Windows 10 Insiderビルド18267.1001は検索インデクサーの拡張モードをもたらします

windows 10 insider build 18267



Microsoftは、19H1ブランチに新しいWindows 10 Insiderビルドをドロップし、FastおよびSkip Aheadリングをリリースしました。最新の Windows 10ビルド18267.1001 ベトナム語での入力をかなり簡単にするために、ベトナム語Telexと数字キーベースのキーボード(VNI)のサポートが追加されています。タッチキーボードは新しいシンボルで更新されました。これは、タブレットまたは2-in-1でWindows 10を実行していて、ハードウェアキーボードの代わりにタッチ入力に依存しているユーザーに特に役立ちます。この新しい追加に加えて、 ウインドウズ10 19H1ビルド18267 また紹介します 検索インデクサーの拡張モード これにより、Windows 10は標準の場所だけでなく、すべてのドライブとフォルダーを検索できます。また、Windows設定、アクションセンター、Windowsセキュリティなどのいくつかのバグ修正。

投稿内容:-

新しいWindows 10ビルド18267とは

お使いのデバイスがWindows Insiderプログラムに登録されている場合、高速またはスキップリングが鳴り、Microsoftサーバーに接続されています。 Windows 10ビルド18267 Windows Update経由で自動的にインストールされます。または、次のように入力して、ビルド18267を手動でインストールできます。 設定 -> アップデートとセキュリティ -> Windows Update そして、新しいアップデートをチェックします。

Windows 10ビルド18267.1001

検索インデクサーの拡張モード

設定アプリでは、Cortanaセクションに「Searching Windows」と呼ばれる新しいページが導入されています。ここでは、ユーザーが検索インデックスの設定を管理します。また、Microsoftは、オペレーティングシステムがドキュメント、画像、ビデオ、デスクトップだけでなく、すべてのフォルダーとドライブを検索できるようにする検索モードの拡張モードを導入しました。

マイクロソフトはこのビルドの公式リリースノートで説明しています。

「検索インデックス作成を改善するために、Windowsが制限するのではなく、すべてのフォルダーとドライブを検索できるようにする新機能を作成しました ドキュメント、画像、ビデオ、デスクトップをデフォルトで検索します。」

新しい検索インデックス作成機能を有効にするには、ユーザーは検索ウィンドウ設定のCortanaに移動し、[ファイルを検索]で[拡張]を選択して、1回限りのインデックス作成プロセスを開始します。

検索インデクサーの拡張モード

入力の改善

入力の改善には、ベトナム語のテレックスと数字キーベースのキーボードの可用性が含まれます。

「ベトナムのテレックスと数字キーベースのキーボードがPCで利用できるようになりました。 ベトナム語を書いていますか?私たちはあなたに可能な限り最高のタイピング体験をしてもらいたいので、このビルドでベトナム語を使用できるようになったことをお知らせいたします テレックス ベトナム語を入力するための数字キーベース(VNI)キーボード!これらのキーボードオプションをPCに導入することは、入力スペースで最も重要な機能の1つでした。そのため、ぜひお試しください。」

  • キーボードを有効にするには、ナビゲーションメニューから[スタート]> [設定]> [時間と言語]> [言語]を選択する必要があります。
  • (優先言語を追加)というラベルの付いた+アイコンを選択します(ベトナム語がすでに追加されている場合は、ステップ4にスキップします)。
  • 検索ボックスに「ベトナム」と入力し、ベトナム語を選択します。 [次へ]ボタンをクリックしてベトナム語をデバイスにインストールすると、[言語]ページに戻ります。
  • ベトナム語をクリックし、[オプション]ボタンをクリックします。言語オプション:ベトナム語に移動します。

このプレビューでは、ベトナム語で入力するユーザー向けの新機能に加えて、タッチキーボードからより多くの記号や特殊文字を使用できるようになります。タッチキーボードの数字と記号のビュー(&123)になったら、新しい「Ω」キーをタップするだけで、記号のリストを含む多数のタブが表示されます。

タッチキーボードのその他の記号

アクセシビリティの改善

ナレーターも愛され、Chromeのサポートが向上し、BRLTTY v 5.6でナレーターの点字がサポートされました

  • ナレーターがChromeでよりよく機能するようになりました スキャンモードでの上下矢印の使用、タブキーによるナビゲーション、連続読み取りコマンド、見出しとリンクによるナビゲーションでは、Chromeの初期サポートが提供され、今後のフライトでより多くの機能が提供される予定です。
  • ナレーター点字: BRLTTYバージョン5.6が提供され、InceptorおよびOrbit 20ディスプレイのUSBサポートが追加されました。また、USBを使用すると、BrailleNote Touchが認識されます。 Baumディスプレイは、B9とB10を互換的に使用できるようになりました。 Liblouisのバイナリとテーブルがバージョン3.7.0に更新されました。
  • UIオートメーションフレームワークIAccessible2のサポート:UIオートメーションフレームワークは、ChromeからのIAccessible2情報の変換をサポートします。これは、UIオートメーションではなくIAccessible2をサポートします。これにより、UIオートメーションクライアントは、UIオートメーションクライアントインターフェイスを介してIAccessible2情報を受け取ることができます。

Windows 10ビルド18267一般的な改善と修正

  • Windowsセキュリティなど、特定の場所でアクションを呼び出すと設定がクラッシュする問題を修正しました。
  • 前のフライトで一部のInsiderでIRQL_NOT_LESS_OR_EQUALのグリーンスクリーンが発生する問題を修正しました。
  • アクションセンターが画面の反対側に突然表示されてから、正しい側に表示される問題を修正しました。
  • アクションセンターのアイコンが未読の通知をいくつか表示することがある問題を修正しましたが、アクションセンターを開いたときに空白になります。
  • 少数のユーザーの起動時に設定がクラッシュする問題を修正しました。
  • [最近開いたアイテムをジャンプリストに表示]が[設定]で無効にされていても、最近開いたアイテムがジャンプリストに表示されることがある問題を修正しました。
  • リスト内のいずれかのフェーズをクリックすると、ピンインIMEの組み込みフレーズ設定ページがしばらくハングする問題を修正しました。
  • グループポリシー「ユーザーがスタートからアプリケーションをアンインストールできないようにする」が有効になっている場合、スタートでアプリを右クリックすると、オプションとしてアンインストールが引き続き表示される問題を修正しました。
  • 20文字を超えるバージョン番号の受信トレイアプリがある場合、検索しても結果として返されない問題を修正しました。
  • タスクバーのボリュームフライアウトからオーディオエンドポイントを切り替えると、最後の数回のフライトで機能しない問題を修正しました。
  • 修正済み一部のユーザーが最後の数回のフライトに更新した後に受信トレイアプリを起動できないという問題を修正しました。
  • スクリーンリーダーでメモ帳を使用しているときにワードラップが有効になっている場合、一部の単語が予期せず1つではなく2つのハーフワードとして読み上げられる問題を修正しました。

既知の問題(ビルド18267)

  • 2つの仮想デスクトップを作成した後、タスクビューで新しいデスクトップの下に+ボタンが表示されません。
  • 一部のユーザーは、Getting Things Ready、Downloading、Installingの間で更新ステータスが循環していることに気づくでしょう。これには、エクスプレスパッケージのダウンロードの失敗が原因のエラー0x8024200dが伴うことがよくあります。
  • タスクマネージャーの設定を変更すると、次にタスクマネージャーを開いたときに、デフォルトに戻ります。
  • 多数のOTFフォント、または拡張東アジア文字セットをサポートするOTFフォントがある場合、システム全体でテキストが予期せず欠落することがあります。修正に取り組んでいます。この問題が発生した場合、Fontsフォルダー(c: windows fonts)に移動すると解決することがあります

いつものように、あなたは上の完全なリリースノートを見ることができます Windowsブログ