解決済み:Windows 10のローカルエリア接続でDHCPが有効になっていません

solved dhcp is not enabled



WiFi、イーサネット/ローカルエリア接続は正しく接続されているが、Windows 10がインターネットに接続できない場合があります。または最近のWindowsの更新後、ネットワークアダプターに黄色の感嘆符が インターネットアクセスなし。このような問題に対処するために、Windows 10には、インターネットアクセスを妨げる問題を自動的に検出して修正するネットワークトラブルシューティングが組み込まれています。しかし、一部のユーザーは、ネットワークアイコンを右クリックして、問題のトラブルシューティングをクリックすると、エラーメッセージが表示されると報告しています ローカルエリア接続でDHCPが有効になっていません

DHCPを使用すると、ルーターやサーバーなどのデバイスは、ネットワークに接続しているコンピューターシステムにIPアドレスを割り当てることができます。しかし、それが失敗した場合、何らかの理由で接続エラーが発生し、その結果、イーサネットに有効なIP構成がないため、イーサネットやWiFiなどでDHCPが有効になっていません。 DHCPについて理解しましょう。その仕組みと、Windows 10でDHCPがIPアドレスを自動的に取得できるようにする方法について説明します。



投稿内容:-

DHCPとは何ですか?

DHCP (動的ホスト構成)は、上で使用される標準化されたネットワークプロトコルです。 インターネットプロトコル (IP)ネットワーク。これはクライアントまたはサーバーベースのプロトコルで、ネットワーク接続用に自動IPホストとそのアドレスを割り当てることができます。通常、ネットワークとインターネットに接続する場合、デバイスには一意のIPアドレスが必要であり、DHCPを有効にすると、デバイスにIPアドレスが自動的に割り当てられます。これにより、ネットワークの安定性が提供され、静的IPアドレスの競合が減少します。

ただし、古いネットワークアダプターなどの何らかの理由により、プロキシが正しくないか、ネットワーク構成が正しくない場合、DHCPはクライアントコンピューターにIPアドレスを自動的に割り当てることができない場合があります。その結果、一意のIPアドレスがないため、クライアントコンピューターはネットワークに接続できず、インターネットにアクセスできません。

DHCPがイーサネットで有効になっていません

同様の問題で苦労している場合は、ここでローカルエリアネットワークのDHCPを有効にして問題を修正する方法を説明します。

注意: 下記の解決策は、Windows 10、8.1、7コンピューターにも適用可能で、イーサネット、Wifi、またはイーサネットで有効になっていないDHCPを修正するためにも有効なIP構成がありません。

この問題が初めて発生する場合は、ネットワークデバイス(ルーター、モデム、スイッチ)を再起動して、PCを含めることをお勧めします。これにより、フレッシュスタートが発生し、一時的な不具合により問題が発生した場合に問題が修正されます。

セキュリティソフトウェアを一時的に無効にし、VPNから切断する(PCで構成されている場合)

WindowsでDHCPを有効にする

最初に、ネットワークアダプターの設定を確認して、DHCPサーバーからIPアドレスを割り当てるように正しく構成されていることを確認する必要があります。

  • Windowsキー+ Rを押して、 ncpa.cpl Enterキーを押します。
  • これにより、ネットワーク接続ウィンドウが開きます。
  • ここで[アクティブネットワークアダプター]を右クリックして、プロパティを選択します。
  • 次に、インターネットプロトコルバージョン4(TCP / IPv4)をダブルクリックします。
  • ここで、[IPアドレスを自動的に取得する]と[DNSサーバーアドレスを自動的に取得する]を必ず選択してください。

DHCPを有効にしてIPアドレスを自動的に割り当てる

プロのヒント:また、ルーターの公式サイトで次の手順を実行し、ルーターがクライアントPCにIPアドレスを自動的に割り当てるように構成/有効化されていることを確認してください。

DHCP用のルーターを構成する

DHCPクライアントサービスを有効にする

DHCPクライアントサービスは、コンピューターのIPアドレスを登録し、DNSレコードを更新するのに役立ちます。何らかの理由でDHCPクライアントサービスが開始/停止されなかった場合、クライアントコンピューターへのIPアドレスの取得に失敗する可能性があります。その結果、ローカルエリア接続またはWi-FiでDHCPが有効にならない可能性があります。

  • Windowsキー+ Rを押して、 services.msc Enterキーを押します。
  • これにより、Windowsサービスコンソールが開きます。
  • 下にスクロールして、DHCPクライアントサービスを見つけます。
  • 実行状態の場合は、DHCPサービスを右クリックして[再起動]を選択します
  • ただし、開始されていない場合は、DHCPサービスをダブルクリックしてプロパティを開きます。
  • ここで、スタートアップの種類を自動に変更し、サービスの状態の横にあるサービスを開始します
  • [適用]をクリックしてから[OK]をクリックします

DHCPクライアントサービスを有効にする

プロキシ設定をリセットする

  • Win + Rを押してから入力 inetcpl.cpl Enterキーを押して、
  • インターネットのプロパティが開きます。
  • 接続タブに移動し、LAN設定ボタンをクリックします。
  • 新しいポップアップウィンドウで、[LANにプロキシサーバーを使用する]チェックボックスをオフにします。
  • また、[設定を自動的に検出する]が選択されていることを確認してください。

Internet Explorerでプロキシサーバーを無効にする

WinsockとTCP / IPをリセットする

DHCPがIPアドレスを自動的に割り当てられない原因となる、誤ったネットワーク構成の可能性があります。TCP/ IPスタックをリセットして、問題の解決に役立つ可能性があります。コマンドプロンプトを開く管理者として、以下のコマンドを実行して、PCのIPアドレスを解放および更新します。

  • netsh winsockリセット
  • netsh int IPリセット
  • ipconfig / release
  • ipconfig / flushdns
  • ipconfig / renew

WinsockリセットIPリセット

これですべてのコマンドプロンプトが閉じ、PCが再起動します。これが問題の解決に役立つかどうかを確認してください。

ネットワークドライバを再インストールします

それでも、助けが必要ですか?ネットワークアダプタードライバーが古い可能性があり、期待どおりに実行できず、PCがDHCPからIPアドレスを受信できなくなります。ネットワークアダプターのドライバーを更新または再インストールすると、問題の解決に役立つ可能性があります。

  • スタートメニューを右クリックして、デバイスマネージャーを選択します。
  • ネットワークアダプターを拡張します。インストールされているネットワークアダプターを右クリックして、更新ドライバーを選択します。
  • 更新されたドライバソフトウェアを自動的に検索し、画面の指示に従います。

ネットワークアダプタードライバーの更新

Windowsで更新されたドライバーが見つからなかった場合は、以下の手順に従ってネットワークアダプター用のドライバーを再インストールしてみてください。

  • デバイスマネージャを開き、
  • ネットワークアダプターを展開し、アクティブなネットワークアダプタードライバーを右クリックして、[アンインストール]を選択します。
  • ここで、ドライバをアンインストールすることを確認してから、Windowsを再起動します。
  • 次回Windowsが起動すると、ネットワークアダプタードライバーが検出されてインストールされます。
  • または、デバイスマネージャーを右クリックして、手動でドライバーを更新することもできます->コンピューター名–右クリックして、ハードウェア変更のスキャンを選択します。

ハードウェアの変更をスキャンする

また、デバイスの製造元のWebサイトにアクセスして、ネットワークアダプターに利用可能な最新のドライバーをダウンロードし、問題のあるコンピューターにインストールして再起動すると、DHCPの問題が解決され、ネットワークとインターネット接続が機能していることを確認できます。

これらのソリューションは、Windows 10、8.1、および7のローカルエリア接続でDHCPが有効になっていないことを修正するのに役立ちましたか?以下のコメントをお知らせください。

また読む