Windows 10 April 2018 updateが原因で「場所が利用できません」

windows 10 april 2018 update causing location is not available



2018年4月10日の更新プログラムのロールアウトプロセスの開始まで、ユーザーは次のような多くの問題を訴えます。 クロムはシステムを凍結する、アップデートのインストール後の黒い画面、 IntelとToshiba SSDは互換性がないWindows 10バージョン1803 もっと。再びユーザーがWindows 10 April 2018 updateをインストールするとエラーが発生することを報告します場所は利用できませんまた、システムがデスクトップから起動することを不可能にします。

ユーザーがマイクロソフトフォーラムで報告するように



アップデート前はPCは本当に正常に動作していますが、Windows 10 April 2018 Updateをインストールするとエラーが表示されます“場所は利用できません
C: WINDOWS system32 config systemprofile デスクトップは利用できません。場所がこのPCにある場合は、デバイスまたはドライブが接続されているか、ディスクが挿入されていることを確認してから、再試行してください。場所がネットワーク上にある場合は、ネットワークまたはインターネットに接続していることを確認してから、もう一度お試しください。それでも場所が見つからない場合は、移動または削除された可能性があります。 - OK

場所は利用できませんwindows 10

注:Windows 10の場合 KB4284835を更新、Microsoftは、システムが起動する原因となる問題を修正しました 黒い画面 Windows 10バージョン1803にアップグレードした後。ユーザーがWindows 10にアップグレードした後、2018年4月の更新デスクトップが空白になり、「場所は利用できませんこの問題は、Windows 10 April 2018 Updateの以前の更新プログラムとの互換性の問題が原因で発生したと会社が説明しています。

「システムが黒い画面で起動する原因となった問題を解決しました。この問題は、Spring Creators Updateへの以前のアップデートが、インストール後のPCチューンアップユーティリティの特定のバージョンと互換性がないために発生します。

小切手 KB4284835更新の変更ログの詳細とオフラインダウンロードリンク

場所は利用できませんWindows 10バージョン1803をインストールした後

Microsoftはまだバグを認識していませんが、問題の影響を受けるシステムの数が過去数日間で大幅に増加したため、Microsoftがすぐに問題に対処することを期待しています。ただし、コンピュータを Windows 10 April 2018 Update 何らかの理由でデスクトップが使用できない場合は、オペレーティングシステムを以前のバージョン(Fall Creators Updateバージョン1709)に復元する必要があります。

そこからWindowsの設定にアクセスできる場合は、ロールバックオプション(更新とセキュリティ->リカバリ)を使用して Windows 10バージョン1803をアンインストールする 以前のバージョンのWindows 10に戻ります。

以前のバージョンのWindows 10に戻る

設定メニューにアクセスできない場合は、起動します 高度な起動オプション PCの電源がオンになり、高度なスタートアップメニューが表示されたらすぐにF11キーを押します。ここでシステムの復元オプションをタップして、コンピューターを以前のバージョンのWindows 10に復元します。

また、詳細オプションから、前のビルドオプションに戻るを使用して、Windows 10バージョン1803をアンインストールできます。 Windows 10の更新を延期する Windows 10が最新バージョンをインストールするのを防ぐため。

前のビルドに戻る

何もうまくいかない場合は、いつでもできます Windows 10を再インストールする