Windowsリソース保護は修復サービスWindows 10を開始できませんでした

windows resource protection could not start repair service windows 10



Windowsコンピューターでは、C:Windows System32にあるシステムファイルチェッカー(SFCユーティリティ)により、Windowsシステムファイルの破損をスキャンおよび復元できます。ランニング sfc / scannow コマンドは、破損したファイル、ファイルの内容の欠落を簡単に検出し、配置された圧縮フォルダーから正常なファイルで復元します %WinDir% System32 dllcache。ウィンドウが正しく機能していないと感じた場合は、 sfcユーティリティ 欠落している破損したシステムファイルをチェックして復元します。しかし、時々ユーザーは報告します” SFC Scannowが機能しない」sfc / scannowを実行すると、「Windowsリソース保護は修復サービスを開始できませんでした」という結果になります。

私は「sfc / scannow私のPUB​​Gは機能していませんが、管理コマンドプロンプトに入力するたびに、Windowsリソース保護が修復サービスを開始できなかったことが表示されます。 セーフモード。



Windowsリソース保護は修復サービスを開始できませんでした

Windowsコンピューターには、Windowsモジュールインストーラー(TrustedInstaller)と呼ばれるサービスがあり、Windowsコンポーネントのインストール、変更、および削除が可能です。それはに完全にアクセスできます Windowsリソース保護 (WRP)ファイルとレジストリキー。 、Windows Modules Installerが無効になっている場合、このPCでWindows Updateまたはシステム修復ツールのインストールが失敗し、エラーが発生する可能性があります。Windowsリソース保護は修復サービスを開始できませんでした」sfcユーティリティの実行中。

投稿内容:-

SFC ScannowがWindows 7/8/10で機能しない

SFC ScannowがWindows 10、8.1、7で機能しない場合、エラーが発生するWindowsリソース保護は修復サービスを開始できませんでした」問題を修正するモジュールインストーラー(TrustedInstaller)サービスを確認して有効にします。

Windowsモジュールインストーラサービスを開始する

  1. を押す ウィンドウズ + R 実行コマンドボックスを開くキー。
  2. コマンド実行ボックスに、 services.msc Enterキーを押します。
  3. サービスのリストで、Windows Modules Installerをダブルクリックします。
  4. スタートアップの種類を[自動]に設定し、[OK]をクリックします。
  5. コンピュータを再起動してください。
  6. 再起動後、実行できるようになります sfc / scannow 問題なくコマンド。

Windowsモジュールインストーラサービスを開始する

TrustedInstallerを起動します

コマンドプロンプトを使用する場合は、管理者としてWindowsコマンドプロンプトを開きます。

  1. 選択する 開始、およびタイプ CMD
  2. 右クリック コマンド・プロンプト;次に、選択します 管理者として実行
  3. プロンプトが表示されたら、 ユーザー名 そして パスワード コンピュータへの管理者権限を付与します。
  4. タイプ sc config trustedinstaller start = auto;次に、Enterキーを押します。成功するはずです。
  5. 次に、 net start trustedinstaller 次に、Enterキーを押します。サービスが開始されたというメッセージが表示されます。
  6. お試しください sfc / scannow 再びコマンド。

Trustedinstallerサービスを開始する

これらのソリューションは「Windowsリソース保護が修復サービスを開始できませんでした」を修正するのに役立ちましたか?以下のコメントでお知らせください。また、

ビデオ:Windowsリソース保護が修復サービスを開始できなかったのを修正