Intel Toshiba SSD(ソリッドステートドライブ)と互換性のないWindows 10バージョン1803

windows 10 version 1803 incompatible with intel toshiba ssds



MicrosoftはWindows 10 April 2018 Updateですべてを適切に処理できなかったようです。最近、 Windows 10バージョン1803 などの多くのソフトウェアの問題 クロームクラッシュ システムをフリーズします kb4103721 更新すると黒い画面が表示されます。そして今、ハードウェアの互換性の問題「Intel SSD 600pまたはSSD Pro 6000pドライブを使用するマシンは、 UEFIの失敗、または東芝XG4、XG5、またはBG3シリーズのソリッドステートドライブ(SSD)を含むマシンで バッテリー寿命が短い インストール後 Windows 10 April 2018 Update

「Microsoftが最近認めた問題の1つは、 Intel SSDでのUEFI障害。現在、この問題はIntel SSDだけでなく、東芝SSDにもあるようです。」



今回、会社 言う 搭載されている多くのPC 東芝SSD 見える バッテリー寿命が短い Windows 10 April 2018 Updateをインストールした後。

マイクロソフトは、OEMパートナーおよび東芝と協力して、Toshiba XG5シリーズまたはToshiba BG3シリーズソリッドステートディスク(SSD)を搭載したデバイスを識別し、バッテリーパフォーマンスの問題を引き起こす可能性のある既知の非互換性があるため、2018年4月のアップデートのインストールをブロックしています。修正はすでに進行中であり、次のパッチ火曜日更新サイクルで着陸するはずです 6月12日

その間、マイクロソフトは Windows 10 April 2018 Update XG4シリーズ、東芝XG5シリーズ、および東芝BG3 SSDの影響を受ける東芝SSDを搭載したPC Microsoftは、この問題は次のパッチ火曜日に修正されると発表しています。それでも、アップデートを削除して、 デバイスを以前のバージョンにダウングレードする OSの。

  • [スタート]メニューから設定アプリを開きます。
  • [更新とセキュリティ]> [リカバリ]> [Windows 10の以前のバージョンに戻る]に移動します。
  • クリック プロセスを開始するための開始ボタン。