マイクロソフトがクラウド対応のクリップボード機能をリリースしたWindows 10 2018年10月のアップデート

と Windows 10 October 2018アップデート、マイクロソフトが待望の追加 クラウド駆動のクリップボード 機能(Build 2017の基調講演中にデモを行いました)。 Windows 10の新しいクリップボードエクスペリエンスは、Microsoftのクラウドテクノロジーを利用しているため、どのPCからでもクリップボードにアクセスできます。これは、同じコンテンツを1日に何度も貼り付ける場合や、デバイス間で貼り付ける場合に非常に役立ちます。

Windows 10クラウドクリップボード機能

名前が示すように、クリップボードはMicrosoftのクラウドテクノロジーを使用して、クリップボード(コピーまたは切り取って貼り付けたコンテンツ)をさまざまなデバイスに同期します。



「新機能は、[設定]> [システム]> [クリップボード]から有効にできます。クリップボードの履歴はデバイス間で同期され、クラウドのパワーを使用します。 「クリップボードの履歴から貼り付けることができるだけでなく、いつも使用しているアイテムを固定することもできます。」



マイクロソフトは説明した: Cloud Clipboardを使用すると、ユーザーは携帯電話とPC間でクリップボードデータを同期できます。テキスト、画像、リンク、ビデオ、PowerPointプレゼンテーション、Word文書、スプレッドシート、PDFも同期できます。

これは、ユーザーがデバイス間でクリップボードのコンテンツを共有できるようにするWindows 10での最大の追加であり、おそらく最終的にはAndroidおよびiOSデバイスに共有されます。この新しいクリップボードインターフェイスにアクセスするには、単に WIN + V そして、あなたはWindows 10 October 2018 updateの真新しいアップデートを提示します クリップボード 経験!



Windows 10クリップボード
Windows 10クリップボード

”また、新しい クリップボード に向かうことによって 設定>システム>クリップボード

Windows 10でCloudクリップボードを有効にする

最近の クリップボードの内容 から クリップボードの履歴。また、常にアクセスしたいアイテムを固定するオプションもあります。タイムラインと同様に、 クリップボード このWindows以上のビルドを搭載したPC全体。



新しい クラウド駆動のクリップボード また、Windows 10ユーザーがアプリからコンテンツをコピーして、iPhoneやAndroidハンドセットなどのモバイルデバイスに貼り付けることもできます。ただし、デバイス間でコンテンツを同期する機能は、デフォルトでは有効になっていません。デバイス間でクリップボードの履歴にアクセスする場合は、方法を確認してください 2018年10月10日更新のWindowsでデバイス間のクリップボード同期を有効化!