新しいライトテーマでリリースされたWindows 10 19H1プレビュービルド18282

windows 10 19h1 preview build 18282 released with new light



後 Windows 10 2018年10月アップデートの再リリース 一般に、Microsoftは本日(2018年11月14日)新規にリリースしました Windows 10ビルド18282.1000(rs_prerelease) いくつかの改善とバグ修正を行った高速リングのInsiderに。最新のWindows 10 19H1ビルドなど、スタートメニュー、タスクバー、アクションセンターに新しい真のライトテーマが導入され、Windows snip&Sketchアプリにはスクリーンショットを撮る機能があり、印刷体験には、ライトテーマといくつかの改良と調整が含まれています。メニュー、アクションセンター、Windows Update、ナレーターなど。

投稿内容:-



新しいWindows 10 Build 18282とは何ですか?

最新の19H1プレビュービルドでInsidersに展開される最も重要な変更と改善を以下に示します。

新しいライトテーマ(ダークテーマが嫌いな方に便利です!)

いくつかのユーザーフィードバックを聞いた後、MicrosoftはついにWindows 10 19H1 Previewビルド18282で明るいか暗いかを選択する機能を導入しました。新しいカラースキームは 設定 > パーソナライゼーション > そして選択 [色を選択してください]ドロップダウンメニューのオプション。

ライトテーマウィンドウを有効にする10

ライトテーマオプションを有効にすると、デスクトップ、タスクバー、アクションセンター、さらにはタスクバーのルックアンドフィールが変わります。設定アプリでライトモードを選択すると、すべてのシステムUI要素が明るくなります。

現代の印刷体験

最新の19H1プレビュービルド18282により、最新の印刷ダイアログでライトテーマがサポートされるようになりました。さらに、印刷オプションを識別しやすくするためのアイコンなど、その他の微調整はほとんどありません。一部のドロップダウンメニュー設定に、説明の行が含まれるようになりました。また、長いプリンタ名を使用している場合は、途中で切れずに折り返されます。

「多くの印刷オプションが更新され、探しているものを簡単かつ迅速に特定するのに役立つアイコンが含まれるようになりました。また、一部のドロップダウン設定に説明の行を追加しました。これは、以下のページの例やその他のページで見ることができます 設定、印刷ダイアログの下部にある[詳細設定]をクリックした場合」 マイクロソフトは公式ブログで述べています

印刷ダイアログでライトテーマがサポートされるようになりました

Windows Updateエクスペリエンスの改善

ユーザーのフィードバックに基づいて、Microsoftは、[設定]> [更新とセキュリティ]> [Windows Update]ページで既存のオプションを直接表示することにより、更新の一時停止機能を見つけやすくしています。また、最新のビルド18282では、Windowsはデバイスのアクティビティに基づいてアクティブ時間を自動的に調整できるようになりました。設定を変更するには、 設定>更新とセキュリティ> Windows Update>稼働時間の変更

インテリジェントなアクティブ時間

ディスプレイの明るさの動作の変更

Microsoftはまた、ディスプレイの明るさの動作を変更して、バッテリー充電器からバッテリー電源に移行したときにディスプレイが明るくならないようにしています。

人がディスプレイの明るさを調整した場合、その明るさは、バッテリーを使用しているか、充電器に接続しているかに関係なく、好みの明るさとして記憶されます。この新しい動作により、より一貫性があり、バッテリーに優しいエクスペリエンスが実現します。これは、バッテリーセーバーモードの設定には影響しません。バッテリーセーバーモードで画面の明るさを下げることを選択した場合でも、バッテリーが選択したしきい値を下回ると、ディスプレイは暗くなります。

他のいくつかの変更が含まれます

[スタート]メニューのナビゲーションペインにカーソルを合わせると、しばらくすると自動的に展開されるようになりました。

アクションセンターは、他のタスクバーフライアウトの境界に沿って表示される影と一致するように影を導入します。

ナレーターは、デフォルトではツールチップを読み上げません。ただし、この機能が必要な場合は、ナレーター+ 0ショートカットを使用する必要があります。

最後に、最新のプレビュービルドでは、(WIN + Shift + S、Print Screen)キーボードの組み合わせでアクセスできる新しいウィンドウの切り取り機能を試すことができます。また、切り取りとスケッチアプリを使用して画面を切り取ることもできます。

上記の新機能に加えて、ここでは、今日のビルドにおけるその他の改善と修正のリストを示します。

いつものように、この新しいビルドにはバグ修正と既知の問題のリストも含まれています。

  • 最後の数回のフライトでビデオファイルを操作するときにファイルエクスプローラーがフリーズする問題を修正しました。
  • 特定のx86アプリおよびゲームで、過去数回のフライトでテキストがぼやけて表示され、テキストに影があるように見える問題を修正しました。
  • 予期しないカーネル変更が検出されたことを示すエラーで特定のゲームが起動して起動するのを目にした場合は、ゲームで利用可能なアップデートを確認し、さらに問題が発生した場合はお知らせください。
  • [スタート]のナビゲーションペインにカーソルを合わせると、しばらくすると自動的に展開されるようになりました。これは、インサイダーの一部が少しの間持ってきたものであり、肯定的な結果を見つけた後、すべてのインサイダーに展開しています。
  • 他のタスクバーフライアウトの境界に沿って表示される影と一致するように、アクションセンターに影を追加しています。
  • 一部のユーザーが[アプリで開く]コマンドを使用して、または[設定]> [アプリ]> [既定のアプリ]を使用して、特定のアプリとファイルタイプの組み合わせに対してWin32プログラムのデフォルトを設定できない問題を修正しました。
  • タスクビューで開いているアプリを右クリックしてもコンテキストメニューが表示されない問題を修正しました。
  • Bopomofo IMEで中国語を入力しようとすると、タッチキーボードが正しく機能しないという問題を修正しました。
  • ナレーターとChromeブラウザーのエクスペリエンスにいくつかの改善を加えました。
  • ナレータースキャンモードでは、ユーザーがWord Onlineキャンバスに到達したときにオフになり、入力がより簡単になります。
  • 最近のビルドでPCがデュアルブートに設定されている場合、ブルースクリーンになる競合状態を修正しました。
  • 一部のInsiderで休止状態からの再開時にPDC_WATCHDOG_TIMEOUTバグチェック/グリーンスクリーンが発生する問題を修正しました。
  • サインイン画面の[ネットワーク]ボタンが最近機能しない問題を修正しました。

既知の問題点

  • Microsoft Edgeで開いたPDFは正しく表示されない場合があります(スペース全体を使用するのではなく、小さい)。
  • インサイトが有効になっている場合、ハイパーリンクの色は付箋のダークモードで調整する必要があります。
  • アカウントのパスワードまたはPINを変更すると、設定ページがクラッシュします。パスワードを変更するには、CTRL + ALT + DELメソッドを使用することをお勧めします
  • マージの競合が原因で、ダイナミックロックを有効/無効にする設定がサインイン設定にありません。修正に取り組んでおりますので、今しばらくお待ちください。
  • [システム]> [ストレージ]の[他のドライブのストレージの使用状況を表示]オプションをクリックすると、設定がクラッシュします。
  • リモートデスクトップでは、一部のユーザーに対してのみ黒い画面が表示されます。

Windows 10 Build 18282をダウンロード

最新のWindows 10 19H1プレビュービルドは、高速呼び出しに登録され、Microsoftサーバーに接続されているすべてのデバイスに自動的にダウンロードおよびインストールされます。常に更新を強制できます 設定 > アップデートとセキュリティ > Windows Update、[アップデートを確認]ボタンをクリックします。

注:プレビュービルドは不安定で、いくつかのバグが含まれています。これらを本番マシンにインストールすることはお勧めしませんでした。新しい機能を試してみたい場合は、仮想マシンにWindows 10プレビュービルドをインストールすることをお勧めします。

読むことをお勧めします:Microsftは2018年10月のデータ削除バグを最終的に修正し、すべての人のためにWindows 10 1809を再リリースしました、ここで方法 2018年10月10日の更新を今すぐ入手。