Windows 10ビルド18362.113(19h1_release)が複数のバグ修正で利用可能

マイクロソフトは、高速リングのWindows Insider用に、別のWindows 10 1903プレビュービルド18362.113(19h1_release)をリリースしました。次の機能アップデートの最終リリースに近づいているので 1903、 Windows 10ビルド18362.113 新機能や重要な変更は導入せず、Internet Explorerのバグ修正とExcelの問題のみを提供します。このビルドには、Creative X-Fiサウンドカード、Realtek SDカードリーダー、およびゲームのチート対策に関する問題がまだ含まれています。

Windows 10 19H1プレビュービルドを既に実行している場合 18362.86 (19h1_release)Windows Update経由で自動的にダウンロードしてインストールします。常に、設定、更新、セキュリティからWindows Updateを強制し、更新を確認して手動でインストールすることができます Windows 10ビルド18362.113 システムで。



投稿内容:-



Windows 10 19H1のお知らせ

2019年5月14日: 2019年5月のパッチアップデートの一部Microsoftは、すでに実行されているリリースプレビューリングのデバイス用にKB4497936をリリースしました Windows 10バージョン1903、2019年5月更新。このアップデートKB4497936はビルド番号を変更します Windows 10ビルド18362.113 セキュリティの脆弱性、Internet Explorerの問題、Excelの問題を修正します。

  • 64ビット(x64)バージョンのWindowsに対して、マイクロアーキテクチャーデータサンプリングと呼ばれる、投機的実行のサイドチャネル脆弱性の新しいサブクラスに対する保護を提供します。
  • 移動プロファイルを使用する場合、またはMicrosoft互換性リストを使用しない場合にInternet Explorerのパフォーマンスを低下させる問題に対処します。
  • MS UIゴシックフォントまたはMS PGothicフォントを使用しているときに、テキスト、レイアウト、またはセルサイズがMicrosoft Excelで予想よりも狭くまたは広くなる問題を修正します。

それでも、既知の問題があります。WindowsDefender Application GuardまたはWindows Sandboxを起動すると、エラー「0x800705b4」が発生する場合があります。そしてマイクロソフトはこの問題の解決に取り組んでいます。



2019年4月26日: マイクロソフトは累積的な更新プログラムをリリースしました KB4497093 Windows 10 19h1にぶつかるプレビューリング Windows 10ビルド18362.86 そして、いくつかのバグを修正します:

  • ビルド18362.86から最新の20H1ビルドに更新できなかったFastリングのWindows Insider。
  • 日本のユーザー向けの改善、または日本語のIMEの修正と日時の問題の修正を含む、日本語のOSの使用
  • UWPの問題を修正 VPN プラグインアプリは、IPv6のみのネットワークで確立されたVPNトンネルを介してパケットを正しく送信できない場合があります。
  • また、ビルド18362へのアップデートが0x80242016エラーでインストールに失敗する問題が修正されました。

2019年4月9日: 同社はリリースしました 新しい累積更新 KB4495666 ぶつかるバージョン1903の場合 Windows 10ビルド18362.53。このアップデートには、通常の毎月のパッチ火曜日のリリースサイクルの一部として提供されるセキュリティアップデートも含まれています。

2019年4月8日: マイクロソフトは、Windows 10 May 2019 Updateバージョン1903をリリースプレビューリングインサイダーにリリースしました。



マイクロソフトは説明しています。

「2019年5月のアップデートは、より広範囲に展開する前に問題を検出するための追加の時間とシグナルを提供するために、より長い時間リリースプレビューリングに残ります。」

2019年4月4日: マイクロソフトは、近日中に予定されているWindows 10の機能更新(19H1 previewというコード)の名前を「Windows 10 May 2019 Update」にすると発表しました。



元の投稿:

Windows 10ビルド18362.86(19h1_release)

Windows 10 1903 RTMビルドに近づくにつれ、会社はバグの修正とユーザーエクスペリエンスの改善に焦点を合わせ始めました。



Windowsビルド18362の注目すべき変更点

  • 一部のInsiderの起動時にConnectアプリがクラッシュする問題を修正しました。
  • Microsoft Storeアプリの更新が自動的にインストールされない問題を修正しました。

それでも、いくつかの既知の問題があります。



  • チート対策ソフトウェアを使用するゲームを起動すると、バグチェック(GSOD)がトリガーされる場合があります。
  • Creative X-Fiサウンドカードが正しく機能していません。
  • 一部のRealtek SDカードリーダーが正しく機能していません。

注意: Windows Insiderビルドは未完成のビルドで、正式にロールアウトする前に新しい機能をテストできますが、これらのビルドには、PCでさまざまな問題を引き起こす未完成のバグのあるコードが含まれています。本番PCにプレビュービルドをインストールしないことをお勧めします。新しい機能を試してみたい場合は、まず仮想マシンにプレビュービルドをインストールしてください。

Windows 10 19h1リリース日

マイクロソフトは19H1アップデートのリリース日をまだ確認していません。ただし、同社は通常4月に春の更新を公開します。 Windows 10 19H1別名バージョン1903は、2019年3月のいずれかの時点でRTMステータスに到達する予定です。 ウインドウズ10 19H1の更新は2019年4月に予定されていますWindows 10 April 2019 Update Version 1903として。



Windows 10 19h1の機能

これまでのところ、MicrosoftはWindows 10 19H1プレビュービルドで多数の新機能をテストしました。これらのビルドは、2019年4月のアップデートバージョン1903にバンドルする必要があります。

まったく新しいLightテーマ これにより、スタートメニュー、アクションセンター、タスクバー、タッチキーボード、および暗いシステムテーマから明るいシステムテーマに切り替えるときに本来の明るい配色がなかった他の要素の色が明るくなります。

Windowsサンドボックス ウィンドウで仮想化バージョンのWindows 10を簡単に実行できるため、メインのWindows 10インストールに影響を与えることなく、ソフトウェアを実行し、設定とコードをテストできます。

マイクロソフトは Windows検索からCortanaを分割する 最高の検索と音声優先のデジタルアシスタントエクスペリエンスを提供します。

更新プログラムをクリーンインストールする場合、新しいアカウントを作成する場合、または新しいデバイスを購入する場合、デフォルトのスタートレイアウトが簡略化されていることに気づくでしょう。

このPCをリセットするための新しいUI [設定]> [更新とセキュリティ]> [リカバリ]の一部として、さまざまな構成のデバイス間で一貫したエクスペリエンスを提供し、完了するまでのクリック数を減らします。

マイクロソフトは、「10日間更新を一時停止する」オプションを追加しました。これにより、基本ユーザーであるWindows 10 Homeが7日間Windows更新を一時停止できます。そしてもっとあなたはの完全なリストを読むことができます ここからのWindows 10 19h1の機能。

また読む: