Windows 10 Insider Build 18272がリリースされ、公式ISOがダウンロード可能に

windows 10 insider build 18272 released



Microsoft Todayは、新しいプレリリースバージョンをリリースしました Windows 10ビルド18272.1000 19H1開発ブランチでは、いくつかの改善と修正が行われていますが、大きな変更はありません。最新のWindows 10 Insider Preview Build 18272は、高速リングとスキップアヘッドリングの両方でダウンロードでき、完全に再インストールするためのISOファイルの形式でも入手できます。同社によれば、最新の19H1ビルドには、サインインオプションに複数の重要な改善が含まれており、SwitfKeyテクノロジーはより多くの言語に拡張され、ナレーターの改善などがあります。また、最新のビルドでは、メモ帳、設定アプリのクラッシュ、スピーカーの機能強化、ファイルエクスプローラーのFLACメタデータ、タスクマネージャーのバグが修正されています。

注:に従って Microsoftブログ、Windows 10ビルド18272は、デフォルトの言語として英語を使用するように構成されていない限り、ARMデバイスでは使用できません。



投稿内容:-

Windows 10(19H1)Build 18272をダウンロード

お使いのデバイスが既にインサイダービルドに登録されていて(高速呼び出しとスキップオプション)、Microsoftサーバーに接続されている場合Windows 10ビルド18272が自動的にダウンロードされ、PCにインストールされます。もちろん、Windows Updateを強制的に設定、更新、セキュリティから最新のビルドをインストールすることもできます。ここでWindowsの更新から、更新の確認をクリックします。

Windows 10 Insider Preview Build 18272

また、 Windows 10ビルド18272 ISO ダウンロード可能なファイル。Microsoftの公式ページにアクセスするだけです。 ここに そしてISOファイルをダウンロードして完全に再インストールするか、実行してください Windows 10クリーンインストール

Windows 10ビルド18272 ISO

新しいWindows 10 Build 18272とは何ですか?

Windows 10 19H1ビルド18272に含まれるすべての新機能、改善点、およびその他の変更点を以下に示します。リリースノートの全文は、Microsoftブログから読むことができます。

Windows Helloのサインインオプションの再設計

19H1ビルド18272以降、ユーザーがWindows Hello認証方法を簡単に設定できるように、[設定]のサインインオプションが簡略化されました。

Microsoftブログ18272によると、 「以前のデザインが雑然としていて混乱していたというあなたのフィードバックが、サインインオプションの設定を簡素化するきっかけになりました。この更新により、PINを使用する場合でも、指紋や顔認識などの生体認証要素を使用する場合でも、ニーズに最も安全で最速のサインインオプションを選択できるようになると確信しています。」

Windows Helloのサインインオプションの再設計

SwiftKeyがより多くの言語をサポート

MicrosoftのAI搭載のWindows 10用SwiftKey仮想キーボードが、より多くの言語で利用可能になりました。最新のサポートにより、サポートが次の言語に拡張されます。

  • 英語(カナダ)-en-CA
  • 英語(インド)-en-IN
  • フランス語(カナダ)– fr-CA
  • フランス語(ベルギー)– fr-BE
  • フランス語(スイス)– fr-CH
  • ポルトガル語(ポルトガル)– pt-PT
  • ドイツ語(スイス)-de-CH
  • スペイン語(米国)– es-US

物理キーボードを使用している場合、ハードウェアキーボードのテキスト候補も上記の言語でサポートされています。試すには、[設定]> [デバイス]> [入力]の[入力時にテキスト候補を表示する]機能を有効にする必要があります。

さらに、最新のビルドでは、ヒンディー語、バングラ語、タミル語、マラーティー語、パンジャブ語、グジャラート語、オディア語、テルグ語、カンナダ語、マラヤーラム語にインド語の発音キーボードを追加して、よりネイティブな言語をサポートしています。

この機能を有効にするには、次の手順に従います。

  • 言語設定とインド語(ヒンディー語など)を開き、画面の指示に従ってインド語をデバイスにインストールします。
  • (キーボードの追加)というラベルの付いた+アイコンを選択し、ふりがなキーボードを有効にします。

付箋はダークモードのサポートを取得し、同期が改善されました。OneNoteとの同期により、Webでも利用できるようになりました。

Windows 10ビルド18272の変更と改善

いくつかの既知の問題とその他の一般的な改良点も含まれています。

  • [スタート]メニューで、グループ名またはタイルフォルダーを右クリックできるようになり、固定を解除するオプションが表示されるようになりました。
  • 最近のフライトでタスクマネージャーを閉じて再度開いた後にタスクマネージャーの設定が保持されない問題が修正されました
  • メモ帳で折り返しを有効にして上方検索を実行しても、テキストの最後の単語が見つからない問題を修正しました。
  • データ使用に移動すると設定アプリがクラッシュするバグが修正されました。
  • また、[設定]でPINの削除プロセスを開始し、パスワードの入力を求められたときに[キャンセル]をクリックすると設定がクラッシュする問題も修正しました。
  • Connectフライアウトから投影するワイヤレスディスプレイを選択した後、最後のいくつかのビルドで一部のデバイスでtwinui.dllがクラッシュする問題を修正しました。
  • 最新のビルドでは、[スピーカーのプロパティ]> [拡張機能]で選択した拡張機能がアップグレード時に保持されない問題が修正されました。
  • ファイルエクスプローラーやその他の場所でFLACメタデータが短くなる問題を修正しました。
  • 管理者以外のユーザーがWi-Fiプロファイルの「削除」オプションを使用できるようになりました。
  • Ctrl +マウスホイールスクロールしてテキストを拡大できるようになりました。コマンドプロンプト、PowerShell、WSLでサポートされています。
  • ダークテーマ([設定]> [個人設定]> [色])を使用すると、コマンドプロンプト、PowerShell、およびWSLのスクロールバーも暗くなります。
  • デフォルトのアプリモードを変更し、透明度を有効または無効にするオプションは、色の設定の上部に移動され、ユーザーが見つけやすくなりました。

Windows 10ビルド18272既知の問題

  • 2つの仮想デスクトップを作成した後、タスクビューで新しいデスクトップの下に+ボタンが表示されません。
  • 一部のユーザーは、Getting Things Ready、Downloading、Installingの間で更新ステータスが循環していることに気づくでしょう。これには、エクスプレスパッケージのダウンロードの失敗が原因のエラー0x8024200dが伴うことがよくあります。
  • 多数のOTFフォント、または拡張東アジア文字セットをサポートするOTFフォントがある場合、システム全体でテキストが予期せず欠落することがあります。修正に取り組んでいます。この問題が発生した場合は、Fontsフォルダー(c: windows fonts)に移動すると解決することがあります。
  • Microsoft Edgeで開いたPDFは正しく表示されない場合があります(スペース全体を使用するのではなく、小さい)。
  • PCがデュアルブートに設定されている場合、ブルースクリーンが発生する競合状態を調査しています。今のところ回避策がデュアルブートを無効にすることに影響している場合は、修正が完了したときにお知らせします。
  • インサイトが有効になっている場合、ハイパーリンクの色は付箋のダークモードで調整する必要があります。
  • アカウントのパスワードを変更すると、設定ページがクラッシュします。パスワードを変更するには、CTRL + ALT + DELメソッドを使用することをお勧めします

これらはプレビュービルドであり、ユーザーと開発者の両方にとって既知の問題がいくつかあることに注意してください。ビルドを本番マシンにインストールすることはお勧めしませんでした。また、ブログから読む Windows 10ブルースクリーンオブデス(BSOD)エラー–究極のガイド2018