Windows 10バージョン1709の累積的な更新KB4284822(OSビルド16299.522)

windows 10 version 1709 cumulative update kb4284822 os build 16299



マイクロソフト、累積的な更新プログラムをリリース KB4284822 Windows 10バージョン1709(2番目に使用頻度の高いOSリリース 2018年4月の更新。)KB4284822アップデートをインストールすると、OSビルド番号が 16299,522 以前の累積的な更新によって引き起こされ、パフォーマンスの低下につながる問題を修正します。マイクロソフトは次のように説明しています。

「オペレーティングシステム機能におけるアプリケーションのパフォーマンス低下の問題に対処します。この低下により、メモリの大きなブロック(など)がロックおよび解放されます。 VirtualLock そして ヒープフリー)インストール後 KB4056892 それに代わる修正。」
さらに、同じ更新プログラムにより、休止状態から再開しようとしたときに発生した問題が修正され、タッチキーボードを使用したパスワードフィールドの編集を妨げる問題が解決されます。また、この更新により、グループポリシーのユーザーアカウントの最小パスワード長が14文字から20文字に増えました。



Windows 10 KB4284822アップデートの改善と修正

ここでは、Windows 10ビルド16299のKB4284822更新の変更ログ全体の詳細を示します。マイクロソフトは、この更新をKB4284822として発表しました。 Windowsサポートサイト、「2018年6月21日-KB4284822(OSビルド16299.522)」と呼ばれています。 PCでWindows 10バージョン1709を既に実行している場合、このアップデートは次の問題に対処します。

  • オペレーティングシステム機能でのアプリケーションのパフォーマンス低下の問題に対処します。この低下により、メモリの大きなブロック(など)がロックおよび解放されます。 VirtualLock そして ヒープフリー)インストール後 KB4056892 優先する修正。
  • Windows 10で多くのアクションを遅くするApp-Vのパフォーマンス低下に対処します。
  • 企業がWindows通知トラフィックをオフにするための新しいMDMポリシー「DisallowCloudNotification」を追加します。
  • Windows Media Playerが使用する音楽メタデータサービスプロバイダーを変更します。
  • 右から左へ記述する言語でのテキストシンボルの配置に関する問題に対処します。
  • タッチキーボードを使用したWebパスワードフィールドの編集に関する問題に対処します。
  • 最近追加されたアプリをスタートメニューから非表示にする機能を提供するグループポリシーを追加します。
  • Segoe UI絵文字フォントを更新して、水鉄砲を使用してピストルの絵文字を表します。
  • 休止状態からの再開に関する信頼性の問題に対処します。
  • SmartHeapがUCRTで機能しない問題に対処します。
  • Windows Defender Application Guardエンドポイントが地域のポリシーに準拠していることを確認する問題に対処します。
  • グループポリシーのユーザーアカウントの最小パスワード長を14文字から20文字に増やします。
  • Windows認証マネージャーの使用時に散発的な認証の問題を引き起こす問題に対処します。
  • Azure Active Directoryアカウントのドメイン変更により、顧客がログオンできない問題に対処します。
  • 不要な「認証情報が必要」と「アプリに秘密鍵へのアクセスを許可しますか?」という問題を解決メッセージ。この問題は、ユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)アプリケーションを実行しているときに発生します。
  • LSASSサービスが応答しなくなり、回復するにはシステムを再起動する必要がある問題に対処します。
  • コンテナーイメージで実行されているクライアントアプリケーションが動的ポート範囲に適合しない問題に対処します。
  • ルーティング不可能なイーサネットが接続されている場合に、WWANを使用してインターネットにアクセスできないようにする新しいレジストリキーを追加します。この新しいレジストリキーを使用するには、次を追加します HKEY_LOCAL_MACHINE Software Microsoft WcmsvcのIgnoreNonRoutableEthernet”(Dword) regeditを使用して、1に設定します。
  • 顧客がデフォルトの接続マネージャーを使用せずにWWANを使用してインターネットへのアクセスを制御できる新しいレジストリキーを追加します。この新しいレジストリキーを使用するには、 HKEY_LOCAL_MACHINE Software Microsoft Windows WcmSvc LocalのfMinimizeConnections”(Dword) regeditを使用して、0に設定します。
  • VMConnectでのメニュー移行の問題が原因で、ISO / DVDのマウントとイジェクトがVM設定とPowershellを使用して機能しない問題を解決しました。
  • Hyper-Vレプリカ(HVR)を有効にしてHyper-Vホストを再起動すると、レプリケーションが停止する問題を解決しました。また、一時停止状態からレプリケーションを再開するには、手動で再起動する必要がある場合もあります。 Hyper-Vホスト/ VMMS isrfを再起動すると、レプリケーションの状態は正常になります。
  • GPO処理中に軽減オプショングループポリシーのクライアント側拡張が失敗する可能性がある問題に対処します。考えられるエラーは、「WindowsはMitigationOptions設定の適用に失敗しました。緩和オプションの設定には独自のログファイルがある場合があります」または「ProcessGPOList:Extension MitigationOptions returned 0xea」この問題は、グループポリシー、Windows Defenderセキュリティセンター、またはPowerShellを使用して軽減策オプションが定義されている場合に発生します Set-ProcessMitigation コマンドレット。
  • 複数のエントリを持つプロキシのバイパスリストをリモートデスクトップ接続が読み取らない場合に、接続が失敗する問題を解決します。
  • Windows Defender Security CenterとFirewall Pillarアプリを開いたときに機能しなくなる問題を解決しました。これは、サードパーティのウイルス対策ソフトウェアがインストールされている場合に発生する競合状態が原因です。

Windows 10 KB4284822アップデートを入手する

Windows 10 V1709を実行しているユーザーの場合KB4284822 更新はWindows Updateから自動的にダウンロードおよびインストールされますが、[設定]-> [更新とセキュリティ]-> [windows update]-> [更新の確認]から手動で更新を確認できます。

また、このアップデートKB4284822のスタンドアロンパッケージを、 Microsoft Updateカタログ ウェブサイト。または、このWindows 10 KB4284822の直接ダウンロードリンクを確認できます。 32ビット (x86)(457MB)および 64ビット (825 MB)

アップデートがインストールされているかどうかを確認するには、Winキー+ Rを押してから、 ウィンバー

Windows 10ビルド16299.522

Windows 10ビルド16299.522