Windows 10 Insider Preview Build 17666(RS5)の新機能と変更点

windows 10 insider preview build 17666 new features



マイクロソフトは本日リリース Windows 10 Insider Preview Build 17666 (RS5)高速リングのWindows Insiderへの多数の新しい 特徴 セットの改善、クラウド駆動のクリップボードエクスペリエンス、ファイルエクスプローラー用の完成したダークテーマ、メモ帳でのLinuxおよびMacの行末サポート、Bingを使用したメモ帳検索、検索プレビュー、カスタムタイルフォルダー名など。

Windows 10 Insider Preview Build 17666

Windows 10 Insider Preview Build 17666

ここでは、Windows 10 Insider Preview Build 17666(Redstone 5)の新機能と変更ログの概要を収集しました。 Microsoftのリリースノート全体を読むことができます。 ブログ投稿。



投稿内容:-

クラウド駆動のクリップボード

新着 クラウド駆動のクリップボード これは、Windows 10 Insider Preview Build 17666の最大の追加機能であり、Windows 10ユーザーがデバイス間でクリップボードのコンテンツを共有できるようになります。クラウドクリップボードには、コピーされた内容の履歴が含まれており、セットやタイムラインと同じように同期されるため、1つのPCからコピーして別のPCに貼り付けることができます。

クラウド駆動のクリップボード

クラウド駆動のクリップボード

この新しいクリップボードインターフェイスにアクセスするには、単に WIN + V 新しいクリップボードエクスペリエンスが提供されます!」新しいクリップボードを管理するには、 設定>システム>クリップボード

注:クリップボード上のローミングテキストは、100 kb未満のクリップボードコンテンツでのみサポートされます。現在、クリップボードの履歴は、プレーンテキスト、HTML、および1MB未満の画像をサポートしています。

セットの改善

このリリースでは、Microsoftはセットに集中することに反対しています。このアップデートの一部として、セットにアクリルのタイトルバーが追加され、境界線が灰色に変更されました。

その他の改善点は次のとおりです。

  • 最近のMicrosoft EdgeタブがAlt + Tabに表示されるようになりました:
  • マルチタスク設定で、新しいウィンドウをタブで開くかどうかを選択できるようになりました。
  • セット内のタブをミュートできるようになりました。セットのウェブページで音声の再生が始まると、タブに音量アイコンが表示されます。クリックするだけで、Microsoft Edgeと同様に音声がミュートされます。
  • タブのパフォーマンスが向上しました。

ファイルエクスプローラーのダークテーマ

もう1つの大きな更新は、ファイルエクスプローラーがWindowsの暗いユーザーインターフェイスの他の部分と一致する暗いテーマを取得していることです。この最新のWindows 10プレビュー17666は、ファイルエクスプローラー、アプリ内の一般的なユーザーメニュー、ポップアップの開く/保存ダイアログに黒い背景を適用する部分的なダークモードも備えています。暗いテーマは、Windows 10の黒いタスクバーとスタートメニューに一致するように設計されています。に行くことによってそれをつけることができます 設定>カスタマイズ>色。今、ダークテーマを使用すると、全体的なWindows 10エクスペリエンスがより均一になるはずです。

ファイルエクスプローラーのダークテーマ

ファイルエクスプローラーのダークテーマ

Bingによるメモ帳検索

マイクロソフトは、メモ帳に「興味深い」機能を追加しました。この機能を使用すると、ユーザーはテキストを強調表示してBingで検索できます。これは、すべての人に役立つ機能を提供するというよりは、人々にBingを使用してもらうためのプッシュのように感じられます。

Bingによるメモ帳検索

Bingによるメモ帳検索

また、Microsoftはついにメモ帳を更新し、Linux、Unix、およびMacで使用される行末文字をサポートするようになりました。これにより、LinuxまたはMacで作成されたファイルをメモ帳で開いて、文字化けした1行の混乱に表示されるのではなく、適切にレンダリングすることができます。

アプリやドキュメントなどをサポートする新しい検索プレビューがあり、実際に探しているファイルやプログラムが見つかったかどうかを再確認できます。スタートメニューでタイルフォルダーに名前を付けることができます。また、Microsoftが従来のコントロールパネルから離れるにつれて調整を続けているため、設定の改善に気づくでしょう。

スタートメニューのタイルフォルダーにカスタム名を追加できるようになりました。これを行うには、タイルフォルダーを展開します。タイルフォルダーに名前を付けるオプションが表示されます。

PCの一般的な変更、改善、修正

  • Microsoftは、explorer.exeが数分おきにクラッシュする可能性があった前のフライトのdllの問題を修正しました。
  • 以前のビルドにアップデートした後、VPNが機能しなくなる可能性がある問題を修正しました。
  • Microsoftは、PCのプライマリアカウントからアプリのアップデートを受信した後、アプリがセカンダリアカウントで見つからないように見える前のビルドの問題を修正しました。
  • Microsoftは、前のフライトの問題を修正し、tcpip.sysでエラーIRQ_NOT_LESS_OR_EQUALのバグチェックが発生する結果となりました。
  • Microsoftは、最後の数回のフライトでウィンドウを最大化したときに境界線が表示される問題を修正しました。
  • MicrosoftはこのPCのデザインを更新し、クラウドファイルの状態アイコン(このページでは関係ありません)に表示されるスペースがなくなった。
  • スニッピングツールバー(WIN + Shift + S付き)は、明るいか暗いかにかかわらず、希望のテーマに従います。
  • マイクロソフトは、explorer.exeを再起動した直後に呼び出された場合、絵文字パネルとタッチキーボードが正しく表示されない可能性がある問題を修正しました。

また、読む Windows 10バージョン1803累積更新プログラムKB4103721 OSビルド17134.48変更ログ