Windows 10ビルド18237(19H1)Windowsサインイン画面にアクリルを表示します

windows 10 build 18237 brings acrylic windows sign screen



マイクロソフトがリリースしました Windows 10 Insider Preview Build 18237(19H1) Skip AheadリングのInsiderへ。今後のプレビュー Windows 10バージョン1903 サインインロック画面に半透明のアクリルテクスチャを提供し、タスクマネージャー、設定、マルチモニターセットアップ、ゲーム、プログレッシブWebアプリ、Microsoft Edge、ナレーターなどのさまざまな問題とバグを修正します。

注:「19H1」ブランチは、Redstone 5に続く次の大きなアップデートであり、2019年春に確定する予定です。



投稿内容:-

Windows 10ビルド18237(19H1)の新機能

サインイン画面の背景にアクリルが追加されました

Microsoftはサインイン画面の背景にアクリルブラシテクスチャを追加しました。これにより、背景画像がぼやける原因となるきれいな半透明のテクスチャが追加されます。アクセシビリティを維持しながらアクション可能なコントロールを視覚的な階層で上に移動することで、サインインタスクに集中できるようにします。

マイクロソフトは説明する

「この一過性の表面の半透明のテクスチャは、アクセシビリティを維持しながらアクション可能なコントロールを視覚的な階層で上に移動することにより、サインインタスクに集中するのに役立ちます。」

サインイン画面の背景にWindows 10アクリルが追加されました

サインイン画面の背景にWindows 10アクリルが追加されました

Microsoftは、AndroidスマートフォンのAndroidの「Microsoft Apps」を「Your Phone Companion」に名前を変更し、「Skip Ahead」インサイダーの新しいプレリリースバージョンと一致させました。これにより、PCでの対応に名前の変更が行われます。また、Android版の「Your Phone Companion」で、PCとスマートフォン間の接続を構築するアプリが初めて利用可能になったときから可能になりました。

これらの変更に加えて、Microsoftは、ローカルアカウントに対するセキュリティの質問の使用を防ぐための新しいグループポリシーを追加します。これは以下にあります コンピューター構成 > 管理用テンプレート > Windowsコンポーネント > 資格情報ユーザーインターフェイス

Windows 10 Build 18237の一般的な変更と修正

  • 前のフライトでタスクマネージャーのサイズを変更できない問題を修正しました。
  • 以前のフライトで[アカウント]> [サインイン]に移動すると設定がクラッシュするという問題を修正しました。
  • 最近のフライトでアクションセンターの信頼性が低下する問題を修正しました。
  • タスクバーのフライアウト(ネットワークやボリュームなど)の1つを開いてすぐに別のフライアウトを開こうとすると、機能しないという問題を修正しました。
  • 複数のモニターを使用している場合に、[開く]または[保存]ダイアログをモニター間で移動すると、一部の要素が予期せず非常に小さくなる可能性があるという問題を修正しました。
  • アプリ内検索ボックスにフォーカスを設定すると、最近特定のアプリがクラッシュする問題を修正しました。
  • 最近のフライトでは、League of Legendsなどの特定のゲームが起動/接続できないという問題を修正しました。
  • TwitterなどのPWAでWebリンクをクリックしてもブラウザーが開かない問題を修正しました。
  • アプリを一時停止してから再開した後、特定のPWAが正しくレンダリングされないという問題を修正しました。
  • Microsoft Edgeを使用して特定のWebサイトに複数行のテキストを貼り付けると、各行の間に予期しない空の行が追加される問題を修正しました。
  • ペンを使用してMicrosoft EdgeのWebノートでインクを使用すると、最近のフライトでのクラッシュを修正しました。
  • 最近のフライトでヒットするタスクマネージャーのクラッシュを修正しました。
  • 最後の数回のフライトの[ディスプレイの設定]でさまざまなオプションを変更すると、複数のモニターを持つInsiderの設定がクラッシュする問題を修正しました。
  • 最近のフライトで[アカウント設定]ページの[確認]リンクをクリックするとクラッシュする問題を修正しました。
  • ローカルアカウントに秘密の質問を使用できないようにするための新しいグループポリシーを追加しました。これは、[コンピューターの構成]> [管理用テンプレート]> [Windowsコンポーネント]> [資格情報ユーザーインターフェイス]にあります。
  • アプリと機能のページのコンテンツがアプリリストの準備ができるまで読み込まれず、ページがしばらくの間空白で表示される問題を修正しました。
  • ピンインIMEの組み込みフレーズの設定のリストが空白であった問題を修正しました。
  • ナレーターのMicrosoft Edge履歴アイテムをアクティブ化するとスキャンモードで機能しない問題を修正しました。
  • Microsoft Edgeで前進するときのナレーターの選択にいくつかの改善を加えました。これを試して、フィードバックハブアプリを使用して、発生した問題をお知らせください。
  • ナレーターが一部の標準コンボボックスを「コンボボックス」ではなく「編集可能なコンボボックス」として誤って報告する問題を修正しました。

Windows 10 Build 18237の既知の問題

  • タブおよび矢印キーを使用してナビゲートすると、ナレーターが設定アプリで読み上げないことがあります。一時的にナレータースキャンモードに切り替えてみてください。また、スキャンモードを再度オフにすると、タブと矢印キーを使用してナビゲートしたときにナレーターが読み上げます。または、ナレーターを再起動してこの問題を回避することもできます。
  • 通知の背景とアクションセンターの色が失われ、透明になります(アクリル効果付き)。通知の場合、修正に取り組んでいるため、通知が読みづらくなり、お客様の忍耐が高く評価される可能性があることを認識しています。

Windows 10ビルド18237をダウンロード

Windows 10プレビュービルド18237 Skip Ahead RingのInsiderのみが使用できます。 Microsoftサーバーに接続された互換デバイスは自動的にダウンロードしてインストールします 19H1プレビュービルド18237。ただし、いつでも[設定]> [更新とセキュリティ]> [Windows Update]から更新を強制し、[更新の確認]ボタンをクリックできます。

注:Windows 10 19H1ビルド Skip Ahead Ringに参加したユーザーの一部のみが利用できます。または、方法を確認することができます スキップアワードリングに参加 Windows 10 19H1の機能をお楽しみください。

19H1ビルド18237のインストール中に、エラー0x8007000eまたはメモリ使用率が高くなる

新しいアップデートはInsider Previewのすべてのサブスクライバー向けにダウンロードできますが、多くのユーザーから、新しいビルドは「準備する」の段階にあり、そこからダウンロード手順までの間に、Windows 10 Insider Previewビルド18237をインストールしようとすると、0x8007000eエラーまたはメモリ不足のコンピューターが表示されます。したがって、このプレビュービルドを運用マシンにインストールしないことをお勧めします。仮想マシンを使用して、これらの機能をインストールして試してください。

マイクロソフトはこの問題を認識しており、Windows Insiderチームは数分前に発表しました。

「リリースしたとき 19H1ビルド18237 今日の初めに、意図せずに暗号化してリリースしました。これは外部フライトで外出することを想定していませんでした。ビルド18237を暗号化して再発行し始めました。高メモリ使用量のレポートを引き続き調査しており、再公開されたビルドがこれらの問題を解決するかどうかを監視する予定です。」