解決済み:Windows 10でカメラエラー0xa00f4244が見つかりません

solved can t find your camera error 0xa00f4244 windows 10



エラーが発生する 0xA00F4244カメラが見つかりません 開いているときに、Windows 10でWebカメラまたはカメラをオンにしますか?これは主に原因です ウイルス対策ソフト Webカメラまたはカメラアプリをブロックしている、またはインストールされているイメージングデバイス用ドライバーが破損しており、現在のWindowsバージョンと互換性がない。どの結果 カメラエラーコード0xa00f4244(0xc00dabe0)。完全なエラーメッセージは次のようになります。

カメラが見つかりません。カメラが正しく接続され、インストールされていること、ウイルス対策ソフトウェアによってブロックされていないこと、カメラドライバーが最新であることを確認してください。必要な場合のエラーコードは次のとおりです:0xA00F4244(0xC00DABE0)



投稿内容:-

0xa00f4244カメラが取り付けられていないWindows 10

Windowsユーザーは特に最近の報告 Windows 10バージョン2004 Webカメラまたはカメラアプリを開いているときに、次のようなエラーメッセージが表示されて開くことができませんでした Windowsがカメラアプリを見つけられない、エラーコード0XA00F4244(0X80070005) 接続が適切にインストールされていることを確認してください。前述のように、破損した互換性のないイメージングデバイスドライバーがこの問題の主な理由です。ウイルス対策のブロック、外部ウェブカメラデバイスが適切に接続されていない、カメラアプリがオフになっているなど、その他の原因もあります。

Windows 10 2020のアップデート後に問題が最近始まった場合は? 2020年5月の更新によりアプリがカメラにアクセスできない場合は、次の手順でこの問題を修正してください:

  • 設定を開きます。
  • プライバシーをクリックします。
  • カメラをクリックし、変更ボタンをクリックします。
  • 確実に このデバイスのカメラ トグルスイッチがオンになっています。

このデバイスのカメラへのアクセスを許可

  • また、 アプリにカメラへのアクセスを許可する トグルスイッチがオンになっています。
  • [カメラにアクセスできるアプリを選択してください]で、マイクにアクセスするアプリでトグルスイッチがオンになっていることを確認します。
  • 手順を完了すると、アプリは再びカメラにアクセスできるようになります。

ウイルス対策とファイアウォールを無効にする

基本的な最初のアンチウイルス、ファイアウォール、またはサードパーティを無効にして、問題を引き起こしていないセキュリティソフトウェアを確認します。

システムトレイのアンチウイルスプログラムアイコンを右クリックして、[無効にする]を選択します。

ファイアウォールのコントロールパネルを開くを無効にするには

  • [システムとセキュリティ]、[Windowsファイアウォール]の順にクリックします
  • ここで、左側のウィンドウペインで、[Windowsファイアウォールの有効化または無効化]をクリックします。
  • 選択する Windowsファイアウォールをオフにする PCを再起動します。

また、外部USBウェブカメラに接続している場合は、同じものを別のUSBポートに接続してみてください。

[ハードウェアとデバイスのトラブルシューティング]フォームの[コントロールパネル]> [トラブルシューティング]> [すべて表示]を実行して、組み込みのトラブルシューティングを見つけます。障害のあるハードウェアデバイスを確認します。

Windowsに最新のアップデートがインストールされていることを確認します。設定->更新とセキュリティ-> Windows更新->更新の確認から確認できます。

カメラの電源が入っていることを確認してください

以前に何らかの理由でWindowsアプリ/バックグラウンド実行アプリを無効にしている場合、これも原因となる可能性があります カメラエラーコード0xa00f4244(0xc00dabe0)。カメラアプリがオンになっていることを確認することをお勧めします。

  • Windows + Iキーを押してこの設定を開くには、プライバシーをクリックします。
  • 左側のメニューから[カメラ]を選択します。
  • ここで、「アプリでカメラのハードウェアを使用できるようにする」というカメラの下のトグルがオンになっていることを確認します。
  • 設定を閉じ、PCを再起動して変更を保存します。

カメラがオンになっていることを確認します

ロールバックWebcamドライバー

最近のドライバーの更新後に問題が発生したことに気付いた場合。または最近カメラアプリドライバーを更新した後?次に、インストールされたドライバが現在のWindowsバージョンと互換性がない可能性があります。これにより、ドライバーのロールバックオプションを実行して、カメラが完全に機能する以前のドライバーバージョンに戻すことができます。

  • ドライバーオプションのロールバックを実行するにはWindows + Rキーを押してデバイスマネージャーを開き、次のように入力します。 devmgmt.msc Enterキーを押します。
  • ここでデバイスマネージャーで、[イメージングデバイス]または[サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラーまたはカメラ]を展開し、その下にリストされているWebカメラを見つけます。
  • ウェブカメラを右クリックして、 プロパティ。 次に[ドライバ]タブに切り替え、 RollBack Driverオプション それをクリックして利用できます。
  • 選択する はい プロセスが完了したら、ロールバックを続行してPCを再起動します。
  • その後、カメラアプリを確認して開き、今回がエラーなしで開始されることを願っています。
  • 注意ドライバをロールバックしたオプションは、最近ドライバをアップグレードした場合にのみ使用できます。

ロールバックWebcamドライバー

Webcam Driverを再インストールします

議論されているように、破損した互換性のないドライバーがこの問題の主な理由です。そのため、ドライバーのロールバックオプションで問題が修正されない場合、またはロールバックドライバーが使用できない場合。次に、アップデートを試みて、次の手順でウェブカメラ/カメラデバイスドライバーを再インストールします。

  • これを行うには、Windowsキー+ Rを押します。 devmgmt.msc Enterキーを押します。
  • デバイスマネージャーで展開 カメラ
  • ウェブカメラを右クリックして、 デバイスをアンインストールします。
  • そして、Windowsを再起動して、ドライバーファイルを完全に削除します。

カメラドライバーをアンインストールする

  • 次に、次回の起動時にデバイスマネージャーを開き、[アクション]をクリックします。ハードウェアの変更をスキャンします。
  • これにより、カメラアプリドライバーが検出され、インストールされます。

または、デバイスの製造元(Webカメラの製造元またはラップトップの製造元)のWebサイトにアクセスして、Webカメラ用の最新の利用可能なドライバーをダウンロードできます。次に、setup.exeをダブルクリックし、画面の指示に従ってドライバをインストールします。

カメラアプリをデフォルト設定にリセット

また、ウェブカメラアプリをデフォルトの設定にリセットしてみてください。カメラアプリの設定が間違っているために問題が発生した場合は、問題が解決する場合があります。カメラアプリをリセットするには

  • Windows + Iキーボードショートカットを押して[設定]を開きます。
  • [アプリ]をクリックし、左側のメニューから[アプリと機能]を​​選択します。
  • 探す カメラアプリ リストでクリックして選択します 高度なオプション。
  • 次にクリックしてください リセット カメラアプリをデフォルトの設定にリセットするため。
  • PCを再起動して変更を保存し、カメラアプリを再度開きます。
  • 今回は、Windowsがカメラのエラーを検出または開始できないなどのエラーが発生しなかったと思います。

カメラアプリをデフォルトの設定にリセットする

Windowsレジストリの調整

上記のすべての解決策で問題が解決しない場合、カメラエラーは見つかりません 0xA00F4244。 次に、Windowsレジストリを調整して問題を修正します。をお勧めします バックアップレジストリデータベース Windowsレジストリを変更(調整)する前。

  • Windowsキー+ Rタイプを押します 再編集 Enterキーを押して、レジストリエディターを開きます。
  • 次に、次のレジストリキーに移動します。
HKEY_LOCAL_MACHINE  SOFTWARE  Microsoft  Windows Media Foundation  Platform
  • ここで右クリック プラットホーム 次に選択 新規> DWORD(32ビット)値。
  • この新しいDWORDを EnableFrameServerMode

新しいDWORDキーを作成する

  • EnableFrameServerModeをダブルクリックし、 値を0に変更します。
  • [OK]をクリックして、レジストリエディターを閉じます。
  • ウィンドウを再起動して、変更を有効にします。

今度は次の起動時にカメラアプリを開き、今度は次のようなエラーなしで正常に起動することを確認してください Windowsはカメラエラー0xA00F4244を検出できません

カメラエラーを修正するためのレジストリ調整

それは、これらのソリューションがうまく適用されることを願っています Windowsがカメラエラーを検出または開始できない問題を修正する。これらの解決策を適用している間、クエリ、提案、または困難に直面しても、以下のコメントで自由に議論してください。

また、読む