Windows 10 19H1ビルド18214およびRS5ビルド17335の機能と変更ログ

マイクロソフトは最近(2018年10月8日)、 Windows 10ビルド18214 Skip Ahead Insidersの19H1ブランチからSkip Aheadチャネルへ。そして、高速更新チャネルを Windows 10(RS5)ビルド17335。 Redstone 5には新機能はありません。同社はバグの修正とパフォーマンスの改善に重点的に取り組み始めており、新機能の試用から離れています。そして Windows 10ビルド18214 19H1ブランチでは、Redstone 5の位置に追いつき、最先端のユーザーにAndroidおよびiOSの新しいYour Phoneアプリへのアクセスを提供し、HTTP / 2およびCUBICのサポートも追加しました。

投稿内容:-



Windows 10ビルド18214の機能

19H1ビルドでSkip Ahead Ringを選択したInsiderが電話アプリを利用できるようになりました。 Your Phoneアプリは、以前はFast Rings Insiderのテストに利用可能でしたが、今日の Windows 10 19H1ビルド18214 マイクロソフトは、このアプリをより多くのInsiderがテストできるようにしました。 Androidの現在のビルドでは、テスターはPCで最新のAndroid写真にすぐにアクセスできるため、これらの写真をコピー、編集、またはインクで印刷できます。



Windows 10お使いの電話アプリ
Windows 10お使いの電話アプリ

また、iPhoneデバイスの場合、YourPhoneアプリを使用できるのは、ユーザーが携帯電話のブラウザーで中断したPCでのみピックアップすることです。

ビルド18214には、HTTP / 2サポート、およびCUBIC(新しいデフォルトのTCP輻輳プロバイダー)サポートも含まれています。これらのサポートは最近Redstone 5に追加されました。19H1ビルド18214には、ブログ投稿に記載されているものと同じ数の修正と既知の問題も含まれています。



PCの一般的な変更、改善、修正

このデスクトップビルドには、次の一般的なバグ修正と改善が含まれています。

  • [開始]または[アクションセンター]をクリックするまで、時計とカレンダーのフライアウトが表示されない場合がある問題を修正しました。この同じ問題は、通知と表示されるタスクバージャンプリストの両方に影響を与えました。この問題についてフィードバックを提供してくれたすべてのWindows Insiderに感謝します。
  • セーフモードに入るときに予期しないsihost.exeエラーが発生する可能性がある問題を修正しました。
  • タイムラインのスクロールバーがタッチで機能しない問題を修正しました。
  • [スタート]でタイルフォルダーに名前を付けると、スペースを押すとすぐにコミットされる問題を修正しました。
  • 熱心なインサイダーが気づいたように、私たちはスケーリングロジックに取り組んでおり、DPIの変更を監視した後、アプリのサイズが適切に変更されるはずです。いつものように、私たちはこのスペースでのフィードバックに感謝します。 知らせて下さい 問題がある場合。
  • 高速起動の有効/無効状態がアップグレード後にデフォルトにリセットされる問題を修正しました。このビルドからアップグレードした後、優先状態は保持されます。
  • タスクバーシステムトレイのWindowsセキュリティアイコンが解像度を変更するたびに少しぼやける問題を修正しました。
  • 最近のビルドで昇格されていないコマンドプロンプトからクエリを実行すると、USERNAME環境変数がSYSTEMを返す問題を修正しました。
  • Snipping Toolのメッセージを更新して、私たちが行ったコミットメントとより密接に一致させました ここに。また、メッセージの中で、更新されたスニッピングエクスペリエンスの名前を変更すること、つまり新旧を統合することを検討しています。この変更によるアプリの更新はまだ配信されていませんが、この件に関するフィードバックがありましたら、お知らせいたします。

既知の問題点

  • ダークテーマのファイルエクスプローラーのペイロードについて ここに Skip Aheadに向かっていますが、まだありません。暗いモードや暗いテキストで暗い場合、これらの表面に予想外に明るい色が表示されることがあります。
  • このビルドにアップグレードすると、タスクバーフライアウト(ネットワーク、ボリュームなど)の背景がアクリルでなくなっていることがわかります。
  • コンピューターの簡単操作でテキストを大きくする設定を使用すると、テキストのクリッピングの問題が発生したり、テキストのサイズがどこでも大きくならない場合があります。
  • Microsoft Edgeをキオスクアプリとして設定し、割り当てられたアクセス設定から開始/新しいタブページのURLを構成すると、構成されたURLでMicrosoft Edgeが起動しない場合があります。この問題の修正は、次のフライトに含まれる必要があります。
  • 拡張機能に未読の通知がある場合、Microsoft Edgeツールバーの拡張機能アイコンと重なる通知カウントアイコンが表示されることがあります。
  • SモードのWindows 10では、ストアでOfficeを起動すると、Windowsで実行するように設計されていない.dllに関するエラーで起動できない場合があります。エラーメッセージは、.dllがWindowsで実行するように設計されていないか、エラーが含まれていることです。プログラムをもう一度インストールしてみてください…」一部の人々は、ストアからOfficeをアンインストールして再インストールすることで、これを回避することができました。それでも問題が解決しない場合は、ストア以外のバージョンのOfficeをインストールしてみてください。
  • ナレーターのクイックスタートが起動したときに、スキャンモードがデフォルトで確実にオンにならない場合があります。スキャンモードをオンにしてクイックスタートを実行することをお勧めします。スキャンモードがオンになっていることを確認するには、Caps Lock + Spaceを押します。
  • ナレータースキャンモードを使用すると、1つのコントロールで複数の停止が発生する場合があります。この例は、リンクでもある画像がある場合です。これは私たちが積極的に取り組んでいるものです。
  • ナレーターキーが[挿入]のみに設定されている場合、点字ディスプレイからナレーターコマンドを送信しようとすると、これらのコマンドは機能しません。 Caps Lockキーがナレーターのキーマッピングの一部である限り、点字機能は設計どおりに機能します。
  • ナレーターのダイアログの自動読み上げには、ダイアログのタイトルが2回以上話されるという既知の問題があります。
  • EdgeでナレータースキャンモードのShift +選択コマンドを使用すると、テキストが正しく選択されません。
  • ナレーターは、Alt +下矢印が押されるまでコンボボックスを読み上げないことがあります。
  • ナレーターの新しいキーボードレイアウトおよびその他の既知の問題の詳細については、「新しいナレーターのキーボードレイアウトの概要」ドキュメント(ms / RS5NarratorKeyboard)。
  • このビルドでのStartの信頼性とパフォーマンスの問題の潜在的な増加を調査しています。

開発者向けの既知の問題

  • Fastリングから最近のビルドをインストールしてSlowリングに切り替えると、開発者モードの有効化などのオプションのコンテンツは失敗します。オプションのコンテンツを追加/インストール/有効にするには、ファストリングに留まる必要があります。これは、オプションのコンテンツが特定のリングで承認されたビルドにのみインストールされるためです。

Windows 10 19H1ビルド18214をダウンロード

Windows 10ビルド18214、19H1プレビュー 更新は、[先読みスキップ]オプションからすぐに利用できます。このプレビュービルドはデバイスに自動的にダウンロードおよびインストールされますが、いつでも更新を強制できます 設定 > アップデートとセキュリティ > Windows Update をクリックして アップデートを確認する ボタン。

Windows 10 19H1ビルド18214をダウンロード
Windows 10 19H1ビルド18214をダウンロード

注:Windows 10 19H1ビルド Skip Ahead Ringに参加したユーザーの一部のみが利用できます。または、方法を確認することができます スキップアワードリングに参加 Windows 10 19H1の機能をお楽しみください。