Windows 10ビルド18334.1(19h1_release)はゲームの改善で利用可能

windows 10 build 18334



本日(2019年2月8日)、MicrosoftはWindows 10 Insider Previewビルド18334をファストリングに本日リリースしました、Windows Insiderブログの投稿によると ここに、今後のWindows 10 1903(ビルド18334)には、一般的な変更とバグ修正が含まれています。ただし、マイクロソフトは一連の「ゲームの改善」もテストしており、Insidersにアクセスを許可しています。 無料の崩壊の状態 変更のテストに役立つ限られた時間。

Windows 10ビルド18334

高速リングのWindows Insiderの場合、Windows 10ビルド18334 Windows Updateを介して自動的にダウンロードしてインストールします。また、設定、更新、セキュリティから更新を確認し、Windows 10ビルド18334.1(19h1_release)をシステムに手動でインストールできます。



Windows 10ビルド18334.1(19h1_release)

今日リリースされたビルド18334では、会社はゲームの改善に重点を置いており、インサイダーはState of Decayを無料でプレイするチャンスを得ています。

ゲーム向けにカスタマイズされたテクノロジーをWindowsに提供できることを嬉しく思います。 これらのシステムが期待どおりに動作することを確認し、State of Decayを無料でプレイしてください(期間限定!)。ゲームのインストールと起動で発生した問題について教えてください。

サインアップしてState of Decayを無料でプレイするには、次の手順に従ってください。

  • Xbox Liveゲーマータグをお持ちの場合は、以下のステップ2に進んでください。ゲーマータグがない場合は、Microsoftアカウント(MSA)を使用してログインします。 https://account.xbox.comXboxアカウントを作成します。完了すると、ページの右上にゲーマータグが表示されます。
  • インストール Xbox Insider Hubアプリ フライティングを実行するPCで(ストアアプリでリンクが開きます)。
  • ゲーマータグでXbox Insider Hubにサインインします。
  • 選択する インサイダーコンテンツ 左上に。
  • 選択する 崩壊の状態
  • クリック 参加する
  • リダイレクトされない場合は、 店内に表示 ボタンをクリックして、ストアアプリを起動します。
  • ストアアプリからマシンにState of Decayテストゲームをインストールする

無料の崩壊の状態

  • State of Decayを起動して試してください!注:減衰状態は 中高年の評価M
    1. ゲームのリリースの一環として、DirectXをインストールするように求められます。これはテスト用であるため、先に進んでインストールを実行すると、ゲームが後で起動します。
  • インストールに問題がある場合、またはゲームの起動に失敗した場合は、 Microsoftストア カテゴリ(問題に応じて[ダウンロード]または[インストール]を選択)、および WindowsGamingFeedback タイトルに

また、同社は新しいゲーム体験のさまざまな問題を認識していると述べています。たとえば、Microsoft Storeのインストールボタンが最初の試行で機能しない場合があります。 Microsoftは、PCを再起動するか、ストアをリセットして、ストアの問題に対処できると述べています。

PCの一般的な変更、改善、修正

  • 注意:Windowsセキュリティアプリの新しい改ざん防止設定は、悪意のある人物が最も重要なセキュリティ設定を改ざんするのを防ぐことを支援することで、デバイスを保護します。この設定はデフォルトでオンになるように設計されていますが、デフォルトの状態は現在、現在のInsider Previewビルドに対して有効ではありません。 Windowsセキュリティアプリに、この設定をオンにすることを提案する新しい推奨事項が表示される場合があります。
  • タスクバーアイコンが最近空白になってしまう問題を修正しました。
  • カーソルの色とサイズの設定がアップグレードを維持しない問題を修正しました。
  • ハードウェアキーボードのテキスト予測設定がアップグレードを持続しない問題を修正しました。
  • カラーフィルターに移動すると設定がクラッシュする問題を修正しました。
  • 特定の条件下で最近サインイン設定がクラッシュする問題を修正しました。
  • [設定]の[Hey Cortana]トグルの状態を変更しても固定されない問題を修正しました。
  • Cortanaがサポートされていない地域で[設定]のCortanaセクションが表示される問題を修正しました。
  • 新しい設定ヘッダーのアイコンとテキストが特定のウィンドウサイズにずれる問題を修正しました。
  • プライバシー設定のナビゲーションペインに予期しない空白スペースが発生する問題を修正しました。
  • 選択した実際の音声に関係なく、[設定]> [時間と言語]> [音声]で音声をプレビューすると、Microsoft Davidが話す問題を修正しました。
  • Windows Updateの設定でアクティブ時間をリストするときに予期しない二重スペースが発生する問題を修正しました。
  • 検索にフォーカスを設定すると、検索ボックスの枠がアクセント色になります。
  • ダークモードが有効になっているときに、タスクバーの検索ボックスが暗くならなかった問題を修正しました。
  • 検索での最近のアクティビティで、暗いアイコンが使用できる場合でも、明るいテーマで白いアイコンが使用される問題を修正しました。
  • 一部のユーザーの再起動時にスタートメニューがデフォルトにリセットされる可能性がある問題を修正しました。
  • スタートの電源メニューにあるシャットダウンと再起動のオプションがリモートデスクトップセッションに表示されない問題を修正しました。
  • Cortanaを開いていると、非表示のファイルエクスプローラーウィンドウがタスクバーで開いていると表示される問題を修正しました。
  • ジャンプリストリストのアイテムを操作するときに予期しない「選択したアイテムは利用できません」というエラーが発生する問題を修正しました。
  • 周辺共有を介してファイルを共有し、その後周辺共有をオフにすると、explorer.exeがクラッシュする問題を修正しました。
  • ダークテーマを有効にすると、ファイルエクスプローラーのタイトルバーが黒い背景に溶け込む問題を修正しました。
  • 過去2回のフライトでファイルを抽出するときにエラーが発生する問題を修正しました。
  • Win32アプリでサポートされていると明示的に宣言されていないファイルタイプにデフォルトのファイルの関連付けを設定しようとすると失敗する問題を修正しました。
  • 特定のXAMLドロップダウンが開いているときにマウスが遅れる問題を修正しました。
  • ファイルを解凍するとエラーが発生する問題を修正しました。
  • ファイルを日付でグループ化したときに、先月実際にダウンロードされたファイルが1月で12月にダウンロードされた場合、「ずっと前」と表示される問題を修正しました。
  • アプリが画面の端にスナップされ始めた場合、一部のアプリがフルスクリーンにならない問題を修正しました。この問題により、このシナリオでは全画面ビデオの上にタスクバーが表示され、スナップと全画面を繰り返し切り替えた場合、アプリがゆっくりと画面外にシフトする可能性があります。
  • 最近、一部の言語でUWPアプリに入力できないという問題を修正しました。影響を受けるのは、Buginese、Friulian、およびGothicでした。
  • Microsoft Teamsなどの特定のアプリで日本語のIMEに影響する問題を修正しました。入力して変換された文字列を確定しようとすると、変換された文字列が消えます。
  • 最近のフライトで明るさを調整する機能に影響を与える2つの問題を修正しました。
  • 間違ったスケールファクト(大きすぎる、または小さすぎる)で予期せず通知が描画される可能性がある問題を修正しました。
  • ナレーターの設定「ナレーターがテキストとコントロールについて提供する詳細レベルを変更する」の値が空になる可能性がある問題を修正しました。
  • 一部のユーザーに対して、Windowsサンドボックスが黒い画面で起動する問題を修正しました。
  • ナレーターは、すべての詳細レベルで見出しをアナウンスするようになりました。
  • ナレーターを使用したSkypeデスクトップクライアントのプルダウンメニューの読み取りを改善しました。
  • 大文字の読み取りオプション「大文字のテキストの読み取り方法を変更する」のピッチデルタを「ピッチを上げる」に増やして、ピッチ変更の検出を改善します。
  • ナレーターのテキスト移動コマンドの使用中の読みやすさを改善しました。
  • ナレーターのダイアログの読み取り動作がより信頼できることを確認しました。
  • ナレーターホームを最小化するときにフォーカスがスタートメニューに設定されていることを確認。
  • ナレーターは、ユーザーがTabキーまたはShift + Tabキーで移動すると、カレンダー日付ピッカーコントロールの値をアナウンスするようになりました。
  • ナレーターは空白のツールチップをアナウンスしなくなりました。
  • 複数選択が可能な場合を除き、ナレーターとの会話から「選択されていない」フレーズを削除しました。
  • 引き続きChromeの読書体験を改善し、コンボボックスや拡張可能なボタンなどのコントロールとのやり取りも改善しました。
  • ナレーターとChromeで見出しの信頼性を高め、感動をもたらしました。
  • ナレーターと一緒に使用したときにBaum VarioUltraのナビゲーションモードを変更するときの問題を解決しました。
  • Skip Aheadのユーザー向けの小さなアプリアップデートニュース:Weatherアプリのバージョン4.28.10351.0を公開します。これにより、Weatherライブタイルがまったく機能しないか、機能しませんが、間違った場所が強調表示されます(構成によって異なります)。この件についてお問い合わせいただきありがとうございます。問題を調査しておりますので、今しばらくお待ちください。アプリのアップデートは間もなく他のリングに公開されます。

これら2つの注目すべき変更以外に、Windows 10ビルド18334にはいくつかの既知の問題も含まれています。ここでは、Windows 10 Insider Previewビルド18334の改善、修正、および既知の問題の完全なリストを、 Windowsブログ

また読む:

Windows 10 April 2019 Update(19H1プレビュー)で導入された新機能