Windows 10 Update KB4343897バージョン1709(OSビルド16299.611)の変更ログとダウンロードリンク

に加えて 累積的な更新KB4343909 Windows 10バージョン1803の場合、マイクロソフトは本日、Windows 10 Fall Creators Updateバージョン1709を実行しているデバイス用のアップデートKB4343897をリリースしました。したがって、Windows 10 Fall Creators Updateを使用している場合は、 KB4343897 代わりに。このアップデートをインストールすると、OSがWindows 10ビルド16299.611に変更され、Microsoft Edge、Internet Explorer、HoloLens、Device Guardなどのさまざまな問題が修正されます。見てみましょう 累積的な更新KB4343897 Windows 10バージョン1709(OSビルド16299.611)の変更ログの詳細。

投稿内容:-



Windows 10ビルド16299.611変更ログ

マイクロソフトは、KB4343897を発表しました Windowsサポートサイト 「2018年8月14日-KB4343897(OSビルド16299.611)」と呼ばれています。 PCでWindows 10バージョン1709を既に実行している場合、このアップデートは次の問題に対処します。



修正されたバグKB4343897

    • Intel CoreプロセッサーおよびIntel Xeonプロセッサー(CVE-2018-3620およびCVE-2018-3646)に関連するL1ターミナルフォールト(L1TF)と呼ばれる新しい投機的な「サイドチャネル脆弱性」に対する保護を提供します。レジストリ設定を使用して、Spectre Variant 2およびMeltdownの脆弱性に対する以前のオペレーティングシステムの保護が有効になっていることを確認します。 (これらのレジストリ設定は、WindowsクライアントOSエディションではデフォルトで有効になっていますが、WindowsサーバーOSエディションではデフォルトで無効になっています。)
  • 15hおよび16hファミリーAMDプロセッサーを搭載した一部のシステムでパフォーマンスの低下につながる、高いCPU使用率を引き起こす問題を修正します。この問題は、2018年6月または2018年7月にMicrosoftからWindows Updateをインストールし、Spectre Variant 2(CVE-2017-5715 –ブランチターゲットインジェクション)に対処するAMDマイクロコードアップデートをインストールした後に発生します。
  • トークンバインディングプロトコルv0.16のドラフトバージョンのサポートを更新します。
  • 2018年5月の累積的な更新プログラムをインストールした後、Device Guardがいくつかのieframe.dllクラスIDをブロックする問題を修正します。
  • Internet ExplorerとMicrosoft Edgeがpreload =“ none”タグをサポートするようにします。
  • ハイブリッドAzure ADに参加しているマシンに2018年7月24日に更新をインストールした後、ログイン画面で「AzureAD」がデフォルトドメインとして表示される問題を修正します。その結果、ユーザーは、ユーザー名とパスワードを入力するだけでは、ハイブリッドAzure AD参加シナリオにログインできません。
  • Internet Explorerから他のアプリケーションにコピーされたコンテンツに余分なスペースが与えられる問題を修正します。
  • ワイルドカード(*)とドットソーススクリプトを併用した場合のエクスポートモジュールメンバー()関数に関連する脆弱性を修正します。このアップデートをインストールすると、Device Guardが有効になっているデバイスの既存のモジュールが意図的に失敗します。例外は、「このモジュールはワイルドカード文字を含む関数をエクスポートするときにドットソース演算子を使用します。これは、システムがアプリケーション検証中の場合は許可されません」です。
  • Windows Serverのセキュリティ更新プログラム。

既知の問題#1:

一部の英語以外のプラットフォームでは、ローカライズされた言語ではなく英語で次の文字列が表示される場合があります。「この言語モードでは、ファイルからのスケジュールされたジョブの読み取りはサポートされていません。」このエラーは、作成したスケジュール済みのジョブを読み取ろうとしたときにDevice Guardが有効になっているときに表示されます。」



既知の問題#2:

Device Guardが有効になっている場合、一部の英語以外のプラットフォームでは、ローカライズされた言語ではなく、次の文字列が英語で表示されることがあります。

  • 「 ‘&’または ‘。’演算子を使用して、言語の境界を越えてモジュールスコープコマンドを呼び出すことはできません。」
  • Device Guardが有効になっている場合、「PSDesiredStateConfiguration」モジュールの「Script」リソースはサポートされません。 PowerShellギャラリーからPSDscResourcesモジュールによって公開された「スクリプト」リソースを使用してください。」

既知の問題#3:



2018年7月のいずれかの.NET Frameworkセキュリティ更新プログラムをインストールした後、「アクセスが拒否されました」、「クラスが登録されていません」、または「不明な理由により内部エラーが発生しました」というエラーが原因で、COMコンポーネントの読み込みに失敗します。最も一般的なエラー署名は次のとおりです。

例外の種類:System.UnauthorizedAccessException

メッセージ:アクセスが拒否されました。 (HRESULTからの例外:0x80070005(E_ACCESSDENIED))



Windows 10 Update KB4343897(OSビルド16299.611)をダウンロード

Microsoftサーバーに接続されているすべての互換デバイスは自動的に 2018-08 x64ベースシステム用Windows 10バージョン1709の累積的な更新プログラム(KB4343897) Windows Update経由。また、からの更新を強制することができます 設定 > アップデートとセキュリティ > Windows Update をクリックして アップデートを確認する ボタン。

Windows 10更新の確認

または、Microsoftのカタログブログまたはリンクから更新KB4343897スタンドアロンパッケージをダウンロードすることもできます:KB4343897の手動ダウンロード



Windows 10累積更新プログラムKB4343897(OSビルド16299.611)のダウンロード中に問題が発生した場合、更新プログラムのチェックが進まない、更新KB4343897がダウンロードまたはインストールを進まない Windows 10 Ultimate Updateトラブルシューティングガイド

また、読む Windows 10で機能の更新(ビルド1709)への自動強制アップグレードを停止する方法