Windows 10 19H1 Build 18290はFluent Designをスタートメニューにもたらします

本日(2018年11月28日)マイクロソフトがリリースしました Windows 10ビルド18290.1000(rs_prerelease) Windows Insider ProgramのFast ringで利用可能な19H1開発ブランチ。 Microsoft Insiderブログによると、最新の Windows 10 19H1ビルド18290 Fluent Designをスタートメニューに追加し、検索とCortanaエクスペリエンスを改善します。これで、マイクを使用しているアプリケーションをすばやく識別したり、現在の時刻を手動で同期したりできます。再起動が必要な場合、Windows Updateではオレンジ色のインジケーター付きのアイコンが表示されます。

投稿内容:-



新しいWindows 10 19H1ビルド18290とは何ですか?

最新のプレビュービルドには、スタートメニューとCortana検索、日付と時刻の設定の微調整、および多数のバグ修正に対する顕著な改善と変更が含まれています。見てみましょう Windows 10ビルド18290。



スタートメニューへの流暢なデザイン

最新のビルド18290のハイライトは、スタートメニューの改良で、流暢なデザインに触れ、より魅力的に見せています。また、識別しやすいように、電源とユーザーメニューにアイコンを追加しています。

マイクロソフトは次のように説明しています。



「今日のビルドに更新すると、スタート画面のパワーメニューとユーザーメニューも洗練されていることに気づくでしょう–簡単に識別できるようにアイコンを追加する」

スタートメニューへの流暢なデザイン

手動で時計を同期する

最新の 19H1ビルド18290 マイクロソフトは、日付と時刻の設定に、時計をタイムサーバーと手動で同期できるオプションを追加しました。これは、PCの時計が間違った時刻を表示していることに気付いた場合に非常に役立ちます。設定を開く->時間と言語->クリック 今すぐ同期。また、設定アプリには、最後に時刻が正常に同期された時刻と現在のタイムサーバーのアドレスが表示されます。



手動で時計を同期する

マイクを使用してどのアプリをすばやく特定する

最新のビルド通知領域の更新されたマイクアイコン。これは、マイクにアクセスしているプログラムまたはプログラムを表示します(マイクアイコンにカーソルを合わせると表示されます)。アイコンをダブルクリックすると、マイクのプライバシー設定が開きます。複数のアプリがマイクを使用しているため、アイコンをダブルクリックすると、マイクをアクティブに使用しているアプリの数が一覧表示されます。

マイクを使用してどのアプリをすばやく特定する



検索とCortanaエクスペリエンスの向上

Windows 10の新しいライトテーマ(以前に導入された ビルド18282)がCortanaで利用可能になりました。また、Microsoftのデジタルアシスタントは、ライトテーマをサポートするようになりました。また、最新のランディングページが追加され、最近の活動に少し余裕を持たせています。

マイクロソフトは説明した:



今すぐ検索を開始すると、ランディングページが更新されました。最近のアクティビティに少し余裕を持たせ、ライトテーマのサポート、アクリルのタッチを追加し、すべての検索フィルターオプションを 行こう。

また、Windows Updateの場合、ビルド18290以降、通知領域に更新されたWindows Updateアイコンと、再起動が保留中であることを警告するオレンジ色のインジケーターが表示されます。



一般的な変更、改良ビルド18290

  • Microsoft Edgeで開いたPDFが正しく表示されない(スペース全体を使用するのではなく、小さい)という問題を修正しました。
  • 最近のビルドで、多くのUWPアプリとXAMLサーフェスでのマウスホイールのスクロールが予期せず高速になる問題を修正しました。
  • タスクバーにいくつかの更新を加え、アイコンが再描画される回数を減らしました。ごみ箱を操作するときに最も顕著ですが、他のシナリオでも同様です。
  • ウイルス対策アプリをWindowsに登録してWindowsセキュリティアプリに表示するには、保護されたプロセスとして実行する必要があります。 AVアプリが登録されない場合、Windows Defenderウイルス対策は有効のままになります。
  • Bluetoothデバイスの列挙時に、システムが予期せず大量のCPUを長時間消費するという問題を修正しました。
  • Cortana.Signals.dllがバックグラウンドでクラッシュする問題を修正しました。
  • 一部のユーザーに対してリモートデスクトップで黒い画面が表示される問題を修正しました。この同じ問題により、VPNの使用時にリモートデスクトップでフリーズが発生する可能性もあります。
  • マップされたネットワークドライバーがnet useコマンドの使用時に[利用不可]と表示され、ファイルエクスプローラーに赤いXが表示される問題を修正しました。
  • ナレーターとChromeの互換性が向上しました。
  • 拡大鏡中心のマウスモードのパフォーマンスが向上しました。
  • 以前のフライトで中国語を入力した場合でも、ピンインIMEがタスクバーに常に英語モードを表示する問題を修正しました。
  • 最近のフライトで言語設定を使用して言語を追加した場合、言語の[設定]のキーボードリストに予期しない「使用できない入力方法」が表示される問題を修正しました。
  • で紹介された新しい日本のMicrosoft IMEについてフィードバックを共有してくださった皆さんに感謝します。 ビルド18272。現時点では、フィードバックを考慮に入れながら、IMEバージョンは2018年10月のアップデートに同梱されていたバージョンに戻ります。
  • サポートを追加しました LEDBAT へのアップロード 配信の最適化 同じLAN上のピア(同じNATの背後)。現在、LEDBATは、グループまたはインターネットピアへのアップロードで配信の最適化によってのみ使用されます。この機能により、ローカルネットワークでの輻輳が防止され、ネットワークがより優先度の高いトラフィックに使用されている場合、ピアツーピアのアップロードトラフィックが即座にバックオフできるようになります。

既知の問題点

  • インサイトが有効になっている場合、ハイパーリンクの色は付箋のダークモードで調整する必要があります。
  • アカウントのパスワードまたはPINを変更すると、設定ページがクラッシュします。パスワードを変更するには、CTRL + ALT + DELメソッドを使用することをお勧めします
  • マージの競合が原因で、ダイナミックロックを有効/無効にする設定がサインイン設定にありません。修正があり、まもなくフライトします。
  • [システム]> [ストレージ]の[他のドライブのストレージの使用状況を表示]オプションをクリックすると、設定がクラッシュします。
  • Windowsセキュリティアプリは、ウイルスと脅威の保護領域の不明なステータスを表示するか、正しく更新されない場合があります。これは、アップグレード、再起動、または設定の変更後に発生する可能性があります。
  • [Storage Senseの構成]で以前のバージョンのWindowsを削除することは選択できません。
  • 音声設定を開くと設定がクラッシュします。
  • インサイダーは、特定のゲームやアプリとやり取りするときに、win32kbase.sysでエラーSystem Service Exceptionの緑色の画面を表示することがあります。次のフライトで飛行する修正があります。お待ちください。
  • バグが原因でWindows Helloの面/生体認証/ピンのログインが機能しないというバグが原因で、特定のファームウェアバージョン(1.3.0.1)のNuvoton(NTC)TPMチップを使用する少数のPCに対して、このビルドの更新ブロックが用意されています。問題は理解されており、修正はすぐにInsiderに送信されます。

Windows 10ビルド18290をダウンロード

Windows 10ビルド18290 高速リングインサイダープレビュー用に登録されたデバイスにWindows Update経由で自動的にダウンロードしてインストールします。また、インサイダーユーザーは、[設定]-> [更新とセキュリティ]-> [Windows更新]->更新を確認して、最新の19H1ビルドをマシンにインストールします。デバイスが高速呼び出し音の一部でない場合、または先にスキップする場合は、方法を確認してください Windows Insiderプログラムに参加する そして、Windows 10の今後の新機能への早期アクセスを取得します。