Windows 10 1809で利用可能なKB4469342(OSビルド17763.168)、多数のバグ修正

kb4469342 os build 17763



マイクロソフトはついに安定した累積的なアップデートをリリースしました KB4469342(OSビルド17763.168) その最新の Windows 10 October 2018アップデート 大量のバグ修正が含まれています。インストールする会社によると KB4469342 バンプ、OS Windows 10ビルド17763.168 マッピングされたネットワークドライブが起動時に切断される原因となったいくつかの問題(ユーザーレポート)、アプリをデフォルトとして設定しようとする問題、明るさの調整に関する問題、Bluetooth、黒い画面、Microsoft Edgeなどに対処します。

投稿内容:-

Windows 10 Build 17763.168をダウンロード

累積的な更新プログラムKB4469342 Windows 10 October 2018 Updateを実行しているすべてのデバイスに、Windows Update経由で自動的にダウンロードしてインストールします。それでも更新プログラムKB4469342を受け取っていない場合は、[設定]-> [更新とセキュリティ]-> [更新を確認]からWindows Updateを強制的にインストールして、同じものをインストールできます。

Windows 10 Build 17763.168をダウンロード

注:Windows 10 1803をまだ実行している場合は、方法 Windows 10にアップグレードする 2018年10月の更新バージョン1809。

また、KB4469342(OSビルド17763.168)のオフラインパッケージもダウンロードでき、以下のリンクから入手できます。

新しいWindows 10ビルド17763.168とは何ですか?

Microsoftによると、最新のアップデートにはいくつかのバグ修正が含まれています サポートページ、KB4469342をインストールすると、次の点に対処できます。

  • デバイスの再起動時に輝度スライダーの設定が50%にリセットされる問題を解決しました。
  • 一部のユーザーが、open with .commandまたはsettings> Defaults App> Appsを使用して、特定のアプリとファイルタイプの組み合わせに対してwin32プログラムのデフォルトを設定できない問題を解決します。
  • Windowsデバイスを起動してログオンした後、マップされたドライブが再接続に失敗する可能性がある問題に対処します。
  • マルチモニター構成を変更すると、ディスプレイ設定が機能しなくなる問題を解決しました。
  • 特定の照明条件でカメラアプリを使用すると、写真の撮影が大幅に遅れる問題を解決しました。
  • Bluetoothヘッドセットが数分のリスニング後にオーディオ入力を受信できなくなる問題を解決しました。

Microsoft Intuneを含むエンタープライズユーザー向けの機能強化もあります。同社は次のように説明しています。
「ファイアウォールが誤って「悪い」ステータスを返すため、デバイスが非対応として誤ってマークされる原因となるMicrosoft Intuneの問題に対処します。その結果、影響を受けるデバイスは条件付きアクセスのコンプライアンス承認を受けず、電子メールなどの企業リソースへのアクセスがブロックされる可能性があります。」

2つの既知の問題

また、同社はこの累積的な更新プログラムで2つの既知の問題について言及しています。どちらも以前のWindows 10の更新プログラムにもありました。 1つはWindows Media Playerに影響を与え、シークバーを非表示にします。修正は来週行われます。もう1つは、NVIDIAドライバーが原因でMicrosoft Edgeがクラッシュする原因となります。注:Nvidiaは、この問題に対処するために更新されたドライバーをリリースしました。にある指示に従ってください NVidiaのサポート記事

KB4469342(OSビルド17763.168)のインストール中に問題が発生した場合、2018-11 x64ベースシステム用のWindows 10バージョン1809の累積的な更新(KB4469342)のダウンロードがスタックし、インストールに失敗し、さまざまなエラーが発生する Windows Updateトラブルシューティングガイド