが既に選択されているはずです。選択されていない場合は、サーバープールで操作するサーバーを選択し、[次へ]をクリックします。次に、[次へ]をクリックしてサーバーの役割の画面をスキップします。次に、[機能]ページで、下にスクロールして(リストはアルファベット順で一番下に近い)ユーザーインターフェイスとインフラストラクチャ機能を展開し、デスクトップエクスペリエンスのチェックボックスをオンにします。

これにより、必要なコンポーネントまたはサービス「インクと手書きサービス」および「メディアファンデーション」をインストールするように求められます。 [機能の追加]をクリックします。

[インストールオプションの確認]ページで、(必要に応じて)必要に応じて[移行先サーバーを自動的に再起動する]を選択します。インストール後、デスクトップエクスペリエンス機能の一部を使用する前に、サーバーを再起動する必要があります。

再起動後の構成

コンピュータがインストールを完了するまで待ち、Windowsの機能を設定して再起動します。

ログイン後のシステムの再起動後、新しいアプリケーションがインストールされたスタート画面が表示されます。

次にデスクトップタイルをクリックします。通常のデスクトップ画面で、空白の場所のどこかを右クリックして[カスタマイズ]を選択すると、Windows 8のテーマを選択できます。ただし、カラースキーマはデフォルトではデスクトップの背景の全体的な色(デフォルトではWindows Server 2012の灰色の背景)によって決定されるため、すべてが灰色のままです。この動作は、Personalization画面のColorオプションをクリックして変更できます。

この機能をインストールすると、次のような影響があります。

スタート画面に追加されたアプリケーション:Windowsストア/デフォルトプログラム/ Windows Media Player /文字マップ/ディスククリーンアップ/スニッピングツール/サウンドレコーダー/数式入力パネル。

起動時に、クラシックデスクトップの代わりにスタート画面が自動的に表示されます。

チャームバー(画面右側のバー)には、[検索]、[スタート]、[設定]ボタンの横に[共有]と[デバイス]があります。

チャームバーの[設定]オプションには、Windows 8バージョンのコントロールパネルである[PC設定の変更]オプションもあります。

従来のデスクトップのコンテキストメニューには、[パーソナライズ]オプションが追加されています。

アプリケーション:Windowsメール、Windowsフォトビューアー

サービス:ActiveXインストーラー、オフラインファイル、Windows画像取得(WIA)、システムイベントブローカー、タイムブローカー、Webクライアント、静止画像取得イベント、Microsoftアカウントサインインアシスタント。

その他:さまざまなスクリーンセーバー、Windowsエクスプローラーから.isoを書き込む機能、コントロールパネルの同期センター、Adobe Flash Player

Windows Server 2012デスクトップエクスペリエンスの段階的なインストールと構成については、このビデオを参照してください