Windows 10プレビュービルド18277.100(rs_prerelease)がダウンロード可能(Windows Insiders)

windows 10 preview build 18277



別の週、別の Windows 10 19H1プレビュービルド18277.100(rs_prerelease) ユーザーがテストしてフィードバックを提供するためのマイナーな変更やバグ修正を含むFast RingのInsiderで利用できます。 Microsoftのブログによると、最新のWindows 10プレビュービルド18277には、フォーカスアシスト、アクションセンター、高DPIディスプレイのサポート、新しい絵文字の紹介など、特に派手ではないが頻繁に使用されるWindows 10のさまざまな機能が含まれています。

注:19H1はコードネームで、来年4月にリリース予定のWindows 10機能の次のアップデートです。これまでのところ、デスクトップ上の更新、Windows Shellのマイナーな変更の外、および拡張機能の下に何が含まれるかについてはあまり知られていません。



投稿内容:-

Windows 10 Build 18277をダウンロード

インサイダービルド(高速呼び出しとスキップオプション)に登録し、デバイスがMicrosoftサーバーに接続されている場合Windows 10ビルド18277が自動的にダウンロードされ、PCにインストールされます。もちろん、Windows Updateを強制的に設定、更新、セキュリティから最新のビルドをインストールすることもできます。ここでWindowsの更新から、更新の確認をクリックします。

Windows 10 Build 18277をダウンロード

Windows 10プレビュービルド18277の新機能

Windows 10 19H1ビルド18277に含まれるすべての新機能、改善点、およびその他の変更点を以下に示します。リリースノートの全文は、Microsoftブログから読むことができます。

進化するフォーカスアシスト

Windows 10 April Updateで導入されたフォーカスアシスト機能は、電話のDND機能に少し似ています。この機能を有効にすると、ソーシャルメディアやその他の通知によって中断されることがなくなり、ユーザーは特定の期間にこの機能を自動的にオンにすることを選択できます。

そして今日は ビルド18277のプレビュー 新しく追加された機能により、ユーザーは全画面モードでこれらの通知の影響を受けなくなります。たとえば、ユーザーが映画を視聴し、Officeドキュメントを全画面で学習し​​て作成した場合、オプションが有効になっても通知されないため、全画面モードを終了する前に通知を静かに保つことができます。

このオプションを有効にするには、[設定]> [システム]> [フォーカスアシスト]> [優先リストのカスタマイズ]に移動して、チェックボックスをオンにする必要があります。

進化するフォーカスアシスト

アクションセンターの改善

新しいアクションセンターの輝度調整がボタンからスライダーに変更されました。マイクロソフトは言った

「アクションセンターで最も人気のあるリクエストの1つは、明るさの「クイックアクション」をボタンではなくスライダーにすることです。今です。 「

アクションセンターの明るさ調整

さらに、設定アプリにアクセスすることなく、アクションセンターから直接クイックアクションを簡単に管理できるようになりました。これは、ユーザーが現在のページをよりすばやく配置できることを意味します。

19H1に登場する新しい絵文字

Emoji 12はWindows 10にも登場し、Microsoftは現在、19H1ユーザー向けに洗練されたバックの実装に取り​​組んでいると述べています。

同社は言う: 「Emoji 12リリースの絵文字の完全なリストはまだベータ版であるため、絵文字が完成すると、インサイダーは今後のフライトでいくつかの変更に気付く場合があります。新しい絵文字に検索キーワードを追加したり、まだ完成していない絵文字をいくつか追加したりするなど、もう少し作業が必要です。

Windows 10で登場する絵文字12

高DPIの改善

過去数年から、MicrosoftはWin32アプリケーションの高DPIディスプレイのサポートを大幅に改善しました。また、Windows 10 19H1ではデフォルトで新しい設定が有効になり、スケーリングの問題が自動的に解決されるため、ユーザーが「Fix Blur App」通知を表示する回数が減ります。

ぼかしアプリを自動的に修正

Windowsセキュリティは、追加のWindows Defender Application Guard設定を取得します

Insiderは検疫参照の新しいオプションに気付き、ユーザーはApplication Guardを使用してカメラとマイクにアクセスし、Edgeブラウザーを制御できます。 Microsoft EdgeのApplication Edgeでこの機能をオンにするには、[設定]> [プライバシー]> [マイクと設定]> [プライバシー]> [カメラ]でデバイスのカメラとマイクの設定をオンにする必要があります。

Windows Defender Application Guardの設定

このビルドのその他の一般的な変更、改善、修正には、以下が含まれます。

  • ビルド18272でWSLが機能しない問題を修正しました。
  • 多数のOTFフォントがある場合、または拡張東アジア文字セットをサポートするOTFフォントがある場合に、画面にテキストが表示されない問題を修正しました。
  • 2つの仮想デスクトップを作成した後、タスクビューが新しいデスクトップの下に+ボタンを表示できないという最近の問題を修正しました。
  • 表示中にAlt + F4を押すと、タイムラインがexplorer.exeをクラッシュさせる問題を修正しました。
  • アプリのピン留め、ピン留め解除、またはアンインストール時に、最近のビルドのスタートメニューの信頼性に大きな影響を与える問題を修正しました。
  • ネットワークの場所からエクスプローラーのフォルダーを右クリックした後、期待されるコンテキストメニューが表示されない問題を修正しました。
  • 一部のインサイダーは、今後のフライトでのファイルエクスプローラーの小さな違いに気付くかもしれません—マイクロソフトは、これについて後で共有する必要があります。
  • ウィンドウが必要なほど小さい場合、最近のフライトで設定のホームページにスクロールバーが表示されない問題を修正しました。
  • [設定]で[地域]ページを識別するために使用されるアイコンを更新します。
  • サインイン設定に移動すると、最近のフライトで設定が時々クラッシュする問題を修正しました。
  • 埋め込みの手書きパネルを使用して検索ボックスに入力し、パネル内の言語を切り替えたときに設定がクラッシュする問題を修正しました。
  • 画面の向きを変更した後にウィンドウを最大化すると、ビデオを再生すると予期せずいくつかのフレームが間違った向きで表示される問題を修正しました。
  • 最近のフライトで絵文字パネルの信頼性に影響を与える問題を修正しました。
  • スペースバーを2回すばやくタップした後にピリオドを入力するタッチキーボードの機能も、最近ハードウェアキーボードで入力するときに誤って有効になり、現在は無効になっています。
  • WIN + Shift + Sのパフォーマンスを向上させるためにいくつかの調整を行いました。
  • Microsoftが将来のアイデアを検討しているときに、一部のインサイダーは、スニッピングエクスペリエンスの変更に気づくかもしれません。
  • 引き起こした問題を修正しました ファーマネージャー 「dir」のような長時間実行中のコマンドの実行中に大幅な一時停止を行うには( Microsoft /コンソール#279)。
  • WindowsアプリケーションがWSLから相互運用機能を介して実行され、アプリケーションが * PseudoConsole API 左上隅を過度に再描画する(を参照) Microsoft /コンソール#235)。
  • 前のフライトでコマンドプロンプトから「start」を実行するとアクセス拒否エラーで失敗する問題を修正しました。
  • 一部のInsiderが前のフライトでエラーKMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLEDのバグチェック(緑色の画面)を経験するという問題を修正しました。
  • シャットダウン時、またはMicrosoftアカウントからローカル管理者アカウントに切り替えるときに、特定のデバイスがバグチェック(GSOD)にヒットする可能性がある問題を修正しました。
  • 最後の数回のフライトで一部のInsiderのバックグラウンドでwuaueng.dllが繰り返しクラッシュする問題を修正しました。

既知の問題は次のとおりです。

  • 一部のユーザーは、Getting Things Ready、Downloading、Installingの間で更新ステータスが循環していることに気づくでしょう。これには、エクスプレスパッケージのダウンロードの失敗が原因のエラー0x8024200dが伴うことがよくあります。
  • Microsoft Edgeで開いたPDFは正しく表示されない場合があります(スペース全体を使用するのではなく、小さい)。
  • マイクロソフトは、PCがデュアルブートに設定されている場合にブルースクリーンが発生するまれな状態を調査しています。影響を受けている場合の回避策は、現時点ではデュアルブートを無効にすることです。
  • インサイトが有効になっている場合、ハイパーリンクの色は付箋のダークモードで調整する必要があります。
  • アカウントのパスワードまたはPINを変更すると設定ページがクラッシュします。マイクロソフトでは、CTRL + ALT + DELを使用してパスワードを変更することをお勧めします
  • マージの競合が原因で、ダイナミックロックを有効/無効にする設定がサインイン設定にありません。

また読む Windows 10 October 2018 Updateバージョン1809で導入された新機能!