Windows 10 Redstone 5 Build 17650の機能と改善

マイクロソフトは新しい Windows 10 Insider Preview Build 17650 (RS5)Skip AheadにオプトインしたWindows Insiderへ。 Windows Defenderセキュリティセンターのいくつかの新機能が含まれています。しかし、ビルド17650には、以前のInsider Buildの後にWindows Insidersによって報告されたバグの修正と改善の長いリストが付属しています。マイクロソフトは、Windows 10向けの最新のInsider Buildで、多くの問題を確実に修正しました。

投稿内容:-



Windows Defender Security Center(ビルド17650)の新機能

WINDOWS DEFENDER SECURITY CENTERが流れるようなデザインの更新を取得



Windows Defender Security Center(WDSC)は、最新のプレビュービルドでFluent Designの更新を取得します。同社は、アプリケーションの間隔とパディングも調整しました。

メインページのカテゴリのサイズも改善され、追加情報用のスペースが増えました。アプリケーションのタイトルバーも変更され、アプリがアクセントカラーを使用するようになりました。これは、色設定で有効にする必要があります。セットを有効にすると、WDSCタブで色を確認できます。



Windows Defender Security Center(ビルド17650)の新機能
Windows Defender Security Center(ビルド17650)の新機能

WINDOWS DEFENDERファイアウォールがLINUX(WSL)プロセスのWINDOWSサブシステムをサポートするようになりました

最新のビルドでは、17650 Windows Defender FirewallがLinuxプロセスのWindowsサブシステムをサポートするようになりました。これで、Windows Defender FirewallのWSLプロセスに特定のルールを追加できるようになります。

Windowsサブシステムの通知のサポートもプロセスに追加されました。これ以外に、最新のWindows 10ビルド17650に追加された新機能はありません。



修正された問題ビルド17650

リボンが最小化された状態で開くファイルエクスプローラーの問題を修正しました。この問題は修正され、ファイルエクスプローラーはユーザーが残した場所から記憶するようになりました。また、Windows Defender Security Centerアプリのメインページの要素に関する問題も修正しました。

[設定]でオプションが予期せず削除されたデフォルト以外の言語がグレー表示されていました。この問題は、最新のInsiderビルドで会社によって修正されています。 [設定]で切り替えられたカラーフィルターとハイコントラストのアイコンの問題も、Windows開発チームによって修正されました。

リンクをクリックしたときの設定のクラッシュが修正され、設定でリンクをクリックしたときに設定セクションがクラッシュしなくなりました。アプリへのナビゲーションの結果、設定がクラッシュしました。この問題は、Windows開発チームによっても修正されています。



上記の修正に加えて、最新のWindows 10ビルド17650にはいくつかの既知の問題があります。変更点、改善点の修正、既知の問題の一覧

PCの一般的な変更、改善、修正

  • Microsoftは、リボンを残した方法を思い出すのではなく、常に最小化された状態でファイルエクスプローラーが開く問題を修正しました。
  • Microsoftは、Windows Defender Security Centerアプリのメインページの要素がマウスホバーのサイズをわずかに変更する問題を修正しました。
  • Microsoftは、デフォルト以外の言語が予期せずに[設定]で削除オプションがグレー表示される問題を修正しました。
  • マイクロソフトは、設定でカラーフィルターとハイコントラストのアイコンが切り替えられる問題を修正しました。
  • Microsoftは、他のアプリを起動した設定​​のリンクをクリックすると設定がクラッシュし、それ以外は何も起こらない問題を修正しました。
  • Microsoftは、[アプリ]> [デフォルトのアプリ]> [アプリごとにデフォルトを設定]に移動すると、一部のユーザーに設定のクラッシュが発生する問題を修正しました。

既知の問題点



  • スリープ状態から再開すると、ロック画面が期待どおりに表示される前に、デスクトップが一時的に表示されることがあります。
  • ムービー&TVユーザーがビデオライブラリへのアクセスを拒否すると([ムービー&TVにビデオライブラリにアクセスさせますか?]ポップアップウィンドウまたはWindowsのプライバシー設定を通じて)、ユーザーが[個人]タブに移動するとムービー&TVがクラッシュします。
  • Wordの「並べて表示」などの機能を含むウィンドウのタイリングとカスケードは、非アクティブなタブでは機能しません。
  • Office Visual Basic Editorウィンドウは現在タブ付きですが、将来的には使用する予定はありません。
  • 同じアプリで既存のドキュメントが開かれているときにOfficeドキュメントを開くと、最後のアクティブなドキュメントに意図せずに切り替わる場合があります。これは、他のシートが開いたままExcelでシートを閉じるときにも発生します。
  • ローカルファイルまたはMicrosoft以外のクラウドファイルは自動的に復元されず、そのことをユーザーに警告するエラーメッセージは表示されません。
  • Office Win32デスクトップアプリのUXは最終的なものではありません。フィードバックに基づいて、エクスペリエンスは時間とともに改善されます。
  • 一部のWin32デスクトップアプリウィンドウの上部は、最大化して作成すると、タブバーの少し下に表示される場合があります。この問題を回避するには、ウィンドウを元に戻して最大化します。
  • 1つのタブを閉じると、セット全体が最小化される場合があります。
  • Alt + Tabを呼び出したときにナレーターが余分なテキストを読む原因となる問題を認識しており、Microsoftは修正に取り組んでいます。
  • 矢印キーとPage Up / Page Downキーを使用しても、Microsoft EdgeでWebページをスクロールできません。別の入力方法(マウス、タッチ、またはタッチパッド)を使用する必要があります。
  • このビルドでWindows Mixed Realityヘッドセットのセットアップを完了すると、ヘッドセットを取り外してPCに再接続するまで、ヘッドセットは黒色のままになります。

上記のように最新の Windows 10プレビュービルド17650 Skip Ahead Ringに登録したInsiderが利用できます。最新のビルドは、[設定]> [更新とセキュリティ]> [Windows Update]> [更新の確認]からダウンロードできます。ISOイメージは、以下のリンクをクリックしてダウンロードできます。 ISO x86 / x64をダウンロードします。