解決済み:Windows 10バージョン2004での状態リポジトリサービスの高CPU使用率

solved state repository service high cpu usage windows 10 version 2004



最近にアップグレードした後 Windows 10バージョン2004、 開いているEdgeブラウザーシステムが継続的にフリーズしているのに、応答しなくなった?そしてタスクマネージャー、サービスホストをチェックします: 状態リポジトリサービス 一度に多くのCPUリソースを消費しています。特にユーザーは、Microsoft Edgeブラウザでリンクを開くと、これを報告します 状態リポジトリサービス 90%まで利用を開始します 100%CPU リソース、およびそのため、システムが不安定になり、クリックに応答しなくなりました。

投稿内容:-



Windows 10の状態リポジトリサービスとは何ですか?

Windows 10の場合 状態リポジトリサービス はブラウザベースのサービスであり、ユーザーがWebブラウザでのブラウジングセッションの複数の独立したスナップショットをキャプチャして保存するのに役立ちます。後で、ユーザーは別のデバイスの別のWebブラウザーに保存されたスナップショットを取得し、希望に応じて任意の順序で特定の保存されたブラウジングセッションにアクセスし続けることができます。

状態リポジトリサービスの高CPU使用率の修正

間違いなく、これはすばらしいサービスですが、最新のWindowsアップデートのバグが原因の場合もあります。 状態リポジトリサービス 100%CPUを消費し始めます。これにより、システムが応答しなくなったり、動作が遅くなったりします。ここで、修正に適用できるいくつかの簡単なソリューション 状態リポジトリサービスの高CPU使用率 Windows 10 PC。

Microsoft Edgeを修復またはリセットする

Windows 10を開く 設定 (Windows + I)次に[アプリ]をクリックします。ここに アプリと機能 セクション、検索 マイクロソフトエッジ それをクリックして選択します 高度なオプション

Edgeの詳細オプション

次のウィンドウに、2つのオプションが表示されます。 修復 そして リセット。クリックしてください 修復 ボタン。すべてが完了するまでには時間がかかる場合があります。

注意: Edgeブラウザーを修復しても影響はありませんが、Microsoft Edgeをリセットすると、すべての履歴、Cookie、および変更した可能性のある設定がすべて削除されることに注意してください。

修復エッジブラウザをリセット

Microsoft Edgeを修復しても問題が解決しない場合 状態リポジトリサービスの高CPU使用率 問題が解決しない場合は、 リセット Edgeブラウザをリセットしてこの問題を取り除くオプション。

状態リポジトリサービスを再起動します。

状態リポジトリサービスはデフォルトでオンになっています。ブラウジングセッションのスナップショットを取得して適切に保存できるように、オンにしておく必要があります。しかし、問題を引き起こしているサービスとして、 状態リポジトリサービスの再起動 は、サービスがスタックして高システムリソースが発生した場合に解決できるもう1つの便利なオプションです。

これを行うには、Windowsサービスを開きます(services.mscと入力して、メニュー検索を開始してEnterキーを押します)状態リポジトリサービスというサービスを探します。それを右クリックして再起動を選択し、

状態リポジトリサービスを再起動する

再起動オプションがグレー表示されている場合は、 状態リポジトリサービス そのを開く プロパティ ダイアログボックスを押して、 やめる ボタンを先に。サービスのステータスが停止したら、次に 開始 ボタンをクリックして、State Repository Serviceを再開します。

Windows 10に組み込みアプリを再インストールする

エッジブラウザをリセットして再起動した場合 状態リポジトリサービス それでも、状態リポジトリが100%のCPU使用率を引き起こしていますか?すべての組み込みアプリケーションを再インストールすることは、試す必要があるもう1つの最良のソリューションです。

注:以下の手順を実行する前に、 システムの復元ポイントを作成する そのため、組み込みアプリを再インストールした後に問題が発生した場合、システムの復元機能を使用して、データを失うことなく最近の変更を元に戻すことができます。

管理者としてPowershellを開きます。これを行うには、Windows 10のスタートメニューを右クリックし、[PowerShell(admin)]を選択します。次に、以下のコマンドを実行します。

Get-AppXPackage -AllUsers | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register“ $($ _。InstallLocation) AppXManifest.xml”}

Windows 10に組み込みアプリを再インストールする

このコマンドは、システムにすべての標準アプリケーションをインストールします。その後、PowerShellウィンドウを閉じて、PCを再起動します。次回のログイン時に、エッジブラウザを開き、State Repository ServiceによるCPU使用率が高くないことを確認します。

これらのソリューションを適用して、Windows 10バージョン2004でState Repository Serviceの高CPU使用率を解決するのに役立つことを願っています。また、読む